ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

米ドル高の材料だった高いインフレ率は、
今後は米ドル安の材料になる可能性。
パウエル議長は、インフレと闘う気がない

2022年01月13日(木)12:54公開 (2022年01月13日(木)12:54更新)
志摩力男

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

パウエルFRB議長はインフレと闘う気がない…。高インフレ率が米ドル安ロジックになる可能性

 1月12日(水)に発表された12月の米CPI(消費者物価指数)は、ほぼ市場予想通りで、ついにプラス7%に乗せてきました。昨年(2021年)までのマーケットであれば、当然、米ドル買いに反応したでしょう。しかし、市場は米ドル買いではなく、米ドル売りで反応してきました。

米ドルVS世界の通貨 4時間足
米ドルVS世界の通貨 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

 あまり、思い込みすぎるのも良くないかもしれませんが、私には大きな「異変」に感じられました。マーケットが明らかに変化した瞬間だったと思います。

 前日(1月11日)に行われたパウエルFRB議長の議会証言の影響もあるでしょう。昨年(2021年)12月18日のFOMC(米連邦公開市場委員会)後の会見では、インフレに対処すると明言し、きっぱりとした決意に満ちていました。

 ところが1月12日(水)の議会証言では、闘う意思が感じられませんでした。再任が決まったことで、インフレファイターを演じる必要がなくなった、だから態度にぞんざいなところが出てきてしまったのでしょう。

 パウエル議長はバランスシートの縮小に関して「今年の後半」と発言しましたが、ゴールドマンサックスが7月スタートと予想を前倒ししてきたことが念頭にあったと思います。市場予想より遅らせ意図的に「ハト」を演出したのです。

 「インフレに対して闘う気がない」、市場もその様に解釈したのでしょう。

 これまでは、「高いインフレ率→FRB利上げ→米ドル買い」というロジックできました。しかし今後は、「高いインフレ率→低い実質金利→米ドル安」というロジックに切り替わるかもしれません。

米ドルVS世界の通貨 週足
米ドルVS世界の通貨 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

志摩力男のグローバルFXトレード!

インフレによる金融引き締めで、米国株に投じられた巨額資金が出口を探している?

 新興国通貨の解説などをするとき、見た目の金利ではなく、実質金利が高い通貨を選択して下さいと言います。トルコのように、金利が高くても、インフレ率がそれ以上に高く、実質金利がマイナスの通貨は下落する宿命にあります。

米ドル/トルコリラ 週足
米ドル/トルコリラ 週足

(出所:TradingView

 米ドルに関しては、実質金利が大幅にマイナスであることは無視して、金利が今後上昇していくところのみを見ていましたが、もう大目に見るわけにはいかなくなりました。

 インフレ率は7%、FF金利(※)は0~0.25%なので、実質金利はマイナス6.75~7%ということになります。これは相当低い。しかし、それにも関わらずどうしてこれまで米ドルが売られなかったのか。それは、高い株価が投資資金を世界中から引き寄せていたからでしょう。

(※編集部注:「FF金利」とは、フェデラルファンド金利のことで、FFレートとも呼ばれる。米国の政策金利)

 しかし、ついにインフレで金融引き締めに動かざるを得なくなりました。金利上昇で今後引き寄せられるであろう資金よりも、はるかに巨額の米国株式市場にこれまで投じられていた資金が、出口を探し始めているのかもしれません。

米国株に資金が吸い寄せられなくなったとき、米ドルは大きく売られることになるか

 過去2年間、米株式市場は非常に好調でした。2年連続20%以上のリターンを記録しましたが、この素晴らしいリターンが今後も続くのは難しい。今年(2022年)は良くて同程度でしょうか。

NYダウ 週足
NYダウ 週足

(出所:TradingView

 米金利上昇で米ドル/円上昇というのをメインシナリオとしてきました。それ故、真逆の話をするのも躊躇しますが、金利が上昇する通貨が上昇するというのもセオリーですが、インフレ率の高い通貨は下落するというのもセオリーです。

 再任が決まったパウエルFRB議長を見ていると、やはりどこかに「今のインフレは一時的」という思いが滲み出ており、インフレと闘う気がないように見えます。

 実質金利がマイナスのトルコリラは大きく売られました。株価が高値圏にあり、これ以上資金を吸い寄せられなくなってきたとき、米ドルも同じような運命をたどるのでしょうか。

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

志摩力男のグローバルFXトレード!

パウエル議長が史上最低の烙印を押されたFRB議長、アーサー・バーンズの二の舞に?

 今の状況はますます1970年代に似ている感じがします。ベトナム戦争を戦い、ものすごい戦費を使い過剰流動性から米ドルは売られ、米国はインフレに苦しみました。

 今はコロナとの戦争を戦い、巨額の財政資金を投じた結果、何年も見たこともなかったインフレに見舞われています。

 1970年代のFRB議長、アーサー・バーンズは、インフレは「一時的」という言葉を繰り返し、高インフレを招き、史上最低のFRB議長の烙印を押されました。

 その後、ボルカーFRB議長による超高金利政策でインフレを退治しましたが、パウエルFRB議長がアーサー・バーンズの二の舞を演じることを案ずる次第です。

パウエル議長が、1970年代に「一時的」という言葉を繰り返し高インフレを招き史上最低のFRB議長の烙印を押されたアーサー・バーンズ氏の二の舞にならなければ良いが… (C)Bloomberg/GettyImages

パウエル議長が、1970年代に「一時的」という言葉を繰り返し高インフレを招き、史上最低のFRB議長の烙印を押されたアーサー・バーンズ氏の二の舞にならなければ良いが… (C)Bloomberg/GettyImages


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 2022年10月25日(火)20時~志摩力男のYouTube「グローバルFXトレード!チャンネル」「第2回 ライブ配信!志摩力男」を開催しました。

 見逃した!という人は、志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」でアーカイブを配信しているので、ぜひ追っかけ視聴でご覧ください。政府・日銀の為替介入の行方、米ドル/円相場の動向などを丁寧に解説。視聴者の質問にもすべて回答していてトレードの参考になること間違いなしです!

 志摩力男のYoutubeチャンネル「グローバルFXトレード!チャンネル」では、有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども開催していきますので、チャンネル登録よろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る