No.1マネー誌『ダイヤモンドZAi』の「ザイFX!」がFX会社のスペックを徹底比較!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

FXの「スプレッド」を比較!【最新】
取引コストが安い、おすすめのFX口座はここだ!
約40口座を対象に、10通貨ペアのスプレッドを調査!

2024年06月14日(金)17:15公開 (2024年06月14日(金)17:15更新)
ザイFX!編集部

TradingViewが使えるトレイダーズ証券「みんなのFX」で口座開設+取引すると、限定で【最大1万円】がもらえる!

FXの「スプレッド」は、取引手数料のようなもの。
選ぶなら「スプレッド」が狭く、取引コストが安い口座がおすすめ!

FXスプレッドイメージ画像

「スプレッド」とは、為替レートにおける売値と買値の差のことです。

 FXでは「2Wayプライス」と呼ばれる為替レートの表示方式が採用されており、BID(ビッド=売値・売るときの価格)とASK(アスク=買値・買うときの価格)が並んだ状態で提示されます。この売値と買値の差がスプレッドです。

 スプレッドは、カバー先から提示される取引レートを加味して、FX会社が独自に設定するため、同じ通貨ペアでも、FX会社によって異なります。FXにおいて、取引にかかる外付けの取引手数料は無料であることが一般的ですが、スプレッドはトレーダーにとって、言わば「隠れた取引手数料」のようなもの。コストを抑えるためにも、取引口座には、できるだスプレッドの狭いFX口座を選ぶことが大切です。

 そこで、ザイFX!編集部は、約40のFX口座を対象に、「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」、「メキシコペソ/円」など人気の10通貨ペアのスプレッドを調査し、比較しやすいよう一覧表にしました(【最新版】10通貨ペアの「スプレッド」比較表)! さらに、スプレッドの狭さだけでなく、その他のサービス面でも注目したいFX口座については、「編集部おすすめのFX口座11選」として取り上げ、詳しく紹介しています。ぜひ、FX口座選びの参考にしてください!

【このページの目次】(クリックで各項目に移動します)
■ 約40口座を調査! 人気が高い10通貨ペアの「スプレッド」を紹介!
 - 【最新版】10通貨ペアの「スプレッド」比較表
■ 編集部おすすめのFX口座11選!
 - GMOクリック証券「FXネオ」
 - トレイダーズ証券「みんなのFX」
 - GMO外貨「外貨ex」
 - 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
 - ヒロセ通商「LION FX」
 - JFX「MATRIX TRADER」
 - トレイダーズ証券「LIGHT FX」
 - LINE証券「LINE FX」
 - 松井証券
 - SBI FXトレード
 - マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」
■ FXの「スプレッド」に関するQ&A
 - スプレッドの「原則固定」と「変動制」の違いは?
 - スプレッドの「提示率」とは?
 - スプレッドが広がりやすいタイミングとは?
 - スプレッドの単位で出てくる「銭」と「pips」の違いとは?
 - スプレッドで発生する「実際のコストと計算方法」は?

【最新版】人気が高い10通貨ペアのスプレッドを紹介!
約40口座を調査! 特にスプレッドが狭い注目のFX口座は?

 約40のFX口座のスプレッドを調査し、一覧表にまとめました!

 調査対象の通貨ペアは、特にFXトレーダーに人気が高いメジャー通貨ペアと高金利通貨ペアで、「米ドル/円」、「ユーロ/円」、「ユーロ/米ドル」、「英ポンド/円」、「豪ドル/円」、「ニュージーランドドル/円」、「メキシコペソ/円」、「南アフリカランド/円」、「トルコリラ/円」、「中国人民元/円」の10通貨ペアです。

 なお、こちらの表では、各通貨ペアのスプレッドを狭い順に並べた際、上位3位までの水準にランクインするスプレッドをオレンジ色に着色しています。オレンジ色が濃いほど、その通貨ペアの中で狭い水準のスプレッドであることを表しているので、参考にしながら各FX口座のスプレッドを比較してください。

・【最新版】10通貨ペアの「スプレッド」比較表

2024年6月14日 更新

FX口座名
GMOクリック証券
「FXネオ」

⇒詳細はこちら
トレイダーズ証券
「みんなのFX」

⇒詳細はこちら
GMO外貨
「外貨ex」

⇒詳細はこちら
外為どっとコム
「外貨ネクストネオ」

⇒詳細はこちら
IG証券

⇒詳細はこちら
松井証券

⇒詳細はこちら
サクソバンク証券

⇒詳細はこちら
ヒロセ通商
「LION FX」

⇒詳細はこちら
JFX
「MATRIX TRADER」

⇒詳細はこちら
トレイダーズ証券
「LIGHT FX」

⇒詳細はこちら
LINE証券
「LINE FX」

⇒詳細はこちら
SBI FXトレード

⇒詳細はこちら
アイネット証券
「ループイフダン」

⇒詳細はこちら
マネーパートナーズ
「パートナーズFX nano」

⇒詳細はこちら
セントラル短資FX
「FXダイレクトプラス」

⇒詳細はこちら
外為オンライン
「外為オンラインFX」

⇒詳細はこちら
FXブロードネット

⇒詳細はこちら
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF GX-FX」

⇒詳細はこちら
auカブコム証券
「auカブコム FX」

⇒詳細はこちら
マネーパートナーズ
「パートナーズFX」

⇒詳細はこちら
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF MT4」

⇒詳細はこちら
楽天証券
「楽天FX」

⇒詳細はこちら
マネックス証券
「FX PLUS」

⇒詳細はこちら
外為オンライン
(くりっく365)

⇒詳細はこちら
岡三証券
(くりっく365)

⇒詳細はこちら
マネースクエア
「トラリピ FX」

⇒詳細はこちら
アイネット証券
「アイネットFX」

⇒詳細はこちら
楽天証券
「楽天MT4」

⇒詳細はこちら
岡三証券
「岡三アクティブFX」

⇒詳細はこちら
トレイダーズ証券
「みんなのシストレ」

⇒詳細はこちら
StoneX証券
「MetaTrader4」

⇒詳細はこちら
フィリップ証券
「フィリップMT5」

⇒詳細はこちら
インヴァスト証券
「トライオートFX」

⇒詳細はこちら
ひまわり証券
「ループ・イフダン口座」

⇒詳細はこちら
ひまわり証券
「レギュラー口座」

⇒詳細はこちら
FXブロードネット
(くりっく365)「FXブロードネット365」

⇒詳細はこちら
キャンペーン情報 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
 
 
当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
 
当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
 
当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
 
 
 
 
 
