ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

【人気】ザイFX!口座開設者限定キャンペーン実施中のヒロセ通商[LION FX]

  • 2016年08月05日(金)21時15分
    【まもなく】米・7月非農業部門雇用者数の発表です(日本時間21:30)

     日本時間5日午後9時30分に米・7月非農業部門雇用者数が発表されます。

    ・米・7月非農業部門雇用者数
    ・予想:+18.0万人
    ・6月:+28.7万人

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月05日(金)21時10分
    【NY為替オープニング】米雇用統計、良好でも利上げドルの上昇限定的に

    ◎ポイント
    ・米・7月非農業部門雇用者数(予想:+18.0万人、6月:+28.7万人)
    ・米・7月失業率(予想:4.8%、6月:4.9%)
    ・米・6月貿易収支(予想:-430億ドル、5月:-411億ドル)
    ・米・6月消費者信用残高(前月比予想:+160.00億ドル、5月:+185.58億ドル)

     5日のニューヨーク外為市場では米7月雇用統計に注目が集まる。7月雇用統計は9月の利上げの可能性を探る上で重要な材料となる。米国の4−6月期国内総生産(GDP)が2%を割り込み予想の半分にも満たない成長にとどまったため、年内の利上げ観測が大幅に後退した。また、欧州連合(EU)離脱決定が世界経済に一段の不透明性を加えたため、主要各国の中央銀行が追加緩和に踏み切るとの思惑が強まる中、米国も利上げの余地を一段と狭める。

    英国は国民投票前まで次の行動が利上げとしていたが、欧州連合(EU)離脱決定を受けて7年ぶりの利下げに踏み切った。また、予想外に資産購入規模も拡大し、カーニー総裁は、底割れを回避するため「必要となるどんな措置もとる」と、断固として姿勢を示し追加緩和も示唆。欧州中央銀行(ECB)、日銀など、追加緩和に踏み切るとの観測も根強い。しかし、米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーは9月、あるいは年内の利上げの可能性を完全に除外していない。

    市場エコノミストは7月雇用統計で失業率が4.8%へ6月4.9%から低下し、非農業部門雇用者数が18万人と、6月の28.7万人から伸びが鈍化すると見ている。6月分は28.7万人増と、4月、5月の弱い雇用と相殺した。しかし、年初来の平均は17.2万人と、2015年同期の平均22万人を下回り、労働市場の拡大ペースが鈍化していることは明らか。賃金の伸びにも注目が集まる。

    米ダラス連銀のカプラン総裁は「8万人から12.5万人以上の雇用の増加は経済のたるみ解消につながる」と述べており、8万人以上の増加でも、経済の成長を依然支援すると見ているようだ。ブラード・セントルイス連銀総裁は、「労働市場の回復ペースの鈍化は労働市場が最大雇用に達した証拠」と判断している。ただ、雇用統計がかなり良好な結果となったとしても、市場の米国の利上げ観測を大幅に押し上げる可能性は少なくドルの上昇も限定的と見る。市場の米国経済への警戒感は強く、逆にネガティブサプライズとなった場合、景気後退(リセッション)観測を強めドル売りに拍車をかける可能性がある。

    *雇用統計ポイント
    ・非農業部門雇用者数は18万人増が予想されている。6月分は28.7万人増と、4月、5月の弱い雇用と相殺した。年初来の平均は17.2万人と、2015年同期の平均22万人を下回る。

    ・失業率の年初来平均は4.9%で、15年の平均5.3%を下回る

    ・平均時給は前月比+0.2%と、6月+0.1%から上昇見通し、前年比+2.6%予想

    ・ドル・円は、200日移動平均水準の112円87銭を下回っている限り下落基調。
    ・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1079ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能 性。 ドル・円101円05銭、ユーロ・ドル1.1155ドル、ユーロ・円112円72銭、ポンド1.3168ドルで寄り付いた。

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月05日(金)21時03分
    【NY市場の経済指標とイベ ント】:8月5日

    [欧米市場の為替相場動向]

    日本時間8/5
    ・21:30 米・7月非農業部門雇用者数(予想:+18.0万人、6月:+28.7万人)
    ・21:30 米・7月失業率(予想:4.8%、6月:4.9%)
    ・21:30 米・6月貿易収支(予想:-430億ドル、5月:-411億ドル)
    ・21:30 カナダ・7月失業率(予想:6.9%、6月:6.8%)
    ・21:30 カナダ・6月貿易収支(予想:-28.4億加ドル、5月:-32.8億加ドル)
    ・04:00 米・6月消費者信用残高(前月比予想:+160.00億ドル、5月:+185.58億ドル)

