ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

英ポンドの下落は続く! イングランド銀行が英国債の
無制限購入で市場に介入しても、トラスショックによる
英ポンド安や株安、不安定な債券市場の流れは変わらず!

2022年09月29日(木)18:06公開 (2022年09月29日(木)18:06更新)
西原宏一

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

話題の中心は米ドル/円から、英ポンド急落に。
トラスショックをきっかけに英国市場はトリプル安

みなさん、こんにちは。

 9月28日、BOE(イングランド銀行「英国の中央銀行」)は、国債防衛のため英国の長期国債を無制限で購入すると表明し、英ポンド/米ドルも一時反発しました。

 先週までの為替市場は、政府・日銀が実弾介入を実施し、米ドル/円の話題が中心でした。

 しかし、先週金曜日(9月23日)から、為替マーケットのみならず、金融市場全般で、英ポンド急落に視線が集中しています。

 英ポンド安を誘引しているのが「トラスショック」(※)。詳細については、9月26日に公開した「FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議」を参照していただきたいのですが、トラスショックで、英国金融市場はトリプル安(株安、英ポンド安、債券安)となりました。

(※編集部注:トラス英首相が過去50年で最大規模となる減税が含まれる「成長プラン」を発表したことで、英ポンドは急落)

【※関連記事はこちら!】
英ポンド/米ドルは、減税を引っ込めないかぎり、パリティ(1.00ドル)がターゲットにされ続ける! 「トラスショック」で暴落した英ポンドを、対米ドルか対円で戻り売り(2022年9月26日、西原宏一&大橋ひろこ)

 英ポンド/米ドルは日本時間の今週月曜(9月26日)早朝に1.03ドル台(安値は1.0350ドル)へと一瞬で500pipsもの暴落を演じています。

英ポンド/米ドル・4時間足
英ポンド/米ドル・4時間足

(出所:TradingView

英30年債利回りが急騰、2002年以来の高水準に

 トリプル安の中でも、下落が際立っているのが英30年国債。

 今週(9月26日~)になって英30年債利回りの急騰(債券価格は急落)が際立っており、あっという間に5.00%台まで上昇しました。

英30年債利回り・1時間足
英30年債利回り・1時間足

(出所:TradingView

 これは2002年以来の高水準です。

 この英国債利回りにつられるように米長期金利(米10年債利回り)は一時4%台に急騰し、米国株も8営業日連続で下落。トラスショックは英国だけの問題ではなくなり、主要国から英国政府に対して批判の声も高まりました。

 こうした中、BOEはこの国債市場の崩壊を防ぐため、劇的な形で市場介入に踏み込んだのです。

 BOEは英国の長期国債を無制限で購入すると表明し、「目的は秩序だった市場環境を回復することだ。目的達成に必要なだけの規模を購入する」との声明も発表しています。

 購入期間は即日(9月28日)実施で、10月14日までの時限的措置。これで、英30年債利回りは、数時間で5.14%から3.90%へと急激な金利低下を演じています。

英30年債利回り・1時間足
英30年債利回り・1時間足

(出所:TradingView

 これに呼応して英ポンド/米ドルは1%余り上昇。

 英国債相場が大きく持ち直したことで、NY市場では株と国債がともに大幅上昇し、S&P500指数は2%高と、7営業日ぶりの上昇でクローズしました。

 一方、米10年債利回りは0.2%余り下げて3.70%へ反落。

米10年債利回り・1時間足
米10年債利回り・1時間足

(出所:TradingView

 米ドルは幅広い通貨に対して下げ、対円では144円台前半。ドル指数は6週ぶりの大幅低下となりました。

 このBOEの発表で、英30年国債利回りの急騰は収まり、米金利も反落。米国株も反発し、英ポンド急落にもいったん歯止めがかかった展開です。

 では、このBOEの劇的な市場介入により、世界的な株安と英ポンド安はこのまま沈静化するのでしょうか?

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

英中銀の国債購入は「年金危機」回避のため?

 BOEのアクションを振り返ってみれば、先週「国債売却」を決めたばかりなのに、今週になっていきなり「国債緊急購入」と急変。

 国債の緊急購入を決断したのは、もちろん英国債相場を防衛するためです。

 視点を変えれば、QE(量的緩和策)という債券を購入する参加者がいなければ、30年国債のパニック的な売りを呼び、その利回りが簡単に5%を超えてしまうともいえます。

 この利回りの急騰による英国年金基金の破綻を防ぐためにBOEが緊急措置として、国債市場の危機を食い止めたという報道もあります。

英中銀の国債購入、「年金危機」を回避 売り連鎖阻止

 出所:日経新聞

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

英金融システムは脆弱で他の主要国にも伝染

 ここでマーケットを震撼させたのが、英30年債利回りがわずか5%まで上昇すると、英国年金基金の破綻の可能性が出てしまうということ。

それに連鎖して、米国株も急落し、英ポンド/米ドルの暴落も誘引する可能性があるということになります。

 それほど、英金融システムは脆弱なものであり、それが簡単に他の主要国に伝染してしまうことにマーケットは気づかされたともいえます。

 ともあれ、すでにインフレが進んでいるときに、このBOEのアクションは、一時的な金融安定(financial stability)をもたらしますが、さらなるインフレを引き起こすのではないでしょうか?

 英30年債利回りの急騰はいったん収まったものの、依然として3.90%と高水準。

 インフレも高水準で変わらないこともあり、債券市場も不安定な展開です。

トラスショックによる株安、英ポンド安は変わらないのではないかと考えています。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る