ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

NZ中銀は、8月政策会合で利上げの可能性。
ニュージーランドドルは、対ユーロで
長期的に買いが進む展開になるか

2021年08月10日(火)08:51公開 (2021年08月10日(火)08:51更新)
バカラ村

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

米雇用統計は好結果。ただ、米ドル/円が上昇トレンドになるかは、まだ判断できない

 先週(8月2日~)は、FRB(米連邦準備制度理事会)のウォラー理事が「向こう2回の雇用統計で80~100万人増加すれば、10月までにテーパリング(※)を着手する可能性がある」と述べ、9月にもテーパリングの示唆がある可能性を示しました。

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

 そのため、8月6日(金)の米雇用統計は、市場参加者が注目する内容となっていました

 発表された米雇用統計の結果は、非農業部門雇用者数が94.3万人増、前回は93.8万人増に上方修正され、失業率は5.4%、それ以外の指標も改善してきています。

 8月4日(水)に発表されたADP雇用統計が33万人増だったこともあり、弱い数字が出るとの予想も一部でありましたが、手厚い失業給付が6月から終了し始めている州もあるため、良い数字が出るとの予想が多くありました

 そして結果は良く、来月(9月)の雇用統計も80万人増以上であれば、ウォラー理事の発言からは、早期にテーパリングが示唆されることになります。

 米雇用統計を受けて、米長期金利は1.30%台まで上昇しました。

米長期金利 日足
米長期金利 日足

(出所:TradingView

 米ドル/円もここからは下がるようなことはないと思いますが、ただ上昇トレンドになるのかは、まだ判断できないところだと思います。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 今年(2021年)に入ってから、何度も早期のテーパリング観測はありましたが、上昇は続いておらず、米雇用統計前後で短期的な反落をしているパターンもあるため、上昇トレンドになると決めつけるには難しいところです。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

NZ中銀は来週の政策会合で、主要国の中ではもっとも早く利上げをする可能性

 8月18日(水)はRBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])の政策会合があります。

 コロナ禍で各国が利下げを繰り返していましたが、来週(8月16日~)の政策会合で、主要国の中で一番早く利上げをする可能性があります

年内3回の利上げの可能性があるため、基本的にニュージーランドドルは強い通貨になりやすい状況だと思います。

【参考記事】
NZ中銀はQE終了示唆で、利上げサイクル入りも。米長期金利が下降トレンド継続なら、米ドル/円は下値拡大の可能性(7月20日、バカラ村)

 そのため、ニュージーランドドルは買い方向で考えていいのではないかと思います。

 では、それはどの通貨に対してなのか、ということになりますが、メジャーな通貨ペアとしては、ニュージーランドドル/円やニュージーランドドル/米ドルになりますが、米ドル/円は、ここから上昇が続くのかはっきりしないため、円と米ドルは選びにくいところです。

★バカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスを配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

ニュージーランドドルは、対ユーロで長期的に買いが進むか

 それ以外で弱い通貨としては、ユーロではないかと思います。

 ユーロ/米ドルは6月に入ってから下降しており、7月21日(水)前後の数日間、1.1750ドル付近で下げ渋る動きが続いていました。

 材料としては、ECB(欧州中央銀行)理事会でフォワードガイダンスを変更したりするなど、ユーロ/米ドルを売る材料が多かったですが、1.1750ドルがサポートされ、下げが続かない状態でした。

【参考記事】
FOMCに注目も、目新しい材料は出ないか。ドル/円は目先横ばい。8月下旬には上昇の可能性(7月27日、バカラ村)

 テクニカルからも、高値が切り下がり、安値も切り下がっていましたが、1.17ドル台前半は中長期のサポートゾーンとなり、短期的なレジスタンスを超えたことで1.1908ドルまで上昇しました。

 そのため反発局面になったと考えましたが、強い雇用統計を受けて再度1.1740ドルまで下がりました。

1.1750ドルを下抜けたことでチャートの形は弱い状態になっています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView

 そのため、ユーロは売り方向で考えていいのではないかと思います。

 よって、一般的な通貨ペアではないですが、ユーロ/ニュージーランドドルの方向性は売りでいいのではないかと考えています。

 中期的には1.66~1.71ニュージーランドドルのレンジを往来していますが、レンジ上限の1.71ニュージーランドドルは、昨年(2020年)6月~7月のサポート水準で、そこがレジスタンスに変わっている状態です。

 そのため長期的に見ると、2018~2019年からサポートされ続けている、1.63ニュージーランドドルまでの下げがあるのではないかと思います。

ユーロ/ニュージーランドドル 月足
ユーロ/ニュージーランドドル 月足

(出所:TradingView


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る