ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

米大統領選はバイデン氏勝利が既成事実化。
米ドル安継続、豪ドル/米ドルの押し目買い!

2020年11月09日(月)15:57公開 (2020年11月09日(月)15:57更新)
西原宏一&大橋ひろこ

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■菅総理もバイデン氏に祝福のツイート

米大統領選は、バイデンさんの勝利となりそうですね。

 

トランプさんからの敗北宣言は、まだ出ていませんが、菅総理が祝福のツイートを発信するなど、既成事実化しつつあります

【参考記事】
米大統領選とは? 制度のしくみや特徴、米ドルなどの為替相場や株価への影響を解説

今後、トランプさんからの訴訟が進むのでしょうが、これだけ差がつくと、バイデン勝利で確定といっていいでしょう。

残る焦点は議会選挙。民主党が上院も制して「トリプルブルー」となる可能性は、まだ残されています。

ジョージア州で過半数を獲得した候補者がいなかったため、2021年1月に決選投票となります。

 

得票率では共和党候補が優勢なため、上院は共和党が確保すると思いますが、僅差であり、不透明な状態が続きます。

■財務長官候補は「GAFA解体」を主張!?

米大統領選を受けて、株式市場は上昇しています。

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:TradingView

ご祝儀相場というよりは、結果が出ないと動けない投資家が動き始めた、ということなのでしょう。

 

ここからは、バイデン政権の人事へと注目点が移行します。

国務長官に挙がっているのが、スーザン・ライスさん。オバマ政権時代に大統領補佐官などを務め、親中派と目される女性です。

日本にとっては、諸手を挙げて歓迎とはいかないですね。

 

一方、財務長官には、米大統領選の予備選にも出馬していたエリザベス・ウォーレン上院議員や、ブレイナードFRB(米連邦準備制度理事会)理事などが候補となっています。

ウォーレンさんは金融規制の強化や「GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)解体」などを主張していた人ですね。

ウォーレン財務長官が誕生すれば、株式市場にはネガティブでしょうね。

■30兆円の大規模補正で1月解散へ

増税を掲げる米大統領の誕生を、株式市場がどこで織り込み始めるのかが気になりますが、今日(11月9日)の日経平均も強い。

 

前場は2万4799円と、1991年11月以来の高値まで達しています(※)。

(※編集部注:後場には一時、2万4963円まで上値を伸ばし、日中高値を更新した)

日経平均 日足
日経平均 日足チャート

(出所:TradingView

チャート的には買われすぎ水準にありますから、警戒が必要です。

 

一方、米大統領選が終わり、日本でも解散風が吹き始めましたね。

第3次補正予算の編成作業が、明日(11月10日)にも始まる見通しです。

 

当初は、10兆円から15兆円と言われていましたが、自民党の世耕参院幹事長は「30兆円ぐらいの規模があっていい」と発言しています。

 

与党幹部からは「1月解散」を示唆する声も出ており、2021年1月に総選挙となれば、日本への注目度が高まるかもしれません。

■米ドル/円の下落はどこまで続くのか?

為替市場では米ドル安が再開し、ユーロ/米ドルは1.19ドル直前まで、豪ドル/米ドルは0.73ドル手前まで上昇してきました。

【参考記事】
米大統領選でバイデン氏勝利・上下両院も民主党優勢なら、ユーロ/ドルは1.24ドルへ!?(10月27日、バカラ村)

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

米ドル/円も固いサポートだった104円を、やっとブレイクしました。

 

内外実質金利差の縮小などもあり、本邦勢が外債投資を手控えているようで、円安要因が剥落し始めています。

 

こうしたことも、円高が進んだ要因でしょうか。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

下期以降、大手生保などは外債よりも、日本国債を選好する動きが強まっているのはたしかですね。

【参考記事】
米ドル/円、104円が決壊すれば100円へ! 「トリプルブルー」でリスクオンは本当?(10月29日、西原宏一)
米ドル/円は、大統領選をきっかけに大きく動く可能性! 選挙前に104円割れはないか(10月26日、西原宏一&大橋ひろこ)
米大統領交代で円高になれば、米ドル/円は100円を割り込み、少し大きな動きになるか(10月28日、志摩力男)

■一挙に95円、90円への下落はなさそう

日経平均と米ドル/円の相関性が切れていますが、これは続くのでしょうか?

日経平均(左軸)と米ドル/円(右軸) 日足
日経平均と米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

足もとでは、株高・円高となっていますが、では、「株が下がれば円安になるか」と言われると、ピンときません。

 

FRB(米連邦準備制度理事会)が大規模な金融緩和を長期間、継続する以上、米ドル安は続くのでしょうし、過去、民主党政権下では円高になりやすいイメージもあります。

 

ただ、100円を割って、一挙に95円、90円ということもないでしょう。

■インフレを警戒した株高・ゴールド高・ビットコイン高

米ドル安の影響で、ゴールド(=金)が上昇しています。

 

株とゴールドが同時に買われるのは、インフレ警戒が高まっている、ということの示唆ですね。

NY金 日足
NY金 日足チャート

(出所:TradingView

ビットコインも上昇していますからね。

ビットコイン/円 日足
ビットコイン/円 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → 仮想通貨リアルタイムチャート:ビットコイン/円(BTC/JPY) 日足

世界的な金融緩和で、法定通貨の価値が毀損されることへの警戒感もあるのでしょう。

 

そんな中、今週(11月9日~)は、ニュージーランドの中銀会合が開催されます。マイナス金利の導入も取り沙汰されていますが…。

今回は、据え置きの見通しです。動くとしても、まだ先なのでしょう。

■豪ドル/米ドルの押し目買い方針で!

今週(11月9日~)の戦略は、どう考えますか?

米ドル安の継続を見込んで、米ドル売りの継続でいいでしょう。

 

ユーロ/米ドルが上昇していますが、ユーロ圏での新型コロナ再拡大が懸念され、また、1.19ドルにある31億ドルのオプションが、上値を抑える可能性があります。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

そのため、今週は、豪ドル/米ドルの押し目買いでいいのではないでしょうか。

 

ターゲットは短期では0.75ドルと見ていますし、中期では変わらず、0.80ドルと考えています。

【参考記事】
新型コロナ感染者が少ない豪州に注目! 豪ドル/米ドルは0.75ドルを目指す展開に(11月5日、西原宏一)

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

CFD口座おすすめ比較

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一のトレード戦略指令!

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る