ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米ドル/円は137円台半ばで買って、139円台で手仕舞う方針。
137円を割れれば、いったん切って135円台で買い直し。
利上げペース鈍化観測での米ドル安は、いつまでも続かない

2022年11月29日(火)12:41公開 (2022年11月29日(火)12:41更新)
バカラ村

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

米利上げペース鈍化観測で米ドル安になっているが、いつまでも続くように考えない方がいい

 金融市場は、FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げペースの減速を期待して、株式市場は堅調に、為替市場は米ドル安に推移しています。

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

 この市場の期待と同じように、11月23日(水)に公表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨では、ほとんどのFRBメンバーが、利上げペースの減速が近く適切になる可能性が高いと認識していることが分かりました。

 ただ、高インフレの状態はまだ続き、金利はさらに引き上げる必要があるとされています。

 高インフレが続くにもかかわらず、利上げペースを減速させるということは、これまでの大幅利上げの効果を見極める段階にきているということだと思います。

 前回の米CPI(消費者物価指数)の発表を受けて、インフレが鈍化しているのが分かったあとの11月17日(木)に、セントルイス連銀のブラード総裁は「政策金利を最低でも5.00%から5.25%に引き上げるべき」「最低でも5.00%」と発言していることもあり、まだ利上げを続ける必要があることも示唆されています。

FRBの利上げペース鈍化観測で米ドル安にはなっていますが、この動きもいつまでも続くように考えない方がいいと思います。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信!メルマガ登録後10日間無料です。

パウエルFRB議長はタカ派ともハト派とも受け取れる発言をしそう。市場の反応としては、講演前までの動きが重要に

 今週(11月28日~)のイベントとしては、水曜日(11月30日)が月末、そしてパウエルFRB議長の講演があります。

 木曜日(12月1日)は米個人消費支出、金曜日(12月2日)は米雇用統計です。

 パウエル議長の講演は、次回のFOMCが12月14日(水)になるため、ブラックアウト直前の、最後の発言になる可能性があります。

 12月13日(火)の米CPIの内容にもよりますが、これまで0.75%の利上げを4会合連続で行ってきたものの、次回のFOMCでは0.50%の利上げの可能性が高い状態です。

 そのため、パウエル議長から0.50%の利上げに減速させる可能性がある発言が出てくると思います。

 ただ、まだインフレへの対応を継続するということも示唆する発言が出てくると思います。

 タカ派ともハト派とも受け取れる発言になるため、市場の反応としては、それまでの動きが重要だと思います。

 パウエル議長の講演前まで、今の米ドル安が継続しているようであれば、パウエル議長の発言をタカ派と受け取り、米ドル高に推移するように思います。

米ドル安に推移したところで米ドル売りを仕掛けるのは、リスクが高い。135~145円のレンジが数カ月続きそう

 チャートからは、米ドル/円やユーロ/米ドルなど、多くのドルストレート(米ドルが絡んだ通貨ペア)の日足は米ドル安になっています。

 テクニカルに沿ってトレードするのであれば、米ドル売りのトレードを考えることになります。

 ただ、前述したように米ドル安は続かないと思うため、米ドル安に推移したところで米ドル売りを仕掛けるのは、リスクが高いと思います。

 米ドル/円の週足からは、10円幅のレンジが続く可能性があることから、そして先週(11月21日~)は142円台ですでに上値が重かったこともあって、135~145円のレンジが数カ月続くように思います。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は、押し目買い方向をメインにしたレンジトレードを継続。145円にはレジスタンスもあり、上がれば利食いがいい。FRBメンバーの意見が分かれ、米ドルも上下を繰り返している(11月22日、バカラ村)
米ドル/円はレンジトレード。145円を下抜けて弱い形だが、0.50%利上げの可能性から、下がり続けるのも考えにくい。基本的には買い方向だが、143.50円や145円がレジスタンスに(11月15日、バカラ村)

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足チャート

(出所:TradingView)

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信!メルマガ登録後10日間無料です。

今週は137円台半ばで買って、139円台で手仕舞いしたい。137円を割れれば、いったん切って135円台で買い直し

 日足では移動平均線などが下降していますが、137円台から下は想定しているレンジ下限に近いこともあり、買いを考えたいところです。

 今週に関しては、137円台がサポートとなっているため、137円台半ばで買って、139円台で手仕舞いを考えています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView)

もし137円を割れてくるようであれば、135円台まで下がる可能性が出てくるため、いったん切ったあとは135円台で買い直しをするのがいいのではないかと思います。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView)


【注目情報】

年間1025pips獲得したFXメルマガの著者は、読者に損を させないことが最優先! マネするだけじゃもったいない! 「FXトレードの教科書」として活用したくなる理由とは?(2023年01月27日/FX情報局)

バカラ村の「FXトレード日報!」

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る