当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
【最大55万4000円キャッシュバック】 【最大101万円キャッシュバック】 【最大55万4000円キャッシュバック】 【最大100万5000円キャッシュバック+1000FXポイント(1000円相当)+1000円キャッシュバック】 【最大5万円キャッシュバック】 【最大100万円キャッシュバック+松井証券ポイント最大400ポイント】 - 【最大100万6000円キャッシュバック】 【最大10万6000円キャッシュバック+オリジナルレポート】 【最大100万3000円キャッシュバック】 【最大100万5000円キャッシュバック】 【最大100万5000円キャッシュバック】 【最大3万円キャッシュバック+Amazonギフト券3000円分】 【150万6000円キャッシュバック】 【最大60万5000円キャッシュバック】 【最大15万3000円キャッシュバック】 【最大6万3000円キャッシュバック】 【最大50万5000円キャッシュバック】 【最大100万円キャッシュバック】 【150万6000円キャッシュバック】 【最大50万5000円キャッシュバック】 【最大123万円キャッシュバック+楽天ポイント200円分】 【最大100万400円キャッシュバック】 【最大15万3000円キャッシュバック】 【4000円キャッシュバック】 【非売品・トラリピ設定レポートつきハンドブック】 【最大3万円キャッシュバック】 - - - - 【オリジナルインディケータ+トリロジー社のEA】 【最大5万5000円キャッシュバック】 【QUOカード2000円分】 【QUOカード2000円分】 -
最低取引単位 1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※ロシアルーブル/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※南アランド/円など5通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
1万通貨 1通貨 1000通貨
(※トルコリラ/円は5000通貨、南アランド/円は1万5000通貨など通貨ペアによって異なる。最低取引単位以上なら1通貨単位で取引可能)
1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など7通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など6通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※ロシアルーブル/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨 1通貨
(※韓国ウォン/円は1単位=100通貨)
1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
100通貨 1000通貨 1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※南アランド/円は1万通貨)
1000通貨 1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
1万通貨 1000通貨 1000通貨 1000通貨 1万通貨
(※南アランド/円など5通貨ペアは10万通貨)
1万通貨
(※南アランド/円など5通貨ペアは10万通貨)
1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
1万通貨
(※南アランド/円は10万通貨)
1000通貨 1000通貨 1000通貨
(※ロシアルーブル/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨 1000通貨 1000通貨
(※南アランド/円は1万通貨)
1000通貨 1万通貨 1万通貨
(※南アランド/円など5通貨ペアは10万通貨)
通貨ペア 20ペア 33ペア 24ペア 30ペア 98ペア 20ペア 155ペア 54ペア 41ペア 33ペア 23ペア 34ペア 24ペア 21ペア 25ペア 26ペア 24ペア 29ペア 26ペア 28ペア 29ペア 28ペア 16ペア 25ペア 25ペア 16ペア 24ペア 24ペア 20ペア 33ペア 84ペア 24ペア 20ペア 24ペア 24ペア 25ペア
取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
米ドル/円
⇒ ランキングへ
0.2銭
原則固定
0.2銭
原則固定
(8-29時)
0.2銭
原則固定
(8-27時)
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
- 0.2~
0.9銭
0.2銭
原則固定
(8-28:59)
0.2銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.2銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.2銭
原則固定
(8-29時)
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-29時)
0.18銭 2.0銭
原則固定
0.0銭
原則固定
(8-28時)
~6/28までのキャンペーン
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(17-24時)
1.0銭
原則固定
0.2銭
原則固定
(8-28時)
0.2銭
原則固定
(8-29時)
0.2~
3.0銭
(9-27時)
0.2銭
原則固定
(8-28時)
0.2銭
原則固定
(8-29時)
0.2銭
原則固定
0.2~
0.9銭
- - - 0.7~
1.8銭
0.5銭
原則固定
0.8銭 - - - - 2.0銭
原則固定
1.0銭
原則固定
-
ユーロ/米ドル
⇒ ランキングへ
0.3pips
原則固定
0.3pips
原則固定
(8-29時)
0.3pips
原則固定
(8-27時)
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/29までのキャンペーン
- 0.3pips
原則固定
(ただし、注文種類によって変化)
0.4pips
原則固定
(8-28:59)
0.3pips
原則固定
~6/29までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
~6/29までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(8-29時)
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-29時)
0.3pips 2.0pips
原則固定
0.1pips
原則固定
0.2pips
原則固定
(例外あり)
(17-24時)
1.0pips
原則固定
0.3pips
原則固定
(8-28時)
0.3pips
原則固定
(8-29時)
0.4pips
原則固定
0.2pips
原則固定
(17-27時)
0.3pips
原則固定
(8-29時)
0.4pips
原則固定
0.4pips
原則固定
- - - 0.7~
1.5pips
0.6pips
原則固定
0.7pips - - - - 2.0pips
原則固定
2.0pips
原則固定
-
ユーロ/円
⇒ ランキングへ
0.4銭
原則固定
0.4銭
原則固定
(8-29時)
0.4銭
原則固定
(8-27時)
0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/29までのキャンペーン
- 0.4銭
原則固定
(ただし、注文種類によって変化)
0.5銭
原則固定
(8-28:59)
0.4銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.4銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.4銭
原則固定
(8-29時)
0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-29時)
0.38銭 3.0銭
原則固定
0.0銭
原則固定
(9-27時)
0.4銭
原則固定
(例外あり)
(17-24時)
2.0銭
原則固定
0.5銭
原則固定
(8-28時)
0.4銭
原則固定
(8-29時)
0.5銭
原則固定
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(17-27時)
0.4銭
原則固定
(8-29時)
0.5銭
原則固定
0.5銭
原則固定
- - - 1.4~
2.0銭
1.1銭
原則固定
- - - - - 3.0銭
原則固定
3.0銭
原則固定
-
英ポンド/円
⇒ ランキングへ
0.9銭
原則固定
0.9銭
原則固定
(8-29時)
0.9銭
原則固定
(8-27時)
0.9銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
- 0.6銭
原則固定
(ただし、注文種類によって変化)
1.2銭
原則固定
(8-28:59)
0.9銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.9銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.9銭
原則固定
(8-29時)
0.7銭
原則固定
(例外あり)
(9-29時)
0.88銭 5.0銭
原則固定
0.4銭
原則固定
(17-27時)
~6/28までのキャンペーン
0.6銭
原則固定
(例外あり)
(17-24時)
1.0銭
原則固定
(9-28時)
~8/1までのキャンペーン
1.0銭
原則固定
(8-28時)
0.6銭
原則固定
(8-29時)
1.0銭
原則固定
(9-27時)
0.5銭
原則固定
(17-27時)
0.6銭
原則固定
(8-29時)
0.9銭
原則固定
1.3銭
原則固定
- - - 2.0~
5.2銭
2.0銭
原則固定
1.4銭 - - - - 5.0銭
原則固定
5.0銭
原則固定
-
豪ドル/円
⇒ ランキングへ
0.5銭
原則固定
0.5銭
原則固定
(8-29時)
0.5銭
原則固定
(8-27時)
0.5銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/29までのキャンペーン
- 0.4銭
原則固定
(ただし、注文種類によって変化)
0.7銭
原則固定
(8-28:59)
0.5銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.5銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.5銭
原則固定
(8-29時)
0.5銭
原則固定
(例外あり)
(9-29時)
0.48銭 4.0銭
原則固定
0.0銭
原則固定
(9-27時)
0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-24時)
3.0銭
原則固定
0.6銭
原則固定
(8-28時)
0.5銭
原則固定
(8-29時)
0.6銭
原則固定
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(17-27時)
0.5銭
原則固定
(8-29時)
0.6銭
原則固定
0.6銭
原則固定
- - - 1.5~
4.0銭
1.2銭
原則固定
0.9銭 - - - - 4.0銭
原則固定
4.0銭
原則固定
-
NZドル/円
⇒ ランキングへ
0.7銭
原則固定
0.7銭
原則固定
(8-29時)
0.7銭
原則固定
(8-27時)
0.7銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/29までのキャンペーン
- 1.2銭
原則固定
- 0.7銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.8銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.7銭
原則固定
(8-29時)
0.7銭
原則固定
(例外あり)
(9-29時)
0.68銭 6.0銭
原則固定
0.6銭
原則固定
(17-27時)
~6/28までのキャンペーン
0.9銭
原則固定
(例外あり)
(17-24時)
6.0銭
原則固定
1.3銭
原則固定
(8-28時)
0.7銭
(8-29時)
2.2銭
原則固定
0.7銭
原則固定
(17-27時)
0.7銭
(8-29時)
1.2銭
原則固定
1.5銭
原則固定
- - - 2.0~
6.5銭
2.8銭
原則固定
1.5銭 - - - - 7.0銭
原則固定
7.0銭
原則固定
-
メキシコペソ/円
⇒ ランキングへ
0.2銭
原則固定
0.3銭
原則固定
(8-29時)
0.2銭
原則固定
(8-27時)
0.2銭
原則固定
(例外あり)
- 0.1銭
原則固定
(ただし、注文種類によって変化)
- 0.2銭
原則固定
~6/29までのキャンペーン
0.2銭
原則固定
~6/29までのキャンペーン
- 0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-29時)
0.18銭 1.0銭
原則固定
0.0銭
原則固定
(9-27時)
0.1銭
原則固定
(例外あり)
(9-24時)
1.0銭
原則固定
取り扱いなし 0.3銭 0.3銭
原則固定
0.1銭
原則固定
(14-27時)
0.3銭 0.2銭
原則固定
0.3銭
原則固定
- - - 1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
取り扱いなし - 取り扱いなし - - 取り扱いなし 取り扱いなし -
南アフリカランド/円
⇒ ランキングへ
0.9銭
原則固定
0.9銭
原則固定
(8-29時)
1.3銭
原則固定
(8-27時)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/29までのキャンペーン
- 0.4銭
原則固定
(ただし、注文種類によって変化)
- 0.8銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
0.8銭
原則固定
(10-28時)
~6/29までのキャンペーン
- 0.9銭
原則固定
(例外あり)
(9-29時)
0.78銭 7.0銭
原則固定
0.1銭
原則固定
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(17-24時)
15.0銭
原則固定
16.4銭
原則固定
(8-28時)
0.9銭 3.0銭
原則固定
0.3銭
原則固定
(17-27時)
0.9銭 0.9銭
原則固定
1.0銭
原則固定
- - - 15.0銭
原則固定
1.2銭
原則固定
1.4銭 - - - - 7.0銭
原則固定
4.0銭
原則固定
-
トルコリラ/円
⇒ ランキングへ
- - - 1.6銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/29までのキャンペーン
- 1.5銭
原則固定
(ただし、注文種類によって変化)
- 1.6~
3.4銭
1.6~
3.4銭
- - 1.58銭 9.0銭
原則固定
0.9銭
原則固定
- 6.0銭
原則固定
取り扱いなし 取り扱いなし - 0.9銭
原則固定
(17-27時)
~6/28までのキャンペーン
取り扱いなし 6.8銭
原則固定
2.7銭
原則固定
- - - 取り扱いなし 6.8銭
原則固定
取り扱いなし - - - - 取り扱いなし 取り扱いなし -
中国人民元/円
⇒ ランキングへ
取り扱いなし - 3.0銭
原則固定
(8-27時)
0.9銭
原則固定
(例外あり)
- 取り扱いなし - 0.8銭
原則固定
~6/29までのキャンペーン
0.8銭
原則固定
~6/29までのキャンペーン
- 取り扱いなし 0.70銭 取り扱いなし 0.4銭
原則固定
(17-27時)
~6/28までのキャンペーン
- 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 0.9銭
原則固定
0.4銭
原則固定
(17-27時)
~6/28までのキャンペーン
取り扱いなし 0.9銭
原則固定
1.7銭
原則固定
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし - - - 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし
詳細はこちら
(公式サイトへ)
GMOクリック証券
「FXネオ」
トレイダーズ証券
「みんなのFX」
GMO外貨
「外貨ex」
外為どっとコム
「外貨ネクストネオ」
IG証券
松井証券
サクソバンク証券
ヒロセ通商
「LION FX」
JFX
「MATRIX TRADER」
トレイダーズ証券
「LIGHT FX」
LINE証券
「LINE FX」
SBI FXトレード
アイネット証券
「ループイフダン」
マネーパートナーズ
「パートナーズFX nano」
セントラル短資FX
「FXダイレクトプラス」
外為オンライン
「外為オンラインFX」
FXブロードネット
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF GX-FX」
auカブコム証券
「auカブコム FX」
マネーパートナーズ
「パートナーズFX」
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF MT4」
楽天証券
「楽天FX」
マネックス証券
「FX PLUS」
外為オンライン
(くりっく365)
岡三証券
(くりっく365)
マネースクエア
「トラリピ FX」
アイネット証券
「アイネットFX」
楽天証券
「楽天MT4」
岡三証券
「岡三アクティブFX」
トレイダーズ証券
「みんなのシストレ」
StoneX証券
「MetaTrader4」
フィリップ証券
「フィリップMT5」
インヴァスト証券
「トライオートFX」
ひまわり証券
「ループ・イフダン口座」
ひまわり証券
「レギュラー口座」
FXブロードネット
(くりっく365)「FXブロードネット365」
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る

