ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米中首脳会談後、米ドル/円は下落再開へ。
依然として、100円に向けた下落過程にあり

2019年06月27日(木)17:27公開 (2019年06月27日(木)17:27更新)
西原宏一

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■FRBの年3回利下げ予測には違和感

 みなさん、こんにちは。

 先週(6月17日~)のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、利下げへの道筋がより明確になったことを背景に、米ドル/円は続落。

 ブルームバーグによると、次回のFOMC(7月30日~31日)での0.25%の利下げの織り込み度は100%。0.50%の利下げ織り込み度は、一時38%まで上昇していました。

前回のコラムでも触れましたが、米国の景気が良好で、米国株が史上最高値圏近くで推移している環境であるにも関わらず、(予防的措置として?)来月(7月)の0.25%の利下げ、年末までに3回もの利下げが行われると予測することに、個人的には違和感を持ったままです。

【参考記事】
7月FOMCの利下げ織り込み度は100%。米国債利回り低下でドル/円は下落継続!(6月20日、西原宏一)

■米ドル/円は107円割れで下げ止まる

 ただ、そうした予測は根強く、米国株は続伸。

 米国株はおしなべて、史上最高値近辺まで急伸しました。

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:Bloomberg)

 一方、米金利の低下で米ドル/円も続落。

 米ドル/円は久しぶりに107.00円を割り込み、一時106.78円まで下落

 ただ、米ドル/円の107.00円レベルは(1月3日のフラッシュ・クラッシュによる瞬間的な104.87円までの急落を除くと)、今年(2019年)のほぼ安値圏となります。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

 そのため、この107.00円がテクニカル的に非常に重要なサポートとなります。

 その重要なサポートレベルである107.00円レベルでは、本邦機関投資家の米ドル買いが断続的に持ち込まれたこともあり、米ドル/円は下げ止まり。

 加えて、マーケット参加者の懸念を代弁するかのようにセントルイス連銀のブラード総裁が、「FRBが7月に利下げする確率が高まったとするも、0.50%は行き過ぎだ」と指摘。

 このブラード総裁のコメントをきっかけに米金利先物市場での来月(7月)の0.50%の利下げ織り込み度は、38%から一気に20%に急低下。これにより、米ドル/円は107円台ミドルを回復しました。

 一方、ムニューシン米財務長官は、米中の合意まで約90%のところまできていたと強調。さらにロス商務長官も、通商協議の再開に期待を示した模様。

米中の合意まで約90%のところできていたと、ムニューシン米財務長官は強調。G20サミットでの米中首脳会談の行方は… (C)Bloomberg/Getty Images

米中の合意まで約90%のところまできていたと、ムニューシン米財務長官は強調。G20サミットでの米中首脳会談の行方は… (C)Bloomberg/Getty Images

 こうした米高官からの一連のコメントにより、米ドル/円は108円台を回復。本邦執筆時点では、一時108.12円まで反発しています。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 1時間足

 一方、トランプ大統領はG20サミットでの…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る