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月05日(金)21時02分
    ユーロ円オーダー=112.00円 買い・ストップ売り 

    115.90-6.00円 断続的に売り
    115.50円 売り
    115.00円 売り
    114.00円 売り

    112.70円 8/5 21:01現在(高値112.85円 - 安値112.45円)

    112.00円 買い・割り込むとストップ売り

  • 2016年08月05日(金)20時58分
    ドル円オーダー=101.50円 本日NYカットOP

    104.90-5.00円 断続的に売り
    104.50円 売り
    104.00円 OP5日NYカット
    103.00円 売り、OP5日NYカット
    102.50円 OP5日NYカット
    102.35円 OP5日NYカット
    102.25円 OP5日NYカット
    102.00円 売り、OP5日NYカット
    101.75円 OP5日NYカット
    101.50円 OP5日NYカット

    101.05円 8/5 20:55現在(高値101.37円 - 安値100.87円)

    101.00円 OP5日NYカット
    100.55円 OP5日NYカット
    100.50円 買い厚め
    100.00円 買い
    99.00円 OP5日NYカット

    ※オプション(OP)設定水準の手前では防戦の売買が、抜けたところではストップロスの売買が活発化しやすい。また、期限(カットオフタイム)に向けて設定水準に収れんする動きを見せる場合もある。

  • 2016年08月05日(金)20時51分
    東京為替サマリー(5日)

    ■東京午前=様子見ムードのなかレンジ内で細かい上下動   

     東京午前の為替マーケットは、全般的に様子見ムードとなるなか、円・ドル相場とも細かい振幅に終始。今晩に注目の米雇用統計を控え、週末のポジション調整の動きも重なり方向感のはっきりしない展開だった。

     ドル円は朝方は動意なく静かな動きだったが、日経平均が続伸して寄り付くと、上げ幅を広げたことで短期的なリスクオンの動きも出て一時101.37円まで高値をつけた。しかし上値も重くその水準からは伸びきれず、102.20円台で小動きに。日経平均がやや伸び悩むと、終盤にかけて上値の重さも嫌気されやや売り優勢となり、101.06円まで下押した。ただ値幅は上下30p程度と狭い範囲での動きだった。
     クロス円も同様に株高時に高値を伸ばしたが、その後は伸び悩んだ。ユーロ円は112.85円の高値から112.52円まで下げ、ポンド円は133.10円まで上伸したが132円後半に押し戻されている。豪ドル円は77.51円まで上伸すると、豪準備銀行(RBA)の四半期金融政策報告でインフレ・成長率の不透明感に言及されると、一時77.14円まで下落した。ただ、利下げ観測が強まらなかったことなどもあり77円半ばまで値を戻している。
     ドルストレートは小動きのなかややドル売り流れに。ユーロドルは1.1136ドル、ポンドドルは1.3135ドル、豪ドル/ドルは0.7659ドルまで小幅高に。

    ■東京午後=調整主体、ドル円は101円前半で推移   

     東京タイム午後の為替相場は調整主体だった。今晩の米雇用統計を控えるなかで、ドル円は101円前半、ユーロ円は112円半ば、ポンド円は132円後半で小動きだった。日経平均株価は昨日終値を挟んだ値動きで、動意は乏しい。なお、内閣府が公表した6月の景気先行CI指数は前回に比べほぼ横ばい、景気一致CI指数は2カ月ぶりの上昇となったが、円相場の反応は薄かった。

     昨日の欧州通貨安が調整され、ユーロドルは1.1139ドル、ポンドドルは1.3136ドルまでじり高となった。

     オセアニア通貨はしっかり。豪ドル/ドルは0.7663ドル、豪ドル円は77.54円までレンジ上限を広げた。NZドル/ドルは0.7199ドル、NZドル円は72.82円までじり高となっている。

     時間外のNY原油先物は41ドル半ばでやや上値が重い。ドル/加ドルは1.30加ドル前半で小動き。加ドル円は77.58円までじり安となった。

  • 2016年08月05日(金)20時48分
    【ディーラー発】円買い一服(欧州午後)

    米・雇用統計を控え、午前の円買いが一服。ドル円は日経先物やダウ先物の下げ渋りを受け、101円11銭付近まで反発し序盤の下げ幅を埋め、クロス円ではユーロ円が112円77