ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

陳満咲杜氏監修、欧米流プライスアクション
がMT4チャート上へ表示できるように!

2017年05月08日(月)東京時間 11:55

MT4チャート表示が可能! YJFX![外貨ex]は限定3000円キャッシュバック中!

スラストアップが連続して発生することは、上昇トレンドの継続を示唆、スラストダウンが連続して発生することは、下降トレンドの継続を示唆しています。

FXトレード・フィナンシャルウェブサイトより「連続スラストアップ&連続スラストダウン」
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「連続スラストアップ&連続スラストダウン」

 次に、「ランウェイアップ」「ランウェイダウン」です。

 「ランウェイアップ」は、当日の高値が過去〇日間の高値より高く、当日の安値がその後の〇日間の安値より低い状態を指します。この〇日というのは任意の日数になりますが、「FXTF Price Action」では5日に設定されています。

 そして「ランウェイダウン」は、当日の安値が過去〇日間、つまり、「FXTF Price Action」では過去5日間の安値より低く、当日の高値がその後の5日間の高値より高い状態を指します。

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「ランウェイアップ&ランウェイダウン」
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「ランウェイアップ&ランウェイダウン」

 そして、「ランウェイアップ」、「ランウェイダウン」のサインから、トレンドの強さや継続性を測ることができるということなのです。

■「スパイク」と「リバーサル」はトレンド転換を示唆

 続いては、「スパイクハイ」「スパイクロー」です。

 「スパイクハイ」は高値が前後数日の高値より明確に高く、終値が安値に近い、「スパイクロー」は安値が前後数日の安値より明確に安く、終値が高値に近い、つまり形としては、いわゆる「上ヒゲが長い足」「下ヒゲが長い足」になります。

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「スパイクハイ&スパイクロー」
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「スパイクハイ&スパイクロー」

 そして重要なのが、「スパイクハイ」の前は上昇トレンド、「スパイクロー」の前は下降トレンドであるということ。トレンド中に「スパイク」のサインが現れたら、トレンド転換する可能性が高いということです。

 2016年は米ドル/円相場で「スパイクロー」の好例が2つも見られたと、動画の中で紹介されていますが、その資料はこちら。

[FXTF MT4]陳氏動画セミナー「FXプライス・アクション理論」資料より「スパイクロー」の例
[FXTF MT4]陳氏動画セミナー「FXプライス・アクション理論」資料より「スパイクロー」の例

 左の「スパイクロー」は英国EU離脱が決定した国民投票の際の値動き、そして、右の「スパイクロー」はトランプ氏が当選した米大統領選挙の際の値動きです。

 そのままトレンド転換しているお手本のような事例の右の「スパイクロー」に比べて左側はトレンド転換しかけたもののまた元のトレンドに戻りかけていますが、陳さんの解説によると、ポイントは「スパイクロー」の際の安値を更新できていないことだそうです。

 そして、もう1つのトレンド転換を示唆するサインは、「リバーサルハイ」「リバーサルロー」

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「リバーサルハイ&リバーサルロー」
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]ウェブサイトより「リバーサルハイ&リバーサルロー」

 「リバーサルハイ」は、上昇トレンドにおいて高値更新したものの、前日の終値もしくは安値より低く大引けした状態、反対に「リバーサルロー」は、下降トレンドにおいて安値更新したものの、前日の終値や高値より高く大引けした状態です。

■エントリータイミングを計れる「インサイド」と「アウトサイド」

 最後に紹介する、「FXTF Price Action」インディケーターで表示されるサインは、「インサイド」「アウトサイド」です。

 「インサイド」はいわゆる「はらみ線」、「アウトサイド」は「かぶせ線」のこと。「インサイド」は当日の高値・安値が前日の高値・安値の中にすっぽり収まっている状態、「アウトサイド」は当日の高値・安値が前日の高値・安値からはみ出している状態です。

 日本のチャート分析と異なる点は、前日と当日の足が陰線か陽線かということは関係なく、単純に収まっているか、もしくはみ出しているかだけを見るということだそうです。

 そして、この「インサイド」と「アウトサイド」はトレンドフォローにおいてエントリーのタイミングを計るのに使えるそうです。詳しくは、陳さんのセミナー動画で解説されていますので、知りたい方はFXトレード・フィナンシャルのウェブサイトをチェックしてみてくださいね。

 それでは、ここまでに紹介したサインが…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2395人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 94841人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

■親サイト「ザイFX!」内のコンテンツ シストレ比較 ⇒EAにお任せでFXの自動売買! メタトレーダー(MT4)口座のシストレ比較はこちら

FX会社徹底比較

FX会社 スプレッド 申し込み
スプレッド(米ドル円) スプレッド(ユーロ円) スプレッド(豪ドル円) スプレッド(ユーロ米ドル)
楽天証券[楽天MT4]
詳細
0.5銭
原則固定
1.1銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.6pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4・1000通貨コース]
詳細
0.3銭
原則固定
0.6銭
原則固定
0.6銭
原則固定
~9/30までのキャンペーン
0.5pips
原則固定
~9/30までのキャンペーン
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4・1万通貨コース]
詳細
0.8銭
原則固定
1.4銭
原則固定
2.0銭
原則固定
1.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
YJFX![外貨ex]
詳細 ※MT4ではチャート表示のみ可能。取引はできない。
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.7銭
原則固定
0.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
JFX[MATRIX TRADER]
詳細 ※MT4ではチャート表示のみ可能。取引はできない。
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.7銭
原則固定
0.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ゲインキャピタル・ジャパン[MetaTrader4]
詳細
0.9銭
原則固定(13-17時は0.8銭原則固定)
1.8銭
原則固定(13-17時は1.0銭原則固定)
2.0銭
原則固定(13-17時は1.2銭原則固定)
1.5pips
原則固定(13-17時は0.9pips原則固定)
口座開設資料請求

「ザイFX!×MT4」が総力をあげてMT4が使えるFX会社の最新データを調査。徹底比較しています! 0913日更新

top-fxcompany-bottom-btn

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!×メタトレーダー(MT4)トップにもどる
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース]

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門
ザイFX!メルマガ

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。