※各データは1万通貨の取引を行ったときのもので、それ以外の取引量の場合、スプレッドは異なることがあります
※取引手数料は無料でも、注文方法などによってはスプレッド以外に何らかの手数料がかかる口座もあります
※表中の「-」は、公式サイトなどでスプレッド値が公開されていない口座です。取引の際は、取引ツールなどで実勢レートを確認してください
※その他の注意事項はこちら

 当サイトでは、通貨ペアごとの「スプレッド比較・ランキング」も紹介しています。特に気になる通貨ペアのスプレッドについては、以下のボタンより個別にチェックしてください。

米ドル/円スプレッド比較
ユーロ/米ドルスプレッド比較
ユーロ/円スプレッド比較
豪ドル/円スプレッド比較
NZドル/円スプレッド比較
英ポンド/円スプレッド比較
メキシコペソ/円スプレッド比較
南ア・ランド/円スプレッド比較
中国人民元/円スプレッド比較
トルコリラ/円スプレッド比較
人気ランキング
キャンペーンで比較

 通貨ペアのうち、金利が高いほうの通貨を買うと受け取ることができる「スワップポイント(スワップ金利)」を比較したい方は、以下も参考に!
【※人気通貨ペアのスワップポイントが高いFX口座は?】
FXの「スワップポイント」を比較! スワップポイントが高い、おすすめのFX口座を紹介! 約40口座を対象に、高金利通貨を含む9通貨ペアを調査

人気通貨ペアのスプレッドが狭い、編集部おすすめのFX口座11選!
スプレッドの最新情報を踏まえて、人気のFX口座を厳選して紹介!

 続いて、最新のスプレッド情報を踏まえ、人気がある10通貨ペアのスプレッドが相対的に狭く、その他のサービスも魅力的なFX口座を「編集部おすすめのFX口座11選」として紹介します!

 スプレッド以外の注目ポイントもあわせて紹介するので、どんな魅力や特長があるFX口座なのかをチェックしてください。


★GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら!

 使いやすいスマホアプリや取引ツールに定評のあるFX口座、GMOクリック証券「FXネオ」は、「ザイFX!読者が選んだ『おすすめFX会社』人気ランキング!」でも圧倒的1位に輝くなど、FXトレーダーの総合評価が非常に高いFX口座です。
【※おすすめの関連コンテンツはこちら!】
GMOクリック証券「FXネオ」が圧倒的1位に! 【最新版】ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

「スプレッド」や「スワップポイント」は、当サイトで比較調査の対象としているほぼすべての通貨ペアにおいて、業界上位の水準で提供されています。いずれもトップ争いに加わる高水準で提供されているものが多く、取引コストを抑えながら短期トレードで積極的に為替差益を狙いたいFXトレーダーにも、高いスワップポイントを狙った中長期派のFXトレーダーにも、おすすめできる取引環境です。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較のほか、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!

「スプレッド」については、「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」、「ユーロ/円」といったメジャーな通貨ペアから「メキシコペソ/円」などの高金利通貨ペアまで、バランス良く上位3位にランクインする水準で提供されています。「南アフリカランド/円」など、わずかに上位3位に届かないものもありますが、おおむねそれに次ぐスプレッド値が提供されており、業界上位の水準です。

 GMOクリック証券「FXネオ」では、取引時間中、ほとんどの通貨ペアで、常に原則固定スプレッドが提供されており、原則固定スプレッドの適用時間に制限が設けられていない点もメリットと言えます(※)。
(※相場状況などによっては、原則固定スプレッドの適用対象外となる場合もあります。最新の情報はGMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトにてご確認ください)

「スワップポイント」は、「メキシコペソ/円」や「南アフリカランド/円」、「トルコリラ/円」といった高金利通貨ペアだけでなく、「米ドル/円」や「ユーロ/円」といったメジャーな通貨ペアのスワップポイントもバランス良く高水準で提供されているのが、うれしいポイントです。通貨ペアによっては、トップ水準にランクインしているものもあります!

人気ランキングNo1! 圧倒的な人気と実力を兼ね備えたFX口座!
GMOクリック証券「FXネオ」 ⇛詳細データはこちら
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 20ペア
(ラージ除く)
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 0.4銭原則固定
GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント
GMOクリック証券の「FXネオ」は、上位水準のスペックと優れた取引環境が多くの投資家に支持されている業界を代表するFX口座。1000通貨単位の取引が可能なので初心者にもおすすめです。機能性、操作性ともに抜群の取引ツールは、Apple Watchにも対応。また、約150種類と国内系の口座としては非常に豊富な銘柄を取り扱っているCFD口座も人気が高く、高機能チャートツール「プラチナチャート」では、両口座の銘柄を表示できます。
GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較のほか、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
■GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★トレイダーズ証券「みんなのFX」

トレイダーズ証券「みんなのFX」の公式サイトはこちら!

