為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
怪しげなバイナリー業者が急増中!
信頼できる会社で取引しよう

50万円を入金したら、50万円がボーナスとしてキャッシュバックされる!? そんな超おいしそうなキャンペーンの文言に惑わされてはいけない。今、日本の金融庁から、海外バイナリーオプション業者へ出される警告書が増加傾向にあるらしい。

■ちゃんと金融庁に登録しているのは7社だけ

 あなたが使っているバイナリーオプション口座、本当に信頼できる会社だろうか?

 バイナリーオプションを取引できる会社は、ふたつに分けることができる。金融庁にきちんと登録している日本の会社と、無登録のまま営業している海外業者だ。

 「日本居住者を相手にバイナリーオプションなどの金融商品を提供するには、金融庁への登録が必要です。金融庁に登録せずバイナリーオプションを扱う海外業者が違法だとは言い切れませんが、何かトラブルがあったとき、金融庁が守ってくれないことは覚悟しないといけません」

 そう教えてくれたのは、日本で初めてバイナリーオプションを提供した会社に務めていた水野さんだ。金融庁に登録してバイナリーオプションを扱っているのは現在、下記の7社だ。

●GMOクリック証券
● FXトレード・フィナンシャル
●トレイダーズ証券
●ヒロセ通商
● IG証券
● YJFX!
●JFX

 こうした会社のホームページには登録番号が掲載されているし、ここに名前のある会社ならば安心して取引できる。しかし、そうでなければ用心が必要だ。

■今年に入り急増している海外業者への「警告書」

 「ところが明らかに日本人をターゲットにしているのに、金融庁に無登録でバイナリーオプションを扱う海外業者が増えています。そうした会社は日本語のホームページを用意し、また日本人の担当者をおいている会社も少なくありません。日本人向けの営業であることは明らかですから、日本の法律に照らせば、限りなくクロに近い」

 金融庁も問題視しているのか、こうした海外バイナリーオプション業者への「警告書」送付が昨年から急増、今年だけで15社へ警告書が送付されている。

  この表に載っている会社がすべてじゃない。表に名前が載っていなくても用心しよう。

■海外業者で相次ぐ出金トラブル

 「海外業者の多くはキプロスや英国領のタックスヘイブンなど、金融規制がゆるく法人の設立手続きが簡素な国を所在地にしています。バイナリーオプションのサービスを始めるのには、それほど元手もかかりませんから、新会社を設立するのは簡単。最初から詐欺や持ち逃げを狙った会社だってないとはいえません。トラブルがあっても、こうした国の会社を相手に訴訟を起こすのは難しいですし、資金を持ち逃げされる可能性だって少なくありません」(水野さん)

 無登録の海外業者では出金トラブルの話も絶えない。

 「海外業者でも『大手』とされる会社を使っていたのですが、300万円の利益が出たので出金しようと思ったところ、『取引規約に反した』ということで出金を拒否されました。短期間に取引を繰り返したくらいで、とくに思い当たるフシはないのですが……」

 こうした話を取材で聞かされることは少なくない。せっかく儲かっても出金できなかったら絵に描いた餅だ。

>>>超魅力的なキャンペーンの裏には・・・


 バイナリーオプションについては、以下のコンテンツでも詳しく比較・解説していますので、ぜひご覧ください。

【参考コンテンツ】
★人気のバイナリーオプションを徹底比較! 最短1分前まで購入できる商品も登場!

ザイ オンライン
ザイFX!トップへもどる
ZaiFX! Beginners

TOPICS