ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

第8回 金融セクターに悪い材料が出て、
パニックになった時のトレード戦略

2009年02月17日(火)東京時間 10:37

ストラテジー数世界1位 人気の自動売買は…

※この記事は2009年に公開された記事であり、内容に一部古い情報を含みます

【各社CFD取引の最新スペックはこちらでチェック!】

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

「第7回 CFDで取引できる世界各国の株価指数の特徴とは?(2)」
からつづく)

——各国の株価指数は似たようなものかと思っていたのですが、意外と違いがあるんですね。では、次にCFDで個別株をトレードするとしたら、どんな銘柄がいいのでしょうか?

■小型株のCFDを避けた方がよい理由

 先ほどからお話ししているとおり、CFDは短期投資、特にデイトレに向いていると私は思っています「第4回 CFDで『バフェット流』や『さわかみ流』はあり得ない」参照)

 そうなると、投資対象のボラティリティ、つまり値動きの荒さが銘柄を選ぶ上で大事な点になってくるのです。

 ただ、ボラティリティは単に大きければ何でもよいというわけではありません。なぜなら小型株などで出来高が少なく、ボラティリティが大きい銘柄は掃いて捨てるほどあるからです。

 問題はそれらの出来高の少ない銘柄はCFD会社が注文を受けてカバーしにいく際も、流動性が低い関係で原株の手当てが困難であるケースが多い点です。

 すると、そのようなカバーが難しい銘柄のCFDのスプレッド(買値と売値の差)は大きくならざるを得ません。それは個人投資家にとって、その銘柄では有利な取引がしにくいことを意味します。

 ですから、一般論として、小型株のCFDは避けた方がよいと言えるでしょう。

■理想はボラティリティが高く、出来高が多い銘柄

 デイトレーダーにとって理想的な原資産とはボラティリティが高く、しかも出来高が多い銘柄です。

 そういう銘柄には独特のクセのある動きをする銘柄が多いのです。「仕手株」という言葉がありますが、イメージとしてはむしろそういう株の方が利用価値が高いわけです。

 株式市場には特定のマーケット環境下で「お定まり」の反応を示す銘柄が数多くあります。それらの「クセのある動き」をたくさん知っていればいるほど、CFDでは勝算が見込めるのです。

■CFDでシナリオトレード!

 たとえば、原油価格が下がるシナリオではどういう株が動くとか、住宅販売が不調ならどういう株が動くとか、そういう「風が吹けば桶屋が儲かる」式の連想ゲームのパターンを数多く覚えておくと、うまくトレードできると思いますよ。

 この、「風が吹けば桶屋が儲かる」という連想による売買と通常の株式投資の考え方の根底にある、「強い会社、良い会社」に投資するという姿勢は似ても似つかぬものですね。

 以下は米国のヘッジファンドが値幅取りに使う典型的な銘柄です。これらの銘柄はすべて先ほどお話しした「ボラティリティが高く、しかも出来高が多い」という特徴を備えています。まずはこのあたりの銘柄からトレードの練習をするとよいのではないかと思います。

——USスチール(ティッカー:X)やモルガン・スタンレー(ティッカー:MS)は聞いたことがありますが、他の銘柄は耳慣れないものですね。投資銀行最大手はゴールドマン・サックス(ティッカー:GS)ですが、同社ではなく、モルガン・スタンレーが典型的銘柄として挙がっているのは何か理由があるのでしょうか?
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2384人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 92299人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
広瀬隆雄の「ウワサのCFD徹底講座」
広瀬隆雄 (ひろせ・たかお)

慶応大学法学部卒業。三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、CFD取引の対象となる海外の原資産に精通している。米国カリフォルニア州在住。

執筆者のサイト
「Market Hack」(外国株ひろば Version 2.0)

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★【非売品】トラリピ犬さんの次世代型トラリピ設定レポートつきハンドブック『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiとトラリピ犬さんが作ったほったらかしFXで稼ぐ!』(開設で)+最大60,000M2Jポイント※48,000円相当(300万通貨以上の新規取引で。50万通貨ごとに10,000M2Jポイント)・マネースクエア[マネースクエアFX](9月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。12万通貨以上の新規取引では5,000円。)+10,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクト、自動売買パネルによる33万通貨以上の新規取引で。)・インヴァスト証券[シストレ24](9月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](7月31日まで)
  • 10,000円キャッシュバック(自動売買セレクト、自動売買パネルによる33万通貨以上の新規取引で。)・インヴァスト証券[トライオートFX](9月30日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+1,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と開設で)・JFX[MATRIX TRADER](7月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!スキャルならJFX!

link

ザイFX!限定で3000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後の取引で3000円がもらえる!

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.06107.93

USDJPY

ユーロ/円-0.25121.22

EURJPY

英ポンド/円-0.70134.31

GBPJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

07月15日更新


どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 07月11日更新

市場の過剰反応は利益を上げるチャンス! 米ドル/円は逆張りが有効?







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果