ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

【謎】トルコリラが半年間に2回も朝7時すぎ
~7時10分すぎに急落したのはなぜか?

2018年05月25日(金)20:22公開 (2018年05月25日(金)20:22更新)
ザイFX!編集部

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■為替って、24時間取引できるはずじゃ…

 トルコリラ/円急落の本当の理由ははっきりしませんでしたが、当記事を執筆するためにいろいろと調査するなかで、記者にはどうしても気になることがありました。

 それは、くりっく365の取引時間です。

 先ほどの各社のメンテナンス時間などをまとめた表を以下に再掲載します。

再掲載
<各社の取引停止時間と決済ルール>
FX会社
[サービス名]
サマータイム中の
取引停止時間
(火曜~金曜)
追証の
判定時刻
強制決済の
タイミング
外為どっとコム
[外貨ネクストネオ]
5:55~6:10
(15分間)
制度なし
トレイダーズ証券
[みんなのFX]
5:40~6:00
(20分間)
制度なし
ヒロセ通商
[LION FX]
6:00~
(5分~30分)
制度なし
マネーパートナーズ
[パートナーズFX]
5:55~6:10
(15分間)
NY市場
終了時点
翌営業日
18時
GMOクリック証券
[FXネオ]
なし NY市場
終了時点
翌営業日
午前3時
SBI FXトレード 5:30~6:00
(30分)
取引停止
時間中
翌営業日の
終了30分前
FXプライム byGMO
[選べる外貨]
5:57~
(10~15分程度)
NY市場
終了時点
翌営業日
午前0時
サクソバンク証券
[スタンダードコース]
なし 制度なし
セントラル短資FX
[FXダイレクトプラス]
5:55~6:10
(15分間)
制度なし
くりっく365 5:55~6:55
(1時間)
取り扱い会社
による
取り扱い会社
による

くりっく365および各FX会社の取引約款や電話での確認を基に作成

 上表に記載した店頭FX会社がシステムメンテナンスなどで取引を停止する時間は、5分から最大で30分の間に集約されていますが、だいたい15分ぐらいが多いですね。

 そんななかでGMOクリック証券サクソバンク証券は、日次精算やスワップ金利の算出をしている間も休むことなく取引できます。これって簡単ではなく、かなりスゴイことなのではないかと思います!

 ところがです。

くりっく365では火曜日から金曜日は日本時間の午前5時55分に取引が終わり、翌営業日の取引が始まるのは6時55分です。つまり、1時間ものあいだ、まったく取引できない時間があるということになります。

 為替は土日を除き、平日なら24時間取引されています。その為替相場の値動きを対象にしたFX取引が、為替市場が開いているさなかに1時間も停止されるというのは、FXのいちユーザーである記者にとっても、あまり良くないことのようにしか思えません…。

■日本がシステミックリスクの震源地にならないように…

 幸い、今回のトルコリラ/円が急落した朝7時台は、くりっく365が取引を停止している時間というわけではありませんでした。

くりっく365のトルコリラ/円で1分足の「買い気配値を表示するチャート」を見ると、7時11分と12分に気配値がなくなっていますが、「約定値を表示するチャート」では、注文が約定していることが確認できました。

くりっく365のトルコリラ/円 1分足(5月23日)(クリックで拡大)
くりっく365のトルコリラ/円 1分足(5月23日)

(出所:岡三オンライン証券

 しかし、前回、トルコリラ/円が急落した2017年10月9日(月)は、少し景色が違っていました。

くりっく365の週明け月曜日の取引開始時間は午前7時10分。これは米国がサマータイム中であるかないかにかかわらず、1年を通じて固定されています。

くりっく365の取引時間
くりっく365の取引時間

(出所:GMOクリック証券

 そして、前回のトルコリラ/円の急落は2017年10月9日の月曜日に起こっていて、店頭FX会社の多くで大きく下げ始めたのが午前7時4分ごろ。その後、くりっく365の取引が始まる7時10分を少し経過してから、トルコリラ/円は反発に転じているのです。

 ということは、くりっく365でポジションを持っていると、他のFX会社で取引している人よりも、一歩遅れて対応しないといけなかったことになります。

 そして、7時10分の取引開始直後にくりっく365でストップロス注文が執行されてクライマックス的な下落を引き起こし、それによってつけた安値を底にして、相場が反転していったことも考えられました。

 あくまで推測の話にはなりますが、海外の投機筋がくりっく365の取引開始時刻を利用して、トルコリラ/円の買いポジションを狙い撃ちしたなんてシナリオも描けたわけです。そのことは、以前に公開した記事でも触れたとおりです。

【参考記事】
衝撃の13分間。崩れ落ちたトルコリラ/円の真相とは? 暴落の震源地は日本にあった!? のかも…(1)
衝撃の13分間。崩れ落ちたトルコリラ/円の真相とは? 暴落の震源地は日本にあった!? のかも…(2)

 そういったことを考えると、もしかしたら今回の7時過ぎの急落は、くりっく365の取引開始時刻が平日も7時10分からだと勘違いした海外の投機筋が、うっかりミスで7時過ぎからトルコリラに大量の売りを持ち込んだなんて、かなりうがった推測もできそうな気がするのは記者だけでしょうか…。

 それはさておき、折しも現在、金融庁ではシステミックリスクが起こらないようにするための有識者検討会が開かれています。

【参考記事】
日経は新レバレッジ規制の結論を知ってる!? 「第1回有識者検討会」で話されたこととは?
有識者から新レバレッジ規制必要なしとの声も!?春に規制ありとした日経新聞は誤報?
有識者検討会に新たな参加者もレバレッジ規制強化の声はなく…!?
風雲急!店頭FX原則禁止論まで飛び出した第4回検討会。レバ規制強化派が優位に!?

1時間という、かなり長い時間帯にわたってくりっく365に取引できない時間帯があることで、日本が震源地となるシステミックリスクが起こらないことを、心から祈るばかりです。

(ザイFX!編集部・堀之内智&井口稔)

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る