ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

トランプ大統領が習主席に再選支援懇願!?
米ドル/円は依然として100円への過程に

2020年06月18日(木)15:57公開 (2020年06月18日(木)15:57更新)
西原宏一

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

■主要クロス円の動きが、米ドル/円相場のドライバーに

 前述のように、米国が米大統領選に向けて混迷を深めていることもあり、米ドル円、加えて日経平均は極めて上値の重い展開が続いています。

 ただ、最近の米ドル/円相場は、英ポンド/円や豪ドル/円といった主要クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)が、米ドル/円相場のドライバーとなっており、こうしたクロス円が明確な方向性を見せないと、米ドル/円はレンジ圏内でのもみ合に陥ることも多々見られます。

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

 たとえば、クロス円が米ドル/円を牽引した代表例は、2015年から2016年にかけての英ポンド/円の約75円もの暴落

 これに呼応して、米ドル/円は125円から100円割れへの急落を演じました

英ポンド/円 月足
英ポンド/円 月足チャート

(出所:Trading View

米ドル/円 月足
米ドル/円 月足チャート

(出所:Trading View

■クロス円の中では、豪ドル/円に注目

 そのクロス円の中で、筆者が注目しているのが、以前コラムでも取り上げた豪ドル/円

【参考記事】
全米でデモ拡大…だけど、米国株は続伸!? 豪ドル/円は買われ過ぎ示唆で押し目狙い(6月4日、西原宏一)

 筆者が使用しているテクニカル分析では、多くのインディケーターが豪ドル/円の買われ過ぎを示唆していましたが、6月8日(月)に76.76円の高値をつけ、やっと上げ渋り。

 その後、高値圏内で乱高下を繰り返していましたが、6月18日(木)のアジア市場では豪ドルの下落が加速。5月の豪雇用統計で雇用者数、失業率、労働参加率のいずれも予想を下回る結果となったことが要因です。

 豪ドル/円は、一時73.00円水準まで急落しました。

豪ドル/円 1時間足
豪ドル/円 1時間足チャート

(出所:Trading View

 これにより、豪ドル/円も調整局面入りが濃厚

 呼応して、107円台前半でサポートされ、なかなか106円台まで下落しなかった米ドル/円が107.00円を割り込む展開となっています。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足チャート

(出所:Trading View

 米ドル/円の下落を鮮明化させる要因は、リスクオフ相場です。

「リスクオフ=株安」となり、英ポンド/円か豪ドル/円が下落する相場のほうが、米ドル/円の下落を加速させます

 今月(6月)に入ってからの豪ドル/円の調整が深くなるようであれば、米ドル/円も下落トレンド入りが明確となるため、豪ドル/円の行方に注目したいところ。

【参考記事】
米ドル/円は「雇用統計天井」で反落! ダウントレンド入り…中期では100円へ(6月11日、西原宏一)

 米大統領選に向けて混迷を深める米国と、豪ドル/円を筆頭に上値が重くなってきたクロス円。米雇用統計を天井に、100円への過程にある米ドル/円の行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
jfx記事 バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る