ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

重要指標を控えてドルは高値張りつきでの小動き、
介入警戒でドル円とりあえず一段高は抑えられているが

2022年10月11日(火)15:02公開 (2022年10月11日(火)15:02更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は日本もアメリカもお休みだった。そのため大きな材料には乏しかった。結局は先週の金曜日の雇用統計の結果を受けた続きをやるだけの形となった。米国株は続落となったが、肝心の債券市場は休業。かろうじてやっている債券先物も動きが鈍い。

 為替相場でもドル高の流れは継続しており、ユーロドルは0.96台まで足を突っ込んでいる。ドル円は当局の警戒感もあるようで、一方的に加速したドルの上昇は妨げられている格好だ。それでも145円台の後半でステイしているあたり、もう上サイドに行きたくて仕方がないのであろう。日銀の介入分はすべて吹き飛んだ事になる。

 今週はPPI,CPI、小売売上高と、重要指標の3連発が控えている。なかでも木曜日のCPIは注目を集めている。11月2日のFOCMの決定までに、最後のインフレ指標となるからだ。

 しかしすでに雇用環境では労働力の逼迫感や底堅さが確認されているので、若干のインフレ率の低下だけでは顕著なドル金利の低下にはつながらないだろう。マーケットでは景気後退を恐れての金利低下シナリオがあるのだが、重要な意味を持つ雇用がタイトでは賃金インフレも心配材料になり得るし、利上げペースの鈍化には持っていけないだろう。

 昨日は休日だったので、為替レートの値幅も小さかった。しかし緊張を強いられるレベルにまで再び来ていることも事実だ。ドル円の147台乗せやユーロの0.95台を早く見てみたいところだが、来月までお預けかもしれない。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る