ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

驚きのギリシャ国民投票でユーロに不安。
一方、米ドル/円は介入で下値不安解消

2011年11月02日(水)18:31公開 (2011年11月02日(水)18:31更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 みなさん、こんにちは。

■先週、いったんはユーロの債務問題が一服したが…

 先週、現地時間10月26日(水)に行われたEU(欧州連合)首脳会議は、10時間に及ぶ大論争の後に、やっと終結しました。

 これで「ユーロの債務問題」が解決されたと考える市場参加者は皆無でしょうが、2年前から続く「ユーロ債務危機」の解決に向けて、一歩前進しました。

 その後のユーロ/米ドルですが、前回のコラムでご紹介させていただいたとおり、節目の1.42ドルまで急騰しました。現時点の戻り高値は1.4248ドルです「『Sell in May』で避難していた資金が戻り、株高&ドル安。ユーロ/米ドルは1.42ドルへ」を参照)

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

リスクシナリオに沿ってヘッジをかけていた市場参加者のユーロの買い戻しが断続的に持ち込まれたため、「株高・ユーロ高・米ドル安」の相場が展開されたわけです。

 ドイツのメルケル首相も、フランスのサルコジ大統領も、やれやれといった感じで週末を迎えたことでしょう。

■MFグローバルの破綻でマーケットはリスクオフに一変した

 ところが、今週に入って、2つの大きなイベントが起きたため、マーケットのセンチメントが急速に悪化しています。

 まずは、米国の金融大手であるMFグローバル・ホールディングスが破産法適用を申請。10月31日(月)に次の報道が流れた後、市場は一変してリスクオフ相場に逆戻りしました。

 『米先物ブローカーのMFグローバル・ホールディングスが欧州ソブリン債投資の影響で破産法適用の申請に至った』(出所:Bloomberg)

 MFグローバルは、元ゴールドマン・サックスのCEO(最高経営責任者)であったコーザイン氏が率いる金融大手で、報道によれば、欧州の債券を購入すると同時にCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を購入し、デフォルト(債務不履行)に備えてヘッジしていたようです。

 ところが、EU首脳会議で、ギリシャ国債の50%のヘアカット(元本削減)が行われる方針が決められました。

 ISDA(国際スワップ・デリバティブ協会)が、今回のケースは、CDSでは損失補てんの支払いが発生する条件に当たらないとの見通しを示したため、窮地に追い込まれたと言われています。

 市場参加者の一部には、「MFグローバルは、ある意味ではリーマン・ブラザーズの小型版のようなもの」との指摘もあります。

MFグローバルの経営破綻により、マーケットは一転してリスクオフの様相となり、「株安・米ドル高」となって、ユーロ/円や豪ドル/円は大きく値を崩しています。

■マーケットは再びギリシャの動向に左右されそうなムードに

 もう1つ、世界を驚かせたのがギリシャの国民投票」。ギリシャのパパンドレウ首相は「国民投票でEUの救済策の受け入れを図る」と宣言し、EU諸国はこれに唖然としました。

 EU首脳会議で支援策が決められても、決まったことをギリシャ国内で実行してもらわなければ話になりません。

 あれだけ粘り強く時間をかけて交渉し、決定した支援策ですが、ギリシャの国民投票で否決されてしまえば、先週までのEUの努力は水泡に帰することになります。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る