ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

移行期間終了迫るブレグジット協議に注目!
合意なければ、英ポンド/円は131円へ下落!?

2020年12月08日(火)11:56公開 (2020年12月08日(火)11:56更新)
バカラ村

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■リスク選好で米ドル安。ユーロ/米ドルは1.2177ドルへ

 新型コロナウイルスのワクチンの実用化が近いことや、米国で9080億ドル規模の追加経済対策案が議会超党派から出たとの報道もあり、リスク選好となって株式は上昇。為替市場では、米ドル安へ推移しました。

【参考記事】
じわじわとした推移で長期的に米ドル安へ。年末に向けたリスク選好の動きにも期待!(11月10日、バカラ村)

ドルインデックス 日足
ドルインデックスの日足チャート

(出所:TradingView

 ユーロ/米ドルも、1.20ドルのレジスタンスを超えて、1.2177ドルまで上昇しました。

【参考記事】
ユーロ/米ドル、1.1600ドルで底をつけた! まず1.20ドル、長期的には1.24ドルも期待(11月17日、バカラ村)

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドルの日足チャート

(出所:TradingView

■ラガルド総裁、ユーロ高を牽制するか?

今週(12月7日~)は、欧州を中心に重要イベントが多くあります。

 10日(木)にECB(欧州中央銀行)理事会があり、10日(木)~11日(金)にはEU(欧州連合)首脳会議があります。そして、ブレグジット(英国のEU離脱)交渉も大詰めを迎えています。

【参考記事】
今週は、米ドル高が進む可能性もありそう。EUサミットやECB理事会は見逃せない(12月7日、西原宏一&大橋ひろこ)
ブレグジット=英国のEU離脱とは? 欧州連合離脱の経緯、離脱までの過程を解説

 まず、ECB理事会では、政策金利の変更はないと考えていますが、PEPP(パンデミック緊急購入プログラム)の1年延長や、5000億ユーロの購入枠増額などが予想されています。

 そして、ラガルドECB総裁の会見も重要となります。ユーロ/米ドルが、9月に1.20ドルをつけたとき、ECB高官からユーロ高けん制発言が出ていたこともあって、今回、ラガルドECB総裁から、けん制発言が出るのか注目されるところです。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドルの日足チャート

(出所:TradingView

 質疑応答のときに、今のユーロの水準に関しての質問が出てくると思いますので、そこで懸念を示せば、ユーロは調整の動きになると思います。

ラガルドECB総裁の写真

ラガルドECB総裁が現在のユーロの水準に懸念を示せば、ユーロは調整の動きになりそうだとバカラ村氏は予想している。ラガルドECB総裁の記者会見は、日本時間12月10日(木)22時30分から予定されている (C)Visual China Group/Getty Images

■移行期間の延期はなし。合意・合意なしの二択か

 ただ、今週(12月7日~)の最大の注目は、ブレグジット交渉だと思います。離脱後の移行期間終了が今月(12月)末となるため、最終局面に入っています。

【参考記事】
注目はブレグジット交渉! FTAの協議合意なら英ポンド/米ドルは1.34ドル台到達か(10月13日、バカラ村)

 メイ前英首相のときに離脱期限の延期がありましたが、今回は、移行期間の延期はないと思いますので、合意、もしくは合意なしのどちらかになると思います。

 協議の期限に関しては、何度も延びてきています。当初、ジョンソン英首相が決めた交渉期限は10月でしたが、それが11月となり、今は12月10日(木)のEU首脳会議まで、となっています。

ジョンソン英首相の写真

当初、交渉期限を10月としていたジョンソン英首相。現在ではEU首脳会議が開催される12月10日(木)がタイムリミットとみられている (C)Justin Sullivan/Getty Images

 そして、現在も協議が毎日、続いています。ただ、物別れとはならず、今も協議を続けている、ということは、英国側もEU側も合意にたどりつきたいのだと思います。

 英国側からは、合意がないまま移行期間が終了してもいいという発言が何度も出てきていますが、それでも協議を継続しているということは、できることなら合意したいという意思の表れではないかと思います。

 合意したいが、少しでも良い条件を引き出すために要求を主張し、それが平行線となり、チキンレースが続いている、という状態だと思います。

■12月下旬まで協議延長の可能性も

 多くの項目では合意されていますが、平等な競争条件とガバナンスと漁業権の3分野では溝が埋まらず、この部分の歩み寄りがないため、いつまで経っても協議が続いています。

 今は、協議の期限はEU首脳会議の12月10日(木)まで、と言われていますが、何度も延びてきていることもあって、今月(12月)下旬ぐらいまで延長される可能性もあるかもしれません。

 そのときは、年末の移行期間終了が近くなることもあって、時間が経つにつれて合意がないまま移行期間が終了する懸念が高くなり、英ポンドは下落してくることになります。

■ブレグジット交渉が金融市場全体に影響を与えそう

 合意する可能性の方が高いと思いますので、英ポンドは上昇すると思いますが、市場予想も合意するという予想が多いこともあり、実際に合意したとしても、上昇はあまり続かないように思います。

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドルの日足チャート

(出所:TradingView

 反対に、合意がないまま移行期間が終了となれば、市場予想と違うため、英ポンドの下げは大きく、英ポンド/円では131円のサポート辺りまで下がるのではないかと思います。

英ポンド/円 日足
英ポンド/円の日足チャート

(出所:TradingView

 そして、その後も長期的に、英ポンドは下げが続く可能性があると思います。

 目先の市場の材料としては、米追加経済対策、ECB理事会、EU首脳会議、FOMC(米連邦公開市場委員会)などがありますが、4年間続いたブレグジット交渉が大詰めを迎えていることもあり、この協議の結果が金融市場全体に影響を与えるのではないかと思います。

【参考記事】
英ポンドは、どう動く!? ブレグジット移行期間終了に向けた予想シナリオとは?(9月23日、志摩力男)


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る