ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

NZ中銀は2023年末までに5回利上げも。
ニュージーランドドルは長期的に買い方向で

2021年06月01日(火)08:20公開 (2021年06月01日(火)08:20更新)
バカラ村

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■ファンドは様子見。ニュージーランドドルは急騰も持続せず

 5月26日(水)にRBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])がありましたが、声明文では追加利下げへの文言が削除されており、来年(2022年)9月までに利上げの可能性も示唆されました。

 さらに、2023年末までに5回の利上げの可能性も出てきました

 これを受けてニュージーランドドルが上昇し、ニュージーランドドル/米ドルは0.7315ドルまで上昇しました。

ニュージーランドドル/米ドル 日足
ニュージーランドドル/米ドル 日足

(出所:TradingView

 5月27日(木)には、英国のMPC(金融政策委員会)のブリハ委員が、労働市場が回復すれば、来年(2022年)に利上げの可能性があると発言したことで英ポンドが急騰

 英ポンド/円はそれまで小動きが続いていたことも影響して、156.07円まで上昇しました。

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足

(出所:TradingView

各国の金融緩和政策は徐々に出口に向かっていることになります。

 市場の注目テーマでもあるため、それに反応して為替相場は動きますが、ただファンドなどは現在、様子見しているところが多いようで、材料が出ればその日は動くものの、動意は乏しく、ニュージーランドドルも英ポンドも上昇が続かない状態です。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

■6月はECB理事会とFOMCのテーパリング議論に注目

 先週(5月24日~)の動きは、月末フローなど実需の動きがメインとなっています。

 そのため、そのフローが終わると、動きも止まります。

 今月(6月)は、ECB(欧州中央銀行)理事会とFOMC(米連邦公開市場委員会)があり、テーパリング(※)の議論を始めるのではないかとの予想もあるため、共に注目されるイベントになっています。

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

【参考記事】
米ドル/円は買い材料あっても上昇続かず。今は、6月の欧米イベント待ちの局面か(5月25日、バカラ村)

 6月10日(木)のECB理事会に関しては、ユーロ圏の要人からは早期のテーパリングを否定する発言が続いていることもあり、今月(6月)は現状維持のままだと思います。

 ただ、16日(水)のFOMCに関しては、タカ派な市場予想ではテーパリングの議論のスタートを示唆するのではないかとされています。

 今回なかったとしても、8月や9月にテーパリングの議論をスタートさせる、との予想が多数を占めます。

 これによって米ドル高期待もありますが、議論のスタートが前後したとしても、実際にテーパリングを開始するのは来年(2022年)初旬予想が多数となっており、これは規定路線となりつつあるため、米ドル高への推移もあまり期待できないのではないかと思います。

 米長期金利も、先週(5月24日~)木曜日に、バイデン米大統領の2022年度の予算教書で6兆ドルの歳出を求めるとの報道がありましたが、1.62%台までしか上昇せず。

米長期金利 日足
米長期金利 日足

(出所:TradingView

 5月28日(金)に発表されたPCEコアデフレーターが3.1%と、1992年7月以来の高水準となっても、1.61%台で上げ止まり、そこからは1.57%台まで下がりました。

 米長期金利が上昇すれば、米ドル/円も上昇すると思いますが、先週(5月24日~)は月末要因で米ドル/円は上昇したものの、材料が出ても米長期金利が上昇しないため、米ドル/円の上昇もまだ期待できないのではないかと思います。

★バカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスを配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

■利上げ可能性から、ニュージーランドドルは長期的に買い

 ニュージーランドドルは、来年(2022年)から利上げの可能性があることから、長期では買い方向の通貨になると思います。

ニュージーランドドル/米ドル 週足
ニュージーランドドル/米ドル

(出所:TradingView

 短期的には動意に乏しいタイミングで、さらにニュージーランドの要人からは通貨高けん制発言が出ているため上昇していませんが、長期目線では利上げをすることからニュージーランドドル高になりやすいと思います。

 ニュージーランドドル/米ドルは週足では、2016~2018年にかけて0.74~0.75ドル台で何度も上値を止められています

 安値は0.6800ドルがサポートになりますが、それよりも浅い0.6942ドルで下げ止まっています。

週足では0.69ドル台を下値メドと考えて、0.75ドルへの上昇が期待できるのではないかと考えています。

ニュージーランドドル/米ドル 週足
ニュージーランドドル/米ドル

(出所:TradingView

 米中の通商交渉など、リスク回避となる材料もあるため、それらの材料で下がったところは買ってみてもいいのではないかと考えています。


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る