ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

IMMポジション重視で見るなら、豪ドル高か
円高が期待できるか。今は、どの通貨が
動き出すか見極めるとき

2021年09月14日(火)08:40公開 (2021年09月14日(火)08:40更新)
バカラ村

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

自民党総裁選を控え、日経平均は堅調も為替への影響は見られず

 自民党総裁選を控えて、日経平均は堅調に推移していますが、為替市場への影響はなく、米ドル/円は110.00円を中心とした横ばいが継続しています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 米ドル/円はボリンジャーバンドがかなり収縮しており、材料さえあれば、トレンドが出てもいいような状況です。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

RBAはテーパリング実施も、期間を2022年2月まで延長しバランスを取った内容に

 先週(9月6日~)は、RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])理事会とECB(欧州中央銀行)理事会がありました。

 RBA理事会はテーパリング(※)を行いましたが、このペースでの債券購入期間を来年(2022年)2月まで延長し、バランスを取った内容に。

(※「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

 RBAがテーパリングを行ったことで、瞬間的に豪ドル高になりましたが、その後、豪ドルは軟調に推移しています。

豪ドル/円 1時間足
豪ドル/円 1時間足

(出所:TradingView

 ECB理事会では、債券購入ペースを微調整しましたが、ラガルド総裁は「これはテーパリングではない」と否定し、ユーロも上昇せず、為替市場では大きな動きはないままです。

【参考記事】
菅首相の退陣報道で、日経平均上昇も、米ドル/円は横ばい。売りポジションの巻き戻しによる、豪ドル上昇の可能性(9月7日、バカラ村)

来週のFOMCでは、まだテーパリングは材料になりにくい。ドットチャートが重要になる

 来週(9月20日~)、21日(火)~22日(水)の日程で、FOMC(米連邦公開市場委員会)が開催されます。

 市場予想では、11月にテーパリング開始を示唆するというのが多く、そのため来週(9月20日~)のFOMCでは、まだテーパリングは材料になりにくいですが、前回のコラムで書いたようにドットチャートが重要になってきます。

【参考記事】
菅首相の退陣報道で、日経平均上昇も、米ドル/円は横ばい。売りポジションの巻き戻しによる、豪ドル上昇の可能性(9月7日、バカラ村)

 インフレ懸念があるため、ドットチャートで利上げ観測が前倒しになるようであれば、米ドル高へ推移することになり、米国株などは軟調に推移することになると思います。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:TradingView

 直近の為替市場は動きがなく、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)などは、8月20日(金)からの上昇の調整局面となっています。

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

 調整局面のため、少し上がれば上昇トレンドになりそうに見えますし、少し下がれば下降トレンドになりそうに見えますが、今のところまだ調整の動きは続いています。

★バカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスを配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

今は、次の動き出しを待つとき。IMMポジション重視なら、豪ドル高か円高の可能性

 9月6日(月)は、米国がレイバーデーで祝日でした。

 一般的には、この日に夏休み相場が終わり、ここから動きが出てくることが多いです。

どの通貨が動き出すのか、今はそれを見極めるタイミングではないかと思います。

 そのため、動きが出るまでは様子見するか、ポジション量を少なくして、次の動きが出るのを待つときだと思います。

 動くとすれば、そしてIMM(国際通貨先物市場)ポジションを重視するならば、豪ドル高か円高の可能性があるように思います

IMMポジション(豪ドル/米ドル)
IMMポジション(豪ドル/米ドル)

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

IMMポジション(日本円/米ドル)
IMMポジション(日本円/米ドル)

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

前回のコラムと同じになりますが、巻き戻しが起きれば、豪ドルは上昇の可能性があるように思います。

【参考記事】
菅首相の退陣報道で、日経平均上昇も、米ドル/円は横ばい。売りポジションの巻き戻しによる、豪ドル上昇の可能性(9月7日、バカラ村)

 豪ドル/米ドルは、先月(8月)後半からの上昇の38.2%戻しの水準で下げ止まっている状態です。

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足

(出所:TradingView

 チャートの形は上ヒゲもあるため、まだ下げ余地があるように思いますが、ポジションが巻き戻される材料が出てくれば、豪ドルは上昇が期待できるのではないかと考えています。


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る