ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイスポFX!

最新アプリ「外貨ex for Windows」で、PCの取引
環境が圧倒的に進化! バラバラだった機能が
一体化し、より直感的なFXトレードが可能に

2022年02月16日(水)16:30公開 (2022年02月16日(水)16:30更新)
ザイFX!編集部

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

[外貨ex]が新たなPC版FXアプリをリリース!

 2021年9月に、ヤフーグループからGMOグループの一員となった外貨ex byGMO。新たなコンテンツやCM、キャンペーンなどがリリースされ、徐々にGMOカラーとなってきています。

【参考記事】
逆神・岐阜暴威さんの要人発言を全部チェックするには外貨ex byGMOへの口座開設が必須なワケとは? 最大15万4000円キャッシュバックも

 さらに先日、また新たなニュースが。2022年2月7日(月)に、新PC版FXアプリ「外貨ex for Windows」がリリースされたんです!

外貨ex byGMO[外貨ex]・新PC版FXアプリ「外貨ex for Windows」リリース

外貨ex byGMO[外貨ex]のPC版FXアプリは、これまで長年「Cymo NEXT(サイモ ネクスト)」が提供されていました。

 アプリ名からも想像がつくように、「Cymo」は外貨ex byGMOの前身、YJFX!の、そのまた前のサイバーエージェントFX時代、2009年に誕生し、何度もアップデートを重ねながら長年提供され続けてきたアプリです。

 YJFX!時代の2020年5月に、スマホアプリ版の「Cymo」は一足先に、後継アプリ「外貨ex」がリリースされたのですが、PC版は「Cymo NEXT」のままでした。

 それがこの度、ついにPC版「Cymo NEXT」の後継アプリ、「外貨ex for Windows」が登場したのです! さっそくチェックしてみましょう。

ティールカラーを基調とした「ライトモード」と「ダークモード」が選べる

 まず気づくのは、デザインが非常にシンプルでスタイリッシュになったこと。スマホアプリ版「外貨ex」にも使用されているティールカラー(鴨の羽色)を基調とした、落ち着いたデザインになっています。

「外貨ex for Windows」画面(クリックで拡大)
「外貨ex for Windows」画面

(出所:外貨ex byGMO)

 画面の配色は、白背景の「ライトモード」と黒背景の「ダークモード」が用意されていて、好みに応じて使いわけることができます。

「外貨ex for Windows」画面/「ライトモード」と「ダークモード」
「外貨ex for Windows」画面/「ライトモード」と「ダークモード」

(出所:外貨ex byGMO)

チャートとその他の機能をあわせて搭載した一体型、テクニカル指標も10種類追加

 また「Cymo NEXT」は、発注機能がメインのツールとなっており、テクニカル指標を用いたチャート分析などは、別画面でウェブブラウザ型の「Exチャート」を開いて行う仕様になっていました。

 しかし、新アプリの「外貨ex for Windows」では、すべての機能が一体化。チャートやレート、保有ポジションやニュースといったあらゆる情報を、自分が見やすいようにカスタマイズしてレイアウトできます。

 カスタマイズしたレイアウトは保存しておくこともできますので、必要に応じて複数パターンのレイアウトを用意しておくことも可能です。

 チャートに搭載されているテクニカル指標も、以前の「Exチャート」より大幅に増えました。

 トレンド系は従来の15種類にフィボナッチを追加した16種類、オシレーター系は従来の16種類にサイコロジカルライン、強弱レシオ、DMI、CV、ストキャスティクスFAST、ストキャスティクスSLOW、SONAR、デマーカー、MACD OSCを加えた25種類用意されています。

「外貨ex for Windows」テクニカル指標一覧
「外貨ex for Windows」テクニカル指標一覧

(出所:外貨ex byGMO)

 チャートの配色やテクニカル指標の表示も、チャートごとに設定できますので、好みやニーズに合わせて見やすくカスタマイズできます。

「外貨ex for Windows」・チャートカスタマイズ例(クリックで拡大)
「外貨ex for Windows」・チャートカスタマイズ例

(出所:外貨ex byGMO)

 また、チャート上にポジションや指値注文を表示したり、チャート上から注文を出したり注文訂正や注文取消を行ったりと、より視覚的、直感的にトレードができる仕様になっています。

「外貨ex for Windows」・チャート上から発注可能(クリックで拡大)
「外貨ex for Windows」・チャート上から発注可能

(出所:外貨ex byGMO)

 そして、PCをほかの作業に使いたいときに便利な「miniモード」への切り替えも可能です。

「外貨ex for Windows」・「miniモード」と「Proモード」
「外貨ex for Windows」・「miniモード」と「Proモード」

(出所:外貨ex byGMO)

 「CymoNEXT」のときは、ガジェット仕様の「Desktop Cymo」という別アプリが用意されていて、使いわけ可能でしたが、「外貨ex for Windows」は1つのアプリで、デスクトップいっぱいに配置される「Proモード」と、ウィジェットとして配置できる「miniモード」の切り替えができるようになりました。

まとめ

 ここまでをまとめると、外貨ex byGMO[外貨ex]でPC取引を行う場合、これまでは発注機能がメインの「Cymo NEXT」、チャート分析などを行うウェブブラウザ型の「Exチャート」、ガジェット仕様の「Desktop Cymo」の3つを使い分ける必要がありました。

 それが今回の「外貨ex for Windows」の登場により、バラバラだった機能がすべて一体化して、チャート、テクニカル指標、発注機能、カスタマイズといった面においても、圧倒的な進化を遂げたと言えるでしょう。

 スマホアプリで取引するトレーダーが増えていますが、やはりPCの大画面でじっくりとチャート分析をしたり値動きを見たりしたい、という方も多いですよね。「外貨ex for Windows」は、そんなニーズにしっかり応えてくれるPC版FXアプリになっているかと思います。

 今後、ますますの進化が期待できる外貨ex byGMO[外貨ex]。公式サイトからは、ユーザーが要望を投稿することもできますし、リクエストに応えたツールのバージョンアップやサービスの充実も行われていますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

外貨ex byGMO[外貨ex]の公式サイト外貨ex byGMO[外貨ex]の公式サイト

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、外貨ex byGMOの公式サイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

>>>外貨ex byGMO[外貨ex]のメリット・デメリットや特徴、最新のサービス内容はこちらをご覧ください

(ザイFX!編集部・上岡由布子)

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る