ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

じわじわとした推移で長期的に米ドル安へ。
年末に向けたリスク選好の動きにも期待!

2020年11月10日(火)11:25公開 (2020年11月10日(火)11:25更新)
バカラ村

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■ワクチンへの期待で円が急落!

 米大統領選は、まだ確定したわけではないですが、バイデン氏の勝利でほぼ決まった状態です。

【参考記事】
米大統領選とは? 制度のしくみや特徴、米ドルなどの為替相場や株価への影響を解説

 それを受けて、米ドル安へ推移し、米ドル/円は103.17円まで下がりました。

 ただ、昨日(11月9日)、「米製薬大手ファイザーの新型コロナワクチンの試験結果で、感染を防ぐ有効率が90%を超えたことが確認された」との報道を受けて、リスク選好で円が急落。

 米ドル/円は105.65円まで急騰、クロス円も急上昇しました。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足チャート

(出所:TradingView

世界の通貨VS円 1時間足
世界の通貨VS円 1時間足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 1時間足

 米大統領選でトランプ大統領が勝利したとしても、バイデン氏が勝利したとしても、リスク選好になると考えていましたが、ワクチンまで開発されたとなると、通常の生活へ早期に戻れる可能性が出てきます。

【参考記事】
米大統領選が終われば、リスク選好に期待できる! 今の米ドル高は短期的な動きに(9月29日、バカラ村)

■年末に向けたリスク選好に期待

 さらに、金融政策は緩和されたままということから、株式市場は上昇しやすいことになります。

 米国株も日経平均も上昇していますが、年末に向けて、季節性からも上昇しやすいことを考えると、まだ、リスク選好の動きが期待できるのではないかと考えています。

【参考記事】
米ドル/円は戻り売り。11月から年末にかけて、リスク選好の米ドル安に期待!(9月15日、バカラ村)

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:TradingView

日経平均 日足
日経平均 日足チャート

(出所:TradingView

■今後は、閣僚人事にも注目

 先週(11月2日~)は、米大統領選だけでなく上院選もありましたが、こちらは、ねじれ議会になる可能性が有力となっています。

 上院では共和党、下院では民主党が、過半数の議席を取ることが予想されています。

 ねじれ議会となれば、政策が通りにくくなるため、リスク選好になりにくいことになります。しかし、バイデン氏の公約には増税があり、当初は株式市場が下がると予想されていたこともあって、増税案が通りにくいとなれば、リスク選好になります。

 そして、今後は閣僚人事にも注目が集まります。

 金融市場にとっては、米財務長官が誰になるかに注目するところですが、ブレイナードFRB(米連邦準備制度理事会)理事が有力視されており、もし、そのとおりであれば、為替市場は米ドル安に反応しやすいことになります。

ブレイナードFRB理事の写真

次期米財務長官に指名されることが有力視されているFRB理事のラエル・ブレイナード氏。ブレイナード氏が米財務長官になれば、為替市場は米ドル安に反応しやすいとバカラ村氏は予想している (C)Bloomberg

 ゴールドマン・サックスも、バイデン氏の勝利で米ドル安を予想しており、長期的には、ユーロ/米ドルは1.25ドルを予想しています。

【参考記事】
米大統領選挙後も、ドル安継続の可能性。ユーロ/米ドルは中期的に1.30ドル予測も(10月22日、西原宏一)

ユーロ/米ドル 週足
ユーロ/米ドル 週足チャート

(出所:TradingView

■米長期金利がさらに上昇すれば、リスク回避に警戒も

 基本的には、まだリスク選好の動きが続くと考えていますが、米長期金利は0.95%台まで上昇してきており、これが、さらに上昇が続くようであれば、株式市場には悪い影響を与えます。

米長期金利(10年物国債利回り) 日足
米長期金利(10年物国債利回り) 日足チャート

(出所:TradingView

 今はまだ、大丈夫だと考えていますが、米長期金利の上昇が続くようであれば、そのときはリスク回避の動きにも注意するべきかと思います。

【参考記事】
米ドル下落、株価上昇、金利上昇という「バイデントレード」に必要な条件とは?(10月21日、志摩力男)

■じわじわ米ドル安へ。ユーロや豪ドルを押し目買いで

 為替市場は、長期的には米ドル安になると考えていますが、ただ、この動きは一気に行くのではなく、じわじわとした推移になるのではないかと考えています。

ドルインデックス 週足
ドルインデックス 週足チャート

(出所:TradingView

 目先に関しては、ユーロ/米ドルや豪ドル/米ドルは、4時間足で調整下げの可能性がありますが、長期に関しては米ドル安になるのではないかと思いますので、押し目買いで良いのではないかと考えています。

【参考記事】
米大統領選はバイデン氏勝利が既成事実化。米ドル安継続、豪ドル/米ドルの押し目買い!(11月9日、西原宏一&大橋ひろこ)
新型コロナ感染者が少ない豪州に注目! 豪ドル/米ドルは0.75ドルを目指す展開に(11月5日、西原宏一)

ユーロ/米ドル 4時間足
ユーロ/米ドル 4時間足チャート

(出所:TradingView

豪ドル/米ドル 4時間足
豪ドル/米ドル 4時間足チャート

(出所:TradingView

おすすめFX会社
link

100万口座達成!

GMOクリック証券[FXネオ]

最短即日取引可能なGMOクリック証券!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 jfx記事 CFD口座おすすめ比較
田向宏行 jfx記事 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る