ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

英ポンド/米ドルは次の上昇がエリオット
波動の5波動目!? ユーロは戻り売りで!

2019年11月26日(火)13:00公開 (2019年11月26日(火)13:00更新)
バカラ村

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

■米中の懸念材料に金融市場は反応せず

 為替市場は、全体的に横ばいの推移が続いています。

 米中の通商交渉は難航しており、第1段階の合意内容だけでなく、日程もまだ決まっていない状態が続いていることから、為替市場は方向感のない推移となっています。

「香港人権・民主主義法案」が、米議会で可決しましたが、トランプ大統領が署名すれば、正式に成立となります。

 これを受けて中国は、成立すれば報復措置をとることを示唆しています。

 リスク回避の材料となりますが、まだ、トランプ大統領は署名していません。ただ、トランプ大統領が署名を拒否したとしても、再度、上下両院でそれぞれ3分の2の賛成があれば成立することから、この法案は成立する可能性が高いと思われます。

 そうなると、米中の関係は悪化することになりますが、金融市場はこれには反応しておらず、米国株は上昇しており、米ドル/円は108円台での推移が継続しています(※)

(※編集部注:本記事の寄稿後、11月26日(火)の東京時間に米ドル/円は一時、109円台へ上昇した)

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:Bloomberg)

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足チャート

(出所:TradingView

■最悪の状況は回避か。米国側も歩み寄り!?

 楽観的な材料としては、「米中の第1段階の合意が12月15日(日)までにできなかったとしても、追加関税は延期される可能性がある」との報道があります。一番懸念していた、消費財が含まれる品目への追加関税が延期される可能性があることから、この報道が正しければ、最悪な状況にはならないと考えています。

 トランプ大統領は9月の時点では、「部分合意を求めない」と発言していましたが、今は「第1段階の合意」と言葉を変えて、部分合意ともいえる合意をしようとしています。そう考えると、米国側も歩み寄っている状況だと思います。

 今回の香港人権・民主主義法案も、トランプ大統領が署名を拒否しても成立する可能性が高いため、署名をしてもいいと思いますが、それがまだされていないということは、トランプ大統領は米中の関係を悪化させたくない、とも受け取れます。

ドナルド・トランプ米大統領の写真

香港人権・民主主義法案は、仮にトランプ大統領が署名を拒否しても議会によって成立する可能性が高い。それでも署名しないのは、トランプ大統領が米中の関係を悪化させたくないと考えている証拠かもしれない (C) Chip Somodevilla/Getty Images News

 リスク回避の材料があるにも関わらず市場は反応しておらず、米中の関係も、これ以上の悪化はなさそうです。FRB(米連邦準備制度理事会)の金融政策が緩和方向に向いていることもあり、米国株はリスク選好が継続しています。

■英PMI悪化で英ポンドはレンジ下限へ

 英国では、12月12日(木)の総選挙を前に、世論調査で振らされる動きとなっていますが、保守党が優位となっていることから、英ポンドは底堅い状態が続いています。

 ただ、11月22日(金)に発表された、英11月サービス部門PMI(購買担当者景気指数)は48.6と、50を下回る悪い数字となりました。また、同製造業PMIも48.3と悪く、英ポンド/米ドルや英ポンド/円は、レンジ下限付近まで下落しました。

英国のPMIの推移

※BloombergのデータをもとにザイFX!が作成

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足チャート

(出所:TradingView

■英ポンドは次の上昇で5波動目に突入か

 英ポンド/米ドルは、まだレンジ内での推移が続いていますが、エリオット波動的には、いまだに4波動目の時間調整だと考えています。

【参考記事】
ポンド/ドルはエリオット波動の4波動目。教科書的には1.33ドル台へ上昇しそう(11月19日、バカラ村)

 4波動目の中の、さらに小さな波動カウントからは、現在の下げが調整の最後の波動となり、次に上昇が始まったときが、5波動目になる可能性が高いのではないかと考えています。

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

■今週は米感謝祭。年末商戦へ

 今週(11月25日~)は、28日(木)に米感謝祭の祝日があり、それ以降は、年末商戦に入っていくことになります。

 ここでリスク回避の材料が出てくると、年末商戦にも影響してくるため、トランプ大統領としては、米中の第1段階の合意をしたいのではないかと思います。

 ただ、株式市場はリスク選好になっているものの、為替市場にはリスク選好の動きが出てきていない状態が続いています。

 ほとんどが横ばいですが、その中でも、ユーロや豪ドルは、上値の重い状態が続いています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView


 豪ドルは、11月19日(火)にRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])理事会の議事要旨が公表され、その中で、利下げを検討していたことがわかりました。来年(2020年)もまだ、利下げをすることが見込まれています。

 また、本日(11月26日)は、ロウRBA総裁の講演もあり、ハト派な内容になりやすいのではないかと思います。

【参考記事】
米ドル/円の下げは限定的か。リスクオン継続の中、豪ドル/米ドルの200日線に注目!(11月5日、バカラ村)
政治的要因に変化なく、レンジ相場続くか。レンジトレードの4つのポイントを考察!(11月21日、今井雅人)

■ユーロ/米ドルは戻り売りの繰り返し

 ユーロも、ラガルドECB(欧州中央銀行)総裁の講演があり、財政出動の必要性を強調する内容もあったものの、ECBの金融緩和策は継続していくことが示されています。

 ドイツの経済指標も下げ止まりを見せていることから、ユーロを積極的に売る状況ではありませんが、ユーロ圏のマイナス金利からは、ユーロを買い続けるのも難しく、財政出動となるまでは、ユーロは戻り売りの通貨ではないかと考えています。

ユーロ/米ドルは、1.10ドルを中心とした推移が続いていて、トレンドがないものの、戻り売りを繰り返すような状況がまだ、続くのではないかと考えています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る