トレイダーズ証券「みんなのFX」は、世界的に人気があるチャート分析ツール、「TradingView(トレーディングビュー)」の有料機能の一部を無料で使えることでも知られていますが、人気が高い通貨ペアの「スプレッド」や「スワップポイント」が、業界上位水準で安定して提供されている点にも、ぜひ注目してください!
【※おすすめの関連記事はこちら!】
トレーディングビューの有料機能が無料で使える、おすすめのFX会社を公開!大人気のチャート分析ツールを賢く使える裏ワザを紹介

 たとえば「スワップポイント」は、「米ドル/円」や「ユーロ/円」などの「日本円」が絡むメジャーな通貨ペアについて、どの通貨ペアを見ても、大半が上位3位に食い込む高水準です。高金利通貨ペアについては、惜しくも上位3位に届かない通貨ペアもありますが、特に人気が高い「南アフリカランド/円」や「メキシコペソ/円」のスワップポイントは、他のFX口座と比較すると明らかなとおり、十分、業界上位の水準で提供されています。

 しかも、「みんなのFX」では、「対象の通貨ペアのスワップポイントが他社より1円でも安い場合、差額を上乗せする」という太っ腹なキャンペーンが、ひんぱんに開催されている点も見逃せません!

 取引コストとなる「スプレッド」は、「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」、「ニュージーランドドル/円」、「メキシコペソ/円」といった人気が高い通貨ペアについて、安定的に上位水準で提供されています。当サイトで比較調査の対象としている10通貨ペアでは、スプレッド値が非公開の通貨ペアを除くと、半分程度が上位3位にランクインする水準です。

 トレイダーズ証券「みんなのFX」では、原則固定スプレッドの適用時間が8時~29時と制限されていますが、取引が活発な時間帯は原則固定スプレッドが適用されるので、そこまでデメリットを感じることはないでしょう。

 TradingViewを使って充実したチャート分析ができる点はもちろん、マーケット情報や各種コンテンツも充実しており、スワップポイントを狙った中長期トレードにも、取引コストを抑えた短期トレードにも最適な取引環境を提供してくれるのが、トレイダーズ証券「みんなのFX」の魅力です!
【※おすすめの関連記事はこちら!】
FXのオーダーブック、注文やポジションの「売買比率」を無料で情報公開している、おすすめのFX口座を紹介!今後の相場展開を予想する手がかりとして、役立つ情報に

TradingViewが使え、業界最狭水準のスプレッドと高いスワップポイントで人気!
トレイダーズ証券「みんなのFX」 ⇛詳細データはこちら
トレイダーズ証券「みんなのFX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 33ペア
(ラージ除く)
0.2銭原則固定
(8-29時)
0.3pips原則固定
(8-29時)
0.4銭原則固定
(8-29時)
トレイダーズ証券「みんなのFX」のおすすめポイント
トレイダーズ証券の「みんなのFX」は、業界上位水準のスプレッドとスワップポイントに定評があり、1000通貨単位の取引ができる初心者にもおすすめのFX口座です。「みんなのFX」の口座を持っていれば、世界中のトレーダーに愛用されている大人気チャートツール「TradingView」の有料機能の一部を、誰でも無料で使えるサービスも魅力です。「通貨強弱」や「売買比率」などに加え、新興国通貨の為替ニュースを独占配信しているなど、独自のサービスも充実しています。
トレイダーズ証券「みんなのFX」の関連記事
■「トレーディングビュー」の有料機能が無料で使える、おすすめのFX会社を公開!大人気のチャート分析ツールを賢く使える裏ワザを紹介
■トレイダーズ証券「みんなのFX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼トレイダーズ証券「みんなのFX」▼
トレイダーズ証券[みんなのFX]の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★GMO外貨「外貨ex」

GMO外貨「外貨ex」の公式サイトはこちら!

GMO外貨「外貨ex」は、GMOクリック証券「FXネオ」と同じGMOフィナンシャルホールディングス傘下のFX口座です。通貨ペアによって水準は異なるものの、「スプレッド」も「スワップポイント」も全体的にバランスよく高水準で提供されている点は、両口座に共通しています。ちなみに、取り扱い通貨ペア数はGMO外貨「外貨ex」のほうが豊富で、取引できる口座が限られる「中国人民元/円」も1万通貨単位で取引することができます

 直観的に操作でき、FX初心者にも使いやすいスマホアプリや充実のサポート体制のほか、最短30分で取引を始められるスムーズな口座開設手続きにも注目です!
【※おすすめの関連記事はこちら!】
FX口座が最短30分~当日に開設できるFX会社を紹介! スムーズに口座開設するために必要なことや注意点も解説!

「スプレッド」は、「米ドル/円」や「ニュージーランドドル/円」、「ユーロ/米ドル」といったメジャーな通貨ペアに加え、人気が高い高金利通貨ペアの「メキシコペソ/円」などについて、おおむね上位3位以内にランクインする水準です。当サイトで比較調査の対象とした10通貨ペアのスプレッドを見ると、期間限定のキャンペーンも含めると、半分程度は上位3位に入る水準で安定して提供されています。

 GMO外貨「外貨ex」のスプレッドは原則固定ですが、原則固定が適用されるのは8時~27時と、東京時間~NY時間の途中までです(※)。しかし、市場参加者が多く、もっとも相場が盛り上がるコアタイムは原則固定スプレッドの提供時間帯でカバーされているので、一般的な時間に取引するなら、そこまでデメリットを感じることはないでしょう。
(※相場状況などによっては、原則固定スプレッドの適用対象外となる場合もあります。最新の情報はGMO外貨「外貨ex」の公式サイトにてご確認ください)

「スワップポイント」については、当サイトで比較調査の対象とした9通貨ペアのうち、「米ドル/円」、「ユーロ/円」、「英ポンド/円」、「豪ドル/円」といった「日本円」が絡むメジャーな通貨ペアを中心に、安定的に上位3位に入る水準で提供されています。また、一部は上位3位には届かないものの、高金利通貨ペアとして人気が高い「南アフリカランド/円」や「メキシコペソ/円」のスワップポイントも、当サイトで紹介しているFX口座の中では、おおむね上位に入る魅力的な水準です。

 GMO外貨「外貨ex」は、取引コストを抑えたい短期トレーダーにも、スワップポイントを重視してじっくり取引したい中長期トレーダーにも使いやすいFX口座と言えます。

業界上位水準のスプレッドと高水準のスワップポイントで人気
GMO外貨「外貨ex」 ⇛詳細データはこちら
GMO外貨「外貨ex」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 24ペア 0.2銭原則固定
(8-27時)
0.3pips原則固定
(8-27時)
0.4銭原則固定
(8-27時)
GMO外貨「外貨ex」のおすすめポイント
GMO外貨の「外貨ex」は、業界上位水準のスプレッドと、スタイリッシュで操作性の高い取引ツールに定評があるFX口座。レバレッジの上限をあらかじめ1倍・10倍・25倍の3つから選択できるので、初心者や資金管理の苦手な人にも向いています。わかりやすくビジュアル化された取引履歴でトレードを振り返ったり、他のトレーダーの取引情報や収益ランキングをチェックしたりできるGMOインターネットグループの独自コンテンツ、「トレードアイランド」も盛況です。申し込みの完了から最短30分で口座が開設できるので、今すぐにFXを取引したい!という人にもおすすめです。
GMO外貨「外貨ex」の関連記事
■GMO外貨「外貨ex」 の口座開設の流れや方法・注意点を解説
■GMO外貨「外貨ex」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼GMO外貨「外貨ex」▼
GMO外貨「外貨ex」の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら!

 FX取引に役立つマーケット情報が豊富で、FX初心者へのフォローアップも手厚い、老舗FX会社の外為どっとコム「外貨ネクストネオ」では、人気が高い通貨ペアの「スプレッド」や「スワップポイント」が、ともに業界上位の水準で提供されています。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!

