ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
エミン・ユルマズの「トルコリラ相場の明日は天国か? 地獄か?」

トルコショック第二波はもうやって来ない!?
トルコリラ/円は年内20円前後で推移か

2018年10月26日(金)15:12公開 (2018年10月26日(金)15:12更新)
エミン・ユルマズ

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 サウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏がイスタンブールのサウジアラビア領事館で殺害された事件は、引き続き波紋を呼んでいます。

【参考記事】
中間選挙まで2週間。大統領は株価を意識!? 決算本格化で「業績相場」が盛り上がるかも(10月22日、西原宏一&大橋ひろこ)

■トルコ、カショギ氏殺害の証拠を外交手段に利用?

 この事件に関しては、当初からトルコがイニシアチブを取っていて、世界的なメディアキャンペーンを行っています。

 トルコメディアは、世界で初めて「カショギ氏はサウジ領事館に入ってから行方がわからなくなっている」と報道しましたが、当初、サウジアラビアはこれを否定しました。すると、トルコ政府は、カショギ氏が領事館に入って二度と出て来ないという映像を公開しました。次に、トルコメディアは彼が殺害されたと報道し、サウジ政府はこちらも否定しましたが、トルコ政府はまたすぐに証拠を公開しました。

 つまり、トルコは最初から、カショギ氏殺害の詳細な情報まで把握しているのに、それを小出しにし、サウジアラビアを窮地に追い込んだのです。

 両国はサウジによるカタールへの経済制裁で対立し、関係が悪化していました。トルコはカタールへの制裁に反対し、カタールに物資を届け、おまけに、カタールがサウジに攻撃されないように軍事基地まで作りました。

 それではなぜ、トルコは情報を小出しにしながらサウジを追い込むことにしたのでしょうか。それは、サウジから好条件を引き出すためだと思われます。また、トルコ政府はこの事件をきっかけに、サウジだけではなく、米国とも条件交渉をしているのではないかと考えられます。

 トルコリラが急落し、トルコの外貨ニーズが高まるなか、トルコへの経済支援や、米国によるトルコへの経済制裁の解除、サウジによるカタールへの制裁の解除もしくは緩和を、トルコが握っている証拠と引き換えにしようとしている可能性があるのです。

 いずれにせよ、10月12日(金)にブランソン牧師が釈放されてから、トルコの外交交渉力が高まっていて、その影響はトルコリラの追い風になっています。

【参考記事】
ブランソン牧師釈放。経済制裁解除も近い!? トルコリラ/円は20円超えに向けて上昇中!(10月17日、エミン・ユルマズ)

トルコリラ/円 4時間足
トルコリラ/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:トルコリラ/円 4時間足

■サウジアラビアの孤立ぶりはヨルダンの動きからもわかる

 カショギ氏の事件が話題になったことで、あまり注目はされませんでしたが、実は、中東で別の大きな動きがありました。今まで、サウジアラビアと親密な関係を築いていたヨルダンが、今後、トルコ、カタール、シリアとの関係を改善していくことを決めたのです。これはアブドラー国王自ら発言していますので、間違いないと思います。

 また、ヨルダンは、サウジアラビアと結び付きのあるイスラエルに対して、貸与していた土地を返還することを求めました。ヨルダンは、これまでイスラエルとも良い関係を築いてきた国なので、これも驚きです。ヨルダンの動きからもわかるように、サウジアラビアは中東で孤立してしまっています。

■トルコショック第二波の可能性は低い。年内は20円前後か

 トルコリラにとって大きなイベントは、昨日(10月25日)、行われたトルコ中銀の政策会合でした。トルコ中銀は今回、政策金利をいじらず、据え置きにしました。これは私が前回のコラムでも予想したとおりですし、市場のコンセンサスでもありました。

【参考記事】
ブランソン牧師釈放。経済制裁解除も近い!? トルコリラ/円は20円超えに向けて上昇中!(10月17日、エミン・ユルマズ)

 政策金利据え置き後のトルコリラは、安定した動きを見せています。

トルコリラ/円 15分足
トルコリラ/円 15分足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:トルコリラ/円 15分足

 トルコ政府とトルコ中銀は、10月にインフレ率の上昇が減速したと考えています。個人的にも、9月は異常な上昇を見せていたので、10月に減速する可能性は高いと考えます。

【参考記事】
トルコ中銀は年内にさらなる利上げが必要!? 米国人牧師の釈放期待後退で相場要注意(10月10日、エミン・ユルマズ)

トルコCPIの推移(前月比&前年比)
トルコCPIの推移(前月比&前年比)

(出所:Bloomberg)

メインシナリオとして、トルコリラは、年内は安定した動きを見せ、トルコリラ/円で20円前後の水準を保持すると考えます。ブランソン牧師の釈放やカショギ氏殺害事件などが原因で、トルコと米国・サウジの関係が改善し、トルコの立場が強くなったので、トルコショックの第二波が訪れる可能性は非常に少なくなったと考えます。

トルコリラ/円 日足
トルコリラ/円 日足

(出所:Bloomberg)

トルコリラが取引できるFX会社
FX会社徹底比較!:トルコリラ/円が取引できるFX会社はここだ!

政策金利が50%!?トルコリラ/円のスワップポイントを比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 人気FX会社ランキング CFD口座おすすめ比較
田向宏行 人気FX会社ランキング CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る