ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

米ドル/円に2つのシナリオ。いずれにせよ
大幅な円高はなく103円台後半が円高の限界

2019年08月30日(金)16:08公開 (2019年08月30日(金)16:08更新)
陳満咲杜

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

■強烈なトランプ砲にもかかわらず米ドル/円が底堅いのは?

 何回も言ってきたように、ファンダメンタルズ上の材料が最悪にみえ、市場心理もとっても暗い。

 しかし、米国株はブル(上昇)基調を維持し、米経済をはじめ世界経済の景気後退という可能性はあっても、今すぐというわけではない。

 トランプ砲の炸裂(中国はいらないと言い切った)で米中開戦前夜とさえ思わせるような危険な雰囲気だったにもかかわらず、米中対立が始まった2018年3月安値よりわずかな下値しかトライできず、また、2016年6月安値を割り込んでいない

米ドル/円 週足(クリックで拡大)
米ドル/円 週足チャート

(出所:TradingView

 本来なら、ここまでの悪材料の噴出、また、市場心理の悪化があれば、今はすでに100円の節目割れを果たしているだろう。それがまだ見られていないのであれば、やはり、2015年高値を起点とした大型保ち合いという相場の内部構造が成立しているほか考えられない。

■「トレンドの期間」に注目すると、大きなヒントが得られる!?

 となると、前述の2つのシナリオのうち、どちらがより可能性が高いかと聞かれれば、筆者はあえて「すでに底打ち」した可能性に注目したい。

 前述のレポートの分析以外に、一番大きなヒントはまた、先ほど掲載したチャートにある。

米ドル/円 週足(再掲載、クリックで拡大)
米ドル/円 週足チャート

(出所:TradingView

 それはほかならぬ、期間の概念である。2011年安値から2015年高値まで、米ドル/円は雄大な円安トレンドを形成していたからこそ、2015年高値から大型トライアングル型の保ち合いをもたらしたわけだ。

 要するに、保ち合いは途中のスピード調整なので、今後のブルトレンドの継続に必要な土台である。

 ここで注目していただきたいのは、トレンドの期間だ。

 2011年安値から2015年高値まではおおむね187週間を要した。そして、2015年高値から2019年1月安値までに要した期間もおおむね同じであった。これは決して偶然ではなく、相場の内部構造を示す大きなヒントである。

 つまるところ、なぜ1月3日(木)安値までの「フラッシュ・クラッシュ」が発生したか、そして、なぜ8月26日(月)の安値が「ダマシ」の可能性が大きいかは、この大きなヒントをもって解けるわけだ。謎解きはまた次回、市況はいかに。

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 経済指標速報記事 トレーディングビュー記事
田向宏行 経済指標速報記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る