「スプレッド」は、当サイトで比較調査の対象とした10通貨ペアのうち、「米ドル/円」や「ユーロ/円」、「ユーロ/米ドル」、「ニュージーランドドル/円」など、主要な対円通貨ペアを中心に半数以上が上位3位に入る水準で提供されています。また、メジャーな通貨ペアだけでなく、「南アフリカランド/円」や「メキシコペソ/円」、「トルコリラ/円」といった高金利通貨ペアのスプレッドが上位にランクインしている点も見逃せません。一部にキャンペーンスプレッドが含まれるものの、おおよそ人気が高い通貨ペアなら、どれでも安定的に業界上位に入る水準のスプレッドで取引できるのが、外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の魅力です。

 原則固定スプレッドの適用時間が「9時~27時(例外あり)」となっている点には注意が必要ですが、市場参加者がもっとも多く、相場がよく動くコアタイムは原則固定の適用時間帯に入っているので、一般的な時間帯に取引するトレーダーであれば、過度に心配する必要はないでしょう。

「スワップポイント」は、「米ドル/円」や「ユーロ/円」などのメジャーな通貨ペアから「南アフリカランド/円」をはじめとする高金利通貨ペアまで、人気が高い通貨ペアを中心にバランスよく高水準で提供されています。

 特に、スワップポイントで外為どっとコム「外貨ネクストネオ」が競合する他社と業界上位を争っているのは「米ドル/円」や「ユーロ/円」、「英ポンド/円」といったメジャーな通貨ペアです。高金利通貨ペアのスワップポイントも高水準ではありますが、外為どっとコム「外貨ネクストネオ」でスワップポイントを狙う取引をするなら、ぜひメジャーな通貨ペアの水準に注目してみてください!

業界上位水準のスペックと豊富な情報コンテンツが魅力
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」 ⇛詳細データはこちら
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 30ペア 0.2銭原則固定
(9-27時)
0.3pips原則固定
(9-27時)
0.4銭原則固定
(9-27時)
※ユーロ/米ドル、ユーロ/円は、2024年6月29日午前3時までのキャンペーンスプレッド。スプレッドはすべて例外あり
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント
外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」は、業界上位水準のスプレッドに定評があり、国内系では珍しく、シンガポールドル/円、スウェーデンクローナ/円などのマイナーな通貨ペアも取引できるFX口座です。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の指値注文や逆指値(ストップ)注文の状況を確認できる「外為注文情報」も人気で、多くの投資家が活用しています。超ビギナーから上級トレーダーまで、さまざまなレベルを対象としたオンラインセミナーがあり、独自の投資情報コンテンツも充実しています。
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★ヒロセ通商「LION FX」

ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら!

 主要なFX会社の中では唯一、大阪に本社を構えるヒロセ通商「LION FX」は、取り扱い通貨ペア数が50ペア以上と豊富であるうえに、「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」、「ユーロ/円」などの人気が高い通貨ペアのスプレッドが狭いことでも知られています。

 「メキシコペソ/円」などの高金利通貨を含め、人気が高い通貨ペアは、おおむね原則固定で提供されており(相場状況などによっては、原則固定スプレッドを提供していないタイミングもある)、当コーナーで紹介している10通貨ペアのスプレッドの多くが、安定的に上位3位にランクインする水準です。

 また、ヒロセ通商「LION FX」では、人気の通貨ペアを対象とした取引高キャッシュバックキャンペーンや、食い倒れの街・大阪を感じさせる垂涎ものの食品キャンペーンが恒常的に開催されています。

 スプレッドが狭いだけでなく、取引しながらお得なキャンペーンに挑戦できるのも、ヒロセ通商「LION FX」ならではの魅力です! 取引量が多くなるほど、もらえる食品も豪華になるなど楽しみも多いキャンペーンなので、ぜひチェックしてください。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
【最新版】FXのキャンペーンおすすめ10選!キャッシュバックがもらえる条件が簡単なFX会社や、「ザイFX!」限定のお得なキャンペーンを厳選して紹介

総合力は業界トップクラス、初心者から上級者まで多くのFX投資家におすすめ!
ヒロセ通商「LION FX」 ⇛詳細データはこちら
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 54ペア
(大口除く)
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 0.4銭原則固定
(10-28時)
ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント
ヒロセ通商の「LION FX」は、国内系のFX口座としては最多の54通貨ペアを取り扱っており、ユーロ/ポーランドズロチやユーロ/南アフリカランドといった珍しい通貨ペアも取引できます。「LION FX」ユーザーの指値・逆指値(ストップ)注文状況が見られる「価格帯別注文数」や、資金管理用の計算ツール、取り扱い全通貨ペアのボラティリティ確認表、子会社のJFX社長、小林芳彦氏が発信するトレード情報など、トレードをアシストする便利なサービスを豊富に提供。取引高に応じてグルメ商品がもらえるキャンペーンも人気です。
ヒロセ通商「LION FX」の関連記事
■経済指標の速報を、ほぼリアルタイムで知る方法とは? もちろん無料で利用できるのが魅力! 実際に使ってみた!
■ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月10日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★JFX「MATRIX TRADER」

JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら!

 「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」、「ユーロ/円」などの人気が高い通貨ペアのスプレッドで、安定的に業界上位の水準をキープしているFX会社として忘れてはならないのが、元為替ディーラーの小林芳彦氏が代表取締役社長を務めるJFX「MATRIX TRADER」です。

 人気が高い通貨ペアは、「メキシコペソ/円」などの高金利通貨を含め、おおむね原則固定で提供されており(相場状況などによっては、原則固定スプレッドを提供していないタイミングもある)、当コーナーで取り上げた10通貨ペアのスプレッドの多くが上位3位の水準にランクインしています。

 そんなJFX「MATRIX TRADER」の注目ポイントといえば、「スキャルピングOK!」を掲げていること! 「短時間で注文を繰り返す行為」を禁止しているFX口座もある中、JFX「MATRIX TRADER」の取引ツールには、超短期取引であるスキャルピングを手助けしてくれる機能が搭載されており、小林社長によるトレード手法の解説動画なども公開されています。

 また、JFX「MATRIX TRADER」では、分析用ツールとしてMT4(メタトレーダー4)やTradingView(トレーディングビュー)(※)を利用することもできるので、こうしたツールを活用してアクティブなトレードに挑戦するのも良さそうです。
(※2023年12月からTradingViewにJFXのレートが配信されている)
【※おすすめの関連記事はこちら!】
FXのスキャルピングとは? スキャルOK!のFX会社、JFXの社長で元為替ディーラーの小林芳彦氏に、スキャルピングの取引手法としての魅力や上達のコツを徹底取材!

スキャルピングOK、注目の経済指標の結果も瞬時にわかる!
JFX「MATRIX TRADER」 ⇛詳細データはこちら
JFX「MATRIX TRADER」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 41ペア
(大口除く)
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3~0.6pips 0.4銭原則固定
(10-28時)
JFX「MATRIX TRADER」のおすすめポイント
JFXの「MATRIX TRADER」は、41種類の豊富な通貨ペアが取引できるうえ、スキャルピングを公式に許可している、超短期トレーダーにうれしいFX口座です。チャート分析ツールとして日本時間表示に対応したMT4(メタトレーダー4)チャートを提供しており、社長の小林芳彦氏のツイートを表示するオリジナルインジケーターもあります。小林氏が発信する会員限定コンテンツや、取り扱い全通貨ペアの足種別ボラティリティ表などヒロセ通商と共通しているサービスもあります。
JFX「MATRIX TRADER」の関連記事
■スキャルOK!のJFX社長・小林芳彦氏に スキャルピングの魅力や上達のコツを取材!
■JFX「MATRIX TRADER」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月10日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★トレイダーズ証券「LIGHT FX」

トレイダーズ証券「LIGHT FX」の公式サイトはこちら!

 「みんなのFX」を運営するトレイダーズ証券のもう1つのFXブランド、トレイダーズ証券「LIGHT FX」では、おおむね「みんなのFX」と同水準のスプレッドが提供されており、当コーナーで紹介している10通貨ペアのスプレッドも、公開されているものについては、多くが上位3位までに入る水準で提供されています。しかも「みんなのFX」にはない「LIGHT FX」だけのサービスとして、少額取引向けの特別な通貨ペア、「LIGHTペア」(※)が取引できる点は見逃せません!
(※「LIGHTペア」は、記事執筆時点において「米ドル/円」や「ユーロ/円」、「ユーロ/米ドル」、「英ポンド/円」、「豪ドル/円」、「メキシコペソ/円」など12通貨ペアを対象に提供されている。最大発注数量や建玉数量に一定の制限あり。詳細は公式サイトにて確認してください)
【※おすすめの関連記事はこちら!】
LIGHT FXの「LIGHTペア」とは? スワップポイントとスプレッドが有利なLIGHT FXの特別な通貨ペア!? 通常の通貨ペアや他のFX口座と比較して詳しく解説!

