ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米ドル/円は、サプライズ的な日銀の事実上の
利上げを受けて急落! 134~138円レンジを
下抜け、130~134円にレンジが切り替わる可能性

2022年12月20日(火)15:35公開 (2022年12月20日(火)15:35更新)
バカラ村

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

米CPIは徐々に低下。今後も下がってくることが予想される

 先週(12月12日~)は12月13日(火)に米CPI(消費者物価指数)、そして12月14日(水)にはFOMC(米連邦公開市場委員会)がありました。

 米CPIでは、予想値よりも低い数字が出たことで、米ドル安へ推移。

 先月、11月10日(木)の米CPIのときも、予想値よりも低く、米ドル円は大きく下落しましたが、そのときは145円のサポートも下抜けたことで下落が大きくなりました。

 今回も弱い数字が出ましたが、137.40円付近から134.60円付近まで、約2.8円の下落でおさまっています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView)

 今回の米CPIは前年比で7.1%、コア指数で6.0%と、まだ高いインフレ水準ではありますが、徐々に低下してきており、今後も下がってくることが予想されます。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信!メルマガ登録後10日間無料です。

米利上げサイクルの終了が見え始めた一方、ECB理事会はタカ派的な内容だった

 12月14日(水)のFOMCでは、市場予想どおりの0.50%の利上げ、そしてターミナルレートは5.1%へ上方修正されました。

 今後もまだ利上げは続きますが、ただ、利上げサイクルの終了は見え始めてきました。

 そのため、今後米ドル高に推移することがあったとしても、今年(2022年)前半のような米ドル高トレンドになることは期待できないと思います。

 12月15日(木)には各国の金融政策発表があり、こちらも主要国は0.50%の利上げを行いましたが、内容がやや違っています。

 英国では6名が0.50%の利上げを支持しましたが、1名が0.75%の利上げ、2名が据え置きを支持しています。

 英国のCPIは10.7%と、かなり高い数字ですが、据え置き票があったということは、景気への悪影響を配慮するということであり、ハト派だったことになります。

 それに対してECB(欧州中央銀行)理事会では、ラガルド総裁が今後も0.50%の利上げを行う可能性を示唆しており、タカ派な内容でした。

ユーロ/米ドルは、欧米の金融政策会合で高値を更新するも、その水準を維持できず、米ドル高へ推移する可能性が出てきた

 12月14日(水)のFOMCでのパウエル議長の発言からは、次回の会合の利上げは0.25%になる可能性もあることが示されていましたが、それに対してラガルド総裁は0.50%を続けることを示唆したため、ユーロ/米ドルは1.0735ドルまで上昇しました。

 ただ、ユーロ/米ドルや英ポンド/米ドルなどは9月下旬から上昇しており、金融政策会合で高値を更新するも、その水準を維持できず、日足のローソク足は陰線で終わっています。

米ドル高へ推移する可能性が出てきた形です。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView)

 ただ、クリスマス前ということもあり、動きは限定的になる可能性もあり、そのためしっかり下がらないかもしれませんが、少なくとも約3か月続いたトレンドは、いったん止まったように思います。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信!メルマガ登録後10日間無料です。

日銀が事実上の利上げを決定。134~138円のレンジを下抜け、130~134円のレンジに切り替わる可能性も

 米ドル/円も下降トレンドが下げ止まっており、すでにクリスマスモードもあってもみ合いとなっており、市場参加者も少ないため今は様子見でもいいと思います。

 本日は日銀金融政策会合(日銀会合)があり、黒田総裁は緩和策を継続する発言をすれば円安だと思います。可能性は低いと思いますが、もし引き締めへの可能性をにおわす発言などがあれば、円高に推移することになります。

(※編集部注:本記事公開時点で、日銀金融政策決定会合の結果は発表されており、日銀は長期金利の変動許容幅を0.25%から0.5%に拡大することを決定。大規模金融緩和が修正され、事実上の利上げとなった)

 米ドル/円の日足からは134~138円のレンジが続いており、メインシナリオは日銀会合でこのレンジを抜けたとしても、クリスマスモードからトレンドは期待できず、今のもみ合いレンジを中心とした推移になるように思います。

 もし上にしっかり抜けるようであれば、レンジが一段上がり138~142円のレンジへ、下に抜けるようであれば130~134円にレンジが切り替わる可能性もあると思います。

(※編集部注:本記事公開時点で、米ドル/円はサプライズ的な日銀の事実上の利上げを受けて急落した。134~138円のレンジを下抜け、130~134円レンジに突入しつつある)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView)


【注目情報】

年間1025pips獲得したFXメルマガの著者は、読者に損を させないことが最優先! マネするだけじゃもったいない! 「FXトレードの教科書」として活用したくなる理由とは?(2023年01月27日/FX情報局)

バカラ村の「FXトレード日報!」

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る