ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米ドル/円は125円へ向けて下落中! リスクオフでは
なく、米国の金利低下で米ドル安が続く! 大幅利上げ
でも上値が重い、ニュージーランドドルにも注目!

2023年04月06日(木)18:00公開 (2023年04月06日(木)18:00更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

米金融不安はもう沈静化したのか? 

 みなさん、こんにちは

 過去1カ月間、シリコンバレー銀行破綻やクレディ・スイスなど、グローバルに銀行危機が発生し、一時急速にリスクオフ相場となりました。

 ただ米国やスイス当局の迅速な対応により、いったん銀行危機は沈静化。

今回の件はこれで収束したという見方も増えていますが、もう今回の金融危機は去ったのでしょうか?

個人的にはまだ長期で影響があると想定しています。ただリスクにさらされているのはJPモルガン銀行のような大手ではなく、主に小規模から中規模の銀行です。

 まず今回の金融危機で、銀行の貸出基準が厳格化するとみられます。

 つまり、貸出の伸びが鈍化するので、米国経済の成長も鈍化すると予想されます。

 米国経済の鈍化は、米金利の低下を誘引します。

再び米金融機関にトラブルがあれば大幅利下げも!

 下図は、FF金利先物市場のインプライド金利の推移。

米先物金利・4月6日時点
米先物金利・4月6日時点

(出所:TradingView

(※編集部注:「FF金利」とは、フェデラルファンド金利のことで、FFレートとも呼ばれている。米国の政策金利)

 金利先物市場によれば、7月から利下げが始まり、2024年1月までに1.00%利下げされることを織り込んでいます。

 これの意味するところは、インフレがある程度高止まっていても急激な景気減速や、今回のように米金融機関のトラブルがあればパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長は利下げに傾斜するだろうとマーケットが想定しているわけです。

 仮に再び金融機関にトラブルがあれば、FFレートは0.25%刻んで下げられるわけでもなく、一気に0.75%とか1.00%下げてくると想定されます。

 そうした大幅利下げがあれば、年末に4.00%というのは想定の範囲内でしょう。

 こうした見方がマーケットのコンセンサスとなりつつあるため、米2年債利回りの上値は限定的。

 仮に今後発表される経済指標の悪化が報道されれば、米2年債利回りはさらに低下することも考えられ、結果米ドル/円も130円を割り込み、続落すると想定しています。

米2年債利回り・日足
米2年債利回り・日足

(出所:TradingView

 一方、今週、中央銀行がサプライズの大幅利上げを発表したにも関わらず、値を下げている通貨があります。

 それはニュージーランドドル。

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

大幅利上げにも関わらず上値の重いニュージーランドドルにも要注意!

 4月5日、RBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])は政策金利である、OCR(オフィシャルキャッシュレート)を4.75%から0.5ポイント引き上げ、5.25%とすることを決定。

 マーケットのコンセンサスは0.25%であったため、ニュージーランドドル/米ドルは一度0.6379米ドルまで反発しましたが、その後急速に値を下げています。本稿執筆時点では、0.6300米ドルを割り込んでいます。

 ニュージーランドドル/円も82.55円と軟調推移。

NZドル/米ドル・4時間足
ニュージーランドドル/米ドル・4時間足

(出所:TradingView

NZドル/円・4時間足
NZドル/円・4時間足

(出所:TradingView

 NZ中銀、予想外の0.5ポイント利上げペース継続-政策金利5.25%

(出所:Bloomberg)

 RBNZは2月時点で、OCRが今年後半に5.50%に達するという最新予測を公表していたので、それに向かってもう一度利上げされる可能性が高まっています。

 しかし、ニュージーランドでは3月までの1年間で住宅価格が記録的な下落を演じ、企業景況感も1970年代初め以降で最も低い水準に近づくなど、景気減速の兆しもすでに表れているとブルームバーグがレポートしています。

 結果、RBNZがサプライズの0.50%利上げを発表しても、通貨であるニュージーランドドルは、値を下げています。

 前回のコラムで同資源国通貨の豪ドルも上値が重くなってきており、ハイベータ通貨といわる豪ドルとニュージーランドドルの上値が重くなってきていることに注目しています

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は中期の売り場探しを継続! 米2年債利回りの3.5%はリスクを織り込みすぎ。混乱からの回復と期末要因で、短期的には米ドル/円や豪ドル/円は反発か

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

米金利低下で米ドル安は続く、米ドル/円は125円へ

 当局の迅速な対応により、米金融はいったん沈静化。

 ただ、今回の金融危機で銀行の貸出基準が厳格化し貸出の伸びが鈍化する事が予想され、ひいては米国経済の成長の鈍化、そして米金利の低下を誘引することが想定されます。

米2年債利回りの上値は重く、相関性の高い米ドル/円は125円に向けて下落中

米ドル/円、米2年債利回り・日足
米ドル/円、米2年債利回り・日足

(出所:TradingView

 RBNZの大幅利上げにも関わらず、上値の重いニュージーランドドルにも注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る