 「LIGHTペア」は、一部の通貨ペアだけに限定して提供されている特別な通貨ペアで、通常の「LIGHT FX」の通貨ペアよりも狭いスプレッドが提供されています。たとえば、「米ドル/円」の「LIGHTペア」のスプレッドは一般的にボリュームゾーンとなっている0.2銭よりも狭い0.18銭原則固定、「ユーロ/米ドル」も一般的にボリュームゾーンとなっている0.3pipsよりも狭い0.28pips原則固定です(※)。少額取引向けとはいえ、これはかなり魅力的なスプレッドではないでしょうか?
(※「LIGHTペア」の原則固定スプレッドの適用時間には8時~29時などの制限が設けられている。また、一部に変動制スプレッドが採用されている通貨ペアもある)

 ちなみに、「LIGHT FX」でも、人気のチャート分析ツール、「TradingView(トレーディングビュー)」の有料機能の一部を無料で利用することが可能です! 
【※おすすめの関連記事はこちら!】
トレーディングビューの有料機能が無料で使える、おすすめのFX会社を公開!大人気のチャート分析ツールを賢く使える裏ワザを紹介

大人気チャートツールのTradingViewが使え、スペックも業界上位水準!
トレイダーズ証券「LIGHT FX」 ⇛詳細データはこちら
トレイダーズ証券「LIGHT FX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 33ペア
(ラージ・LIGHTペア除く)
0.2銭原則固定
(8-29時)
0.3pips原則固定
(8-29時)
0.4銭原則固定
(8-29時)
※通常の通貨ペアのスプレッド。ラージ・LIGHTペアのスプレッドは上記とは異なります
トレイダーズ証券「LIGHT FX」のおすすめポイント
トレイダーズ証券の「LIGHT FX」は、世界的に人気のチャート分析ツール、TradingViewが搭載されたFX口座です。TradingViewの一部の有料機能を無料で提供しているのも注目ポイント。さらに、スワップポイントの高さで人気のメキシコペソ/円など高金利通貨ペアを含む主要12通貨ペアでは、1回の注文数量が20万通貨までと上限があるものの、スプレッドやスワップポイントの水準が通常の通貨ペアより有利な「LIGHTペア」の取り扱いがあるのも特徴です。
トレイダーズ証券「LIGHT FX」の関連記事
■LIGHT FXの「LIGHTペア」とは? スワップポイントとスプレッドが有利なLIGHT FXの特別な通貨ペア!? 通常の通貨ペアや他のFX口座と比較して詳しく解説!
■トレイダーズ証券「LIGHT FX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■大人気チャートツール、TradingViewが使える FX口座を徹底比較。有料機能を無料で使える 口座が複数! ロシア製MT4のピンチで脚光!?
▼トレイダーズ証券「LIGHT FX」▼
トレイダーズ証券「LIGHT FX」の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★LINE証券「LINE FX」

LINE証券「LINE FX」の公式サイトはこちら!

スマホアプリでの取引が便利LINE証券「LINE FX」では、当コーナーで紹介した10通貨ペアのスプレッドの多くが上位3位かそれに次ぐ水準で提供されています。「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」、「英ポンド/円」などのメジャーな通貨ペアに加え、「豪ドル/円」などのオセアニア通貨、さらに「メキシコペソ/円」や「南アフリカランド/円」などの高金利通貨についても、バランス良く業界上位水準のスプレッドが提供されているFX口座です。

 スプレッドに原則固定が適用される時間は9時~29時と制限されていますが、相場がよく動く時間帯は原則固定の適用時間に入っているので、よほど特殊な時間帯に取引しない限り、影響はないでしょう。

 LINE証券「LINE FX」は、コミュニケーションアプリ、LINE傘下のFXサービスだけあって、経済指標の数値や急な価格変動もLINEで通知してくれます。LINEから取引アプリを起動することもできるので、スマホアプリを中心に取引したいトレーダーに、特におすすめです。シンプルで直感的な操作が可能な「LINE FX」のスマホアプリは、初心者にも扱いやすいというメリットもあります。

 また、LINE証券「LINE FX」では、人気の高機能チャートツール、TradingView(トレーディングビュー)を利用することができます。TradingViewはPC版の取引ツールからはもちろん、スマホアプリからも起動でき、場所を選ばずに高度なチャート分析が可能です!
【※おすすめの関連記事はこちら!】
TradingViewが使える「おすすめのFX口座」を紹介!人気のチャートツール「TradingView」の使い方や、無料アカウントの登録方法をわかりやすく解説!

スマホからの取引に徹底的にこだわった、スマホトレーダーに特におすすめのFX口座!
LINE証券「LINE FX」 ⇛詳細データはこちら
LINE証券「LINE FX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 23ペア 0.2銭原則固定
(9-29時)
0.3pips原則固定
(9-29時)
0.4銭原則固定
(9-29時)
※スプレッドはすべて例外あり
LINE証券「LINE FX」のおすすめポイント
LINE証券の「LINE FX」は、LINEと野村證券という、それぞれ業界を代表する企業を出自とするFX口座です。経済指標やレートの変動、テクニカル指標の売買サインなどがLINEで通知され、チャットから取引画面にアクセスできるのも非常に便利。普段使っているLINEのアプリからも取引画面に移行できるため、チャートのチェックやトレードを習慣にしやすいのも特徴です。また、世界中の投資家が利用している「TradingView」を搭載していて、多くの有料機能を無料で使えるメリットもあります。
LINE証券「LINE FX」の関連記事
■LINE証券「LINE FX」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較のほか、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
■LINE証券「LINE FX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE証券「LINE FX」▼
LINE証券「LINE FX」の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★松井証券

松井証券「MATSUI FX」の公式サイトはこちら!

 老舗の証券会社、松井証券が提供するFX口座は、「1通貨」から取引できるFX口座です。所定の取引数量以内の成行(ストリーミング)注文の場合(※)、取り扱いがないものを除き、当コーナーで紹介している10通貨ペアのスプレッドの多くが上位3位以内、もしくはそれに次ぐ水準で提供されています。
(※詳細は公式サイトなどでご確認ください)

 「1通貨」という超少額取引に対応しているFX口座で、人気の通貨ペアに業界上位水準のスプレッドが適用されるのは、FX初心者にもうれしいポイントです!

 たとえば、適用条件を満たした場合、「米ドル/円」は1000通貨まで0.2銭原則固定、「メキシコペソ/円」は1万通貨まで0.1銭原則固定、「南アフリカランド/円」と「豪ドル/円」は1万通貨まで0.4銭原則固定、「英ポンド/円」は1万通貨まで0.6銭原則固定、「トルコリラ/円」は1万通貨まで1.5銭原則固定のスプレッドが適用(※)されます。
(※「米ドル/円」は1000通貨を超えると0.2~0.9銭、「メキシコペソ/円」は1万通貨を超えると0.3銭原則固定、「南アフリカランド/円」は1万通貨を超えると1.0銭原則固定、「豪ドル/円」は1万通貨を超えると0.7銭原則固定、「英ポンド/円」は1万通貨を超えると1.1銭原則固定、「トルコリラ/円」は1万通貨を超えると2.9銭原則固定のスプレッドが適用される)

 もともと「ユーロ/円」と「ユーロ/米ドル」には適用条件がなかったのですが、2024年3月からは、「ユーロ/円」は1万通貨まで0.4銭原則固定、「ユーロ/米ドル」は1万通貨まで0.3pips原則固定のスプレッドが適用されるようになりました(※)。
(※「ユーロ/円」は1万通貨を超えると0.5銭原則固定、「ユーロ/米ドル」は1万通貨を超えると0.4pips原則固定が適用される)

 老舗の証券会社で株取引のイメージが強い会社かと思いますが、実は、FXサービスも魅力的なスペックで提供されています。この機会にぜひ、チェックしてみてください。松井証券のFX口座は、少額から始められるFXの自動売買(システムトレード)にも対応しています!

1通貨単位で取引でき、FXの自動売買(シストレ)も可能な初心者におすすめのFX口座
松井証券 ⇛詳細データはこちら
松井証券の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1通貨 20ペア 0.2~0.9銭 0.3pips原則固定 0.4銭原則固定
※スプレッドは取引数量、注文種類によって変化
松井証券のおすすめポイント
松井証券のFX口座は、最低取引単位が「1通貨」、1通貨からFXの自動売買(システムトレード)もできるので、FX初心者や少額取引を求める投資家におすすめです。スプレッドも狭く取引にかかるコストも抑えられます。LINEの公式アカウントと口座情報を連携させることで、LINEで売買シグナルを受け取れるなど、画期的なサービスも魅力。電話だけでなく、無人・有人のチャットによるサポートも充実しているので、初心者でも安心して取引できるFX口座の1つです。
松井証券の関連記事
■FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較して、FXシストレ口座を種類別に詳しく解説!
■松井証券のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼松井証券▼
松井証券の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★SBI FXトレード

SBI FXトレードの公式サイトはこちら!

 1通貨という超少額から取引できるSBI FXトレードも、人気が高い通貨ペアの「スプレッド」や「スワップポイント」が高水準で提供されています。

 例えば「米ドル/円」の「スプレッド」は、ボリュームゾーンの0.2銭よりも狭い0.18銭です。また、メジャーな通貨ペアだけでなく、高金利通貨ペアのスプレッドも狭く、「メキシコペソ/円」や「トルコリラ/円」、「南アフリカランド/円」のスプレッドは、上位3位に入る水準で提供されています。SBI FXトレードのスプレッドは原則固定ではありませんが、人気通貨ペアの基準スプレッドの提示率は、おおむね90%を超えているので、原則固定でないことが、そこまでデメリットになることはないでしょう。

 SBI FXトレードでは、1回の取引量が増えるほどスプレッドが広がる特殊なしくみが採用されていますが、1通貨から100万通貨までの取引には、もっとも狭いスプレッドが適用されます。100万通貨以上の取引をする大口トレーダーは別ですが、それ以外のほとんどのトレーダーは、取引量が増えることでスプレッドが広がることを過度に心配する必要はありません。一般的な取引量で取引するトレーダーなら、最小値のスプレッドで取引することが可能です。

 SBI FXトレードは、「スワップポイント」も「米ドル/円」や「ユーロ/円」、「英ポンド/円」といった日本円が絡むメジャーな通貨ペアで業界上位を争う高水準で提供されています。高金利通貨のペアについては、上位3位には届かないケースもありますが、全体的には上位水準を安定的にキープしている印象です。少額から取引できるので、どの通貨ペアでも、比較的スワップポイントを狙った中長期の投資にも使いやすい口座と言えます。

 ちなみに、SBI FXトレードは取り扱い通貨ペアの種類も豊富で、「中国人民元/円」や「ブラジルレアル/円」など、やや取り扱いが珍しい通貨ペアも1通貨から取引することが可能です。興味のある方は、ぜひあわせてチェックしてみてください。

 PC版の取引ツールやスマホアプリは、シンプルでありながら必要な機能はひととおり揃っていて、初心者にも使いやすいのが魅力! 定額で外貨の積み立てができる「積立FX」も用意されているので、アクティブトレーダーだけでなく、コツコツ積み立てを行いたいゆったり派のトレーダーにもおすすめです。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
「積立FX(SBI FXトレード)」のメリット・デメリットを紹介! 外貨預金やFXとの違い、コスト(手数料)や金利も徹底的に比較!

1通貨単位の超少額取引が可能、FX初心者はまずこの口座から!
SBI FXトレード ⇛詳細データはこちら
SBI FXトレードの主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1通貨 34ペア 0.18銭 0.38pips 0.48銭
※スプレッドは2024年4月1日(月)7時00分~2024年5月1日(水)5時30分の配信実績に基づく基準値
SBI FXトレードのおすすめポイント
SBI FXトレードは、1通貨単位で取引できるのが最大の特徴。しかも、国内系のFX口座としては最大級となる1000万通貨単位の取引も可能なので、ビギナーから大口トレーダーまで、幅広い投資家が使える口座です。取り扱いは、韓国ウォン/円やポーランドズロチ/円など、珍しい通貨ペアを含む34通貨ペア。スプレッドは取引量によって異なりますが、100万通貨までの注文なら業界最狭水準が適用されるので、一般的なトレーダーのほとんどが低コストで取引できる点も見逃せません。
SBI FXトレードの関連記事
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
■SBI FXトレードのおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら
※この表は2024年6月13日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」

マネーパートナーズの公式サイトはこちら!

「100通貨」から取引できるマネーパートナーズ「パートナーズFX nano」は、1000通貨未満の単位で取引ができる貴重なFX口座です。

 しかもマネーパートナーズ「パートナーズFX nano」は「米ドル/円」や「ユーロ/円」、「豪ドル/円」、「英ポンド/円」、「メキシコペソ/円」といった特定の通貨ペアにおいて、一定の取引量まで(※)なら「0.0銭原則固定」で取引することができます! 低コストで取引できるFX口座はほかにもありますが、コストがゼロというのはマネーパートナーズ「パートナーズFX nano」以外に見当たりません。
(※対象通貨ペアによって、「0.0銭原則固定」が適用される取引量の上限が異なる。詳細は公式サイトなどで確認してください)

 通常、「0.0銭原則固定」の適用時間は9時~27時と制限されていますが、相場がよく動く主要な時間帯はしっかりとカバーされているので、よほど特殊な時間帯に取引しない限り影響はないでしょう。主要な通貨ペアや人気の通貨ペアの少額取引を低コストで実現したいなら、マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」は、ぜひチェックしておきたいFX口座の1つです!

 さらに、マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」では、「ニュージーランドドル/円」などのクロス円、「南アフリカランド/円」、「中国人民元/円」、「トルコリラ/円」といった新興国通貨が絡んだ通貨ペアを含め、「0.0銭原則固定」対象外の人気の通貨ペアでも、おおむね業界上位水準のスプレッドが提供されています(適用時間や取引量などに一定の制限がある場合がある)。詳しくは、公式サイトでチェックしてください。

 ちなみに、魅力的なスプレッドが提供されているマネーパートナーズ「パートナーズFX nano」ですが、「スワップポイント」については、全体的にあまり高い水準では提供されていません。したがって、スワップポイントを狙って中長期でポジションを保有する場合は、スワップポイントを高水準で提供している他のFX口座の利用も検討したいところです。
【※おすすめの関連コンテンツはこちら!】
FXの「スワップポイント」を比較! スワップポイントが高い、おすすめのFX口座を紹介! 約40口座を対象に、高金利通貨を含む9通貨ペアを調査

 マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」を利用するなら、取引コストを重視した短期トレードを中心にトレードプランを組み立てるのがおすすめです。

米ドル/円のスプレッドが「0.0銭原則固定」! 一定の取引量ならコストがかからず取引できる!
マネーパートナーズ ⇛詳細データはこちら
マネーパートナーズの主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
100通貨 21ペア 0.0銭原則固定
(8-28時)
0.1pips原則固定 0.0銭原則固定
(9-27時)
※「パートナーズFX nano」のスペック。米ドル/円は5万通貨まで(2024年6月28日までのキャンペーン、通常は1万通貨)、ユーロ/米ドル、ユーロ/円は1万通貨までの注文量に適用されるスプレッド。「パートナーズFX」の最低取引単位、取り扱い通貨ペア数、スプレッドは上記とは異なります
マネーパートナーズのおすすめポイント
マネーパートナーズは、最低取引単位が「100通貨」の少額取引ができる「パートナーズFX nano」と、最低取引単位は1万通貨ながら高い約定力を誇る「パートナーズFX」の、2つの口座が使えるFX会社。FX初心者にもおすすめの「パートナーズFX nano」は、一定の取引量までなら米ドル/円やユーロ/円などのスプレッドがほとんどの時間帯で「0.0銭原則固定」と、コストがまったくかからず取引できるのも大きな魅力です!
マネーパートナーズの関連記事
■マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■マネーパートナーズ「パートナーズFX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼マネーパートナーズ▼
マネーパートナーズの公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

FXの「スプレッド」に関するQ&A

 ここでは、FXの「スプレッド」に関する代表的なQ&AをFX初心者にもわかりやすく紹介します。

 ・スプレッドの「原則固定」と「変動制」の違いは?

 「スプレッド」には大きく分けて2つのタイプがあります。1つは価格変動があってもスプレッドが一定に保たれている「原則固定」、もう1つは価格変動があるたびにスプレッドも広がったり縮まったりする「変動性」です。

【スプレッドの2つのタイプ】

・原則固定…価格変動があっても、原則、スプレッドが一定に保たれている

・変動制…価格変動があるたびにスプレッドも広がったり縮まったりする

 近年、日本国内では人気の通貨ペアのスプレッドに「原則固定」を採用しているFX口座が多いですが、インターバンク市場(銀行などが参加するプロの市場)では昔から「変動制」のスプレッドが一般的なので、「原則固定」のスプレッドは、あくまで個人投資家向けの例外的なサービスと言えます。

 ちなみに「原則固定」はその名のとおり、原則としてスプレッドが固定されていることを意味します。何があっても絶対に変動しないというわけではなく、状況によって変動する可能性があるという点には注意が必要です。

 また、同じFX口座内であっても通貨ペアによって「原則固定」のものと「変動制」のものが入り乱れていることや、「原則固定」の適用時間が限定されていること、さらに、期間限定キャンペーンで提供されていることもあるので、実際に取引する際は、各FX口座の公式サイトなどにあるスプレッドに関する説明に、しっかり目をとおしておくことをおすすめします。

 FX口座のスプレッドを比較する際は、値にだけに注目するのではなく、「原則固定」か「変動制」かといった点にも注目してみてください。

 それぞれ一長一短があるので、「原則固定」と「変動制」のどちらが良いかを一概に判断することはできませんが、初心者や少額取引を想定しているトレーダーは、「原則固定」で、できるだけ狭いスプレッドを提供しているFX口座が使いやすいでしょう。

・スプレッドの「提示率」とは?

スプレッドの「提示率」とは、一定期間を対象に公式サイトなどで表示されているスプレッドが、実際にどのくらいの割合で提示されたのかを表す指標です。

 各FX口座の公式サイトなどでは、通貨ペアごとに、毎月のスプレッド提示率や提示スプレッドの最小値・最大値が公開されています(FX口座によっては、全通貨ペアを公開の対象にしていない場合もある)。 

金融先物取引業協会の公式サイト

 スプレッドについては、金融先物取引業協会によって広告表示に関する自主規制が設けられており、FX会社が「原則固定」であると広告表示するためには「提示したスプレッドの95%以上が広告表示の最大値以下」でなければなりません。高い提示率を維持しているからこそ、「原則固定」と表示することができるわけです。

 FX口座によっては、95%に届かないなどの理由で、スプレッドが「原則固定」と表示されていないケースもありますが、実際に提示率を確認してみると、「原則固定」とさほど変わらない、90%超の高い率が維持されているケースもあります。

 気になるFX口座があれば、公式サイトなどでスプレッドの提示率をチェックしてみると良いでしょう。たとえ「原則固定」でなかったとしても、高い提示率を誇るFX口座であれば、ある程度、安定したスプレッドで取引できそうです。

・スプレッドが広がりやすいタイミングとは?

 一般的にスプレッドが広がりやすいのは、以下のようなときです。

【スプレッドが広がりやすいタイミングの例】

・米雇用統計や米CPI(消費者物価指数)といった重要な経済指標の発表前後

・○○ショックと呼ばれるような突発的な事件、紛争や災害などファンダメンタルズ的な要因によって突然、相場が激しく動いたとき

・NY時間の終了前や年末年始など、時間帯や季節性の要因で市場参加者が少なく、流動性が乏しいとき

 こうしたタイミングで無理に取引しようとすると、思いがけず大きな損失が出てしまうことも少なくないので、取引すること自体、あまりおすすめできません。

 どんなときに流動性が乏しくなり、スプレッドが広がりやすいのかをあらかじめ知っておくことは、取引のタイミングを検討するうえで大切なことです。

 また、通貨ペアによっても、もともと流動性が高い通貨ペアとそうでない通貨ペアが存在します。一般的に、米ドル/円のようなメジャーな通貨ペアは流動性が高く、トルコリラ/円などのマイナーな通貨ペアは流動性が乏しいものです。取引のタイミングを見極めるだけでなく、その通貨ペアが、もともと持っている流動性に関する特徴も踏まえたうえで、取引を検討するほうが良いでしょう。

・スプレッドの単位で出てくる「銭」と「pips」の違いとは?

「銭」と「pips」は、いずれもスプレッドの単位を表す言葉です。

 一般的に米ドル/円やユーロ/円など日本円が絡んだ通貨ペアのスプレッドには「銭」を使い、ユーロ/米ドルなど外貨同士の通貨ペアには「pips」を使います。

・スプレッドで発生する「実際のコストと計算方法」は?

スプレッドによるコストは、スプレッド×取引量で計算することができます。

 例えば、米ドル/円のスプレッドが0.2銭で、1万通貨の取引をした場合、コストを求める計算式は以下のとおりです。

【スプレッドで発生する実際のコストの計算例】

・0.2銭(0.002円)×1万通貨=20円
⇒スプレッドで発生するコストは20円

※取引量が10万通貨になればコストは200円、100万通貨になれば2000円となる

 簡単な計算式でコストを求めることができるので、参考にしてください。

※スプレッドは通常時の数値(基準値)、または2週間以上に渡るキャンペーンの数値を掲載しています。すべてのスプレッドの数値には例外があり、相場の急変時や流動性の低下時などは、スプレッドが拡大することがあります
※本ページの調査対象は、すべて個人口座です
※紹介しているサービス内容は当社が独自に調査したもので、原則として各FX会社の公式サイトの表記に順ずるよう記載しています
※正確な情報を提供するよう努めていますが、詳細は各FX会社の公式サイトや各FX会社の問い合わせ窓口などからご確認いただき、最終的な判断はご自身で行っていただきますようお願いいたします

■ザイFX!読者が選んだFX口座はココ!(総合ランキング)
【総合1位】GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページ
GMOクリック証券「FXネオ」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】SBI FXトレード⇒詳細ページ
SBI FXトレード
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら
【総合3位】外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページ
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合4位】ヒロセ通商「LION FX」⇒詳細ページ
ヒロセ通商「LION FX」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
1000通貨 54ペア
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
【総合5位】楽天証券「楽天FX」⇒詳細ページ
楽天証券「楽天FX」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 1000通貨 28ペア
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
【総合6位】GMO外貨「外貨ex」⇒詳細ページ
GMO外貨「外貨ex」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(8-27時)
1000通貨 24ペア
▼GMO外貨「外貨ex」▼
GMO外貨「外貨ex」の公式サイトはこちら
【総合7位】外為オンライン「外為オンラインFX」⇒詳細ページ
外為オンライン「外為オンラインFX」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
1.0銭原則固定 1000通貨 26ペア
▼外為オンライン「外為オンラインFX」▼
外為オンライン「外為オンラインFX」の公式サイトはこちら
【総合8位】トレイダーズ証券「みんなのFX」⇒詳細ページ
トレイダーズ証券「みんなのFX」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(8-29時)
1000通貨 33ペア
▼トレイダーズ証券「みんなのFX」▼
トレイダーズ証券「みんなのFX」の公式サイトはこちら
【総合9位】JFX「MATRIX TRADER」⇒詳細ページ
JFX「MATRIX TRADER」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
1000通貨 41ペア
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら
【総合10位】マネックス証券「FX PLUS」⇒詳細ページ
マネックス証券「FX PLUS」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2~0.9銭 1000通貨 16ペア
▼マネックス証券「FX PLUS」▼
マネックス証券「FX PLUS」の公式サイトはこちら
※この表は2024年6月13日時点のデータに自動で更新されているため、スプレッド、最低取引単位、通貨ペア数は、本記事公開時の情報とは異なっている場合があります。すべてのスプレッドには例外があり、流動性の低いときや相場の急変時にはスプレッドが拡大することがあります。詳しい条件や最新の情報などは、各FX会社の公式サイトなどで必ずご確認ください。

 各FX口座の詳細や、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「取引ツールの使いやすさ」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

メキシコペソ比較
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
↑ページの先頭へ戻る