ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

米ドル/円急落は為替市場の「2.26事件」!?
90円を割れれば、さらに下落する可能性も

2013年03月01日(金)17:36公開 (2013年03月01日(金)17:36更新)
陳満咲杜

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■「円のクーデター」とも言える大波乱

 今週は週明け、2月25日(月)から、マーケットは大波乱となった。

 米ドル/円がなんと、いきなり94.72円という2010年5月以来の高値をつけた同じ日に、一転急落し90.86円の安値をつけた。

米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 米ドル/円の急落は、2月25日(月)のNY取引時間帯に起こり、これは東京時間の2月26日(火)未明にあたるから、為替市場の「2.26事件」とも言える。

 円安トレンドに対する修正が早晩行われるだろうと予測されていたとはいえ、その激しさからしてまさに「円のクーデター」に近いものだった。

 皮肉にも、前回コラムにおける筆者の見解と懸念事項の両方が、同じ日に実現された。

【参考記事】
キーウーマンの発言に翻弄されたドル/円、今後の動きは英ポンド/円を見て予測?(2013年2月22日、陳満咲杜)

 すなわち、「1時間足における『トライアングル』の上放れによる高値更新」と、「円安トレンドがいったんトップアウトする可能性」の両方が現実となったのである。

 ただし、「円のクーデター」に翻弄され、うまくポジションを転換できなかった方が多いのではないかと推測できる。

■「トレンドの後に材料」という相場の本質を再確認したい

 日銀総裁人事やイタリア選挙事情といった材料に翻弄され、今回は「天井波乱」に関するケーススタディの好例になったと言えるのではないかと思うが、これは本質的には、マーケットの習性をもって説明できるのではないかと思う。

 すなわち、相場とはいつも大衆の意表を突くものであり、我々が過去を学習し、うまく市場の行動パターンを観察し、相場の成り行きやそのプロセスをある程度予測できたとしても、相場は同じことを繰り返さず、必ずどこかが違った結果とプロセスを見せてくれる、ということだ。

 二度と同じ川には足を踏み込めないように、まったく同じ相場がないことも、自明の理だ。

 この意味で、ファンダメンタルズ上の材料は大した意味を持たない

 イタリア政局にしろ、米歳出強制削減にしろ、本当にマイナス材料であれば、米NYダウ指数が史上最高値に迫るような強気トレンドはとても維持できないだろう。

トレンドの後に材料がついてくるものと悟れば、トレンドフォローに専念できる

■ダマシは最強のシグナル!? しばらく調整続くか

 では、米ドル/円の今後はどうなるか。前回と同様、まず1時間足におけるフォーメーションをチェックしてきたい。

【参考記事】
キーウーマンの発言に翻弄されたドル/円、今後の動きは英ポンド/円を見て予測?(2013年2月22日、陳満咲杜)

米ドル/円 1時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

  前回のコラムで指摘したとおり、米ドル/円が一時「トライアングル」を上放れしたものの、同日一転して急落、同トライアングルを完全に否定したので、典型的な「ダマシ」であったことが確認できる。

 そして、「ダマシは最強のシグナル」といった相場の教えから考えると、これから米ドル/円は切り返しを果たすよりも、さらにしばらく調整の余地があるのではないかと思う。

 シンプル・イズ・ザ・ベスト、簡潔なロジックだからこそよく効く場合が多いから、目先あれこれと悩まなくてもいいのではないかと思うわけだ。

 次にややユニークだが、米ドル/円の2時間足を…

ヒロセ通商[LION FX]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る