ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

プーチン発言で急激なリスク巻き戻し、
ユーロも吹き上がるがやはり根本は変わらず

2022年03月14日(月)15:11公開 (2022年03月14日(月)15:11更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 欧州時間でプーチン大統領が「ポジティブな進展」があったとして、コメントを発表した。それをうけてマーケットは大きくリスクテーク、それまでのポジション調整も巻き込んで、株価はジャンプした。

 米国株はグローベックスの中で前日の高値を超えてきて、日経先物もナイトセッションで25520円まで跳ね上がった。しかし何がポジティブなのか、具体的な内容はわからない。そのうえウクライナ側からは何の進展もなしとの報告が出ている。

 ユーロドルも上がり、1.10台に乗せてきた。そもそもがユーロを売りたくて仕方がなかったのである。逆張りにはなるが、とりあえずユーロドルを売ることにした。1.10台はかなり長い間ステイしていたように感じる。1時間以上もいたのである。ショートを持っている身としては長く感じられる。

 ニューヨーク時間に入ると原油相場が再び上げ基調に戻り、それとともに米国株も値を切り下げていった。バイデン大統領が追加制裁を発表し、ロシアの最恵国待遇をカットするとしたものだからマーケットは完全にリスクオフとなった。米国株はそのまま日中の最安値圏で引け。総じて見ると、週を通してもその前の週と情勢はあまり変わっていない。

 ユーロドルは早々の1.09台入りしてきたのだが、1.0986で利食いしてしまった。後から見ると1,09台の前半まで押し込まれている。失敗したとも思えるのだが、安値引けなのだから、また売り直せばよいだけである。ウクライナを取り巻く状況が変わっていない以上は、今週もユーロ売りをメインに据えるしかないだろう。


日本時間 15時00分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る