ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

9月入りで相場のセンチメントに変化…!?
米国株調整入りなら豪ドル下値余地拡大!

2018年09月06日(木)16:42公開 (2018年09月06日(木)16:42更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■上海総合指数は2700ポイントが節目に

 そして、資源国通貨である豪ドルの軟調な動きも続いています。

 その要因は、豪州の政治的な混乱もありますが、上海総合指数の続落が影響しています。以下は、上海総合指数の週足チャートです。

上海総合指数 週足
上海総合指数 週足

(出所:Bloomberg)

このコラムで何度かご紹介させていただいていますが、上海総合指数は、下げ幅が20%を超えて弱気相場入り。サポートであった3000ポイントが遠くなり、節目の2700ポイントあたりで、もみあっています。

【参考記事】
17年間も続いたサポートを割れる寸前! 豪ドルはなぜヤバい?米中貿易戦争が影響?(6月21日、西原宏一)
2018年前半の為替相場を振り返ろう! 「ローリング・ベア」で弱気相場が継続する?(6月28日、西原宏一)

 マーケットのウワサによれば、2700ポイントというレベルは、中国当局が意識しているレベルであり、下げ渋っていると言われています。ただ、米中貿易戦争が激化する中で、上海総合指数の上値は極めて限定的です。

■豪ドルの軟調な動きは継続…

 この上海総合指数の続落が豪ドルに大きな影を落とし、豪ドルの下落トレンドは継続

 豪州経済は中国経済にかなり依存していることから、中国経済の失速が豪州経済を低迷させているわけです。

【参考記事】
米国の対中関税第3弾が今週にも発動!? 米ドル安に誘導したいトランプはどう動く?(9月3日、西原宏一&大橋ひろこ)

 そして、前回のコラムでご紹介させていただいたように、中国や豪州から流出した資金は、米ドルだけではなく、欧州に流れ込んでいる模様。

【参考記事】
トランプ政権が米ドル安に向けて動く!?欧州通貨上昇。米ドル一人勝ち相場終焉か(8月30日、西原宏一)

 つまり、ユーロ/豪ドルは続伸中

ユーロ/豪ドル 日足
ユーロ/豪ドル 日足

(出所:Bloomberg)

 ユーロ/豪ドルについては、豪ドルの要因だけではなく、ユーロ/米ドルが1.1500ドルで底固めをしていることも、上昇に弾みをつける要因となっています。

 1.6000豪ドルを回復したユーロ/豪ドルは、本稿執筆時点で1.62豪ドル台を回復。目先のターゲットを1.6600豪ドルに置いています

 投資資金は、スイスにも移動しているようで、スイスフランは対米ドルだけではなく、対豪ドルでも続伸中です。

米ドル/スイスフラン 日足
米ドル/スイスフラン 日足

(出所:Bloomberg)

豪ドル/スイスフラン 日足
豪ドル/スイスフラン 日足

(出所:Bloomberg)

 この環境下、前述の報道のように、仮に、米国株が調整するようであれば、リスクオフにより、豪ドル/円の下値余地も大きく拡大することになります。

 先週(8月27日~)に引き続き、ユーロ/豪ドルは続伸。

 米国のレイバーデイ明けの相場のセンチメントが変貌し、株が調整となれば、豪ドル/円も動意づくと想定されます。

 引き続き、豪ドルクロス(豪ドルと米ドル以外の通貨との通貨ペア)、ユーロ/豪ドルや英ポンド/豪ドル、豪ドル/スイスフラン、そして、豪ドル/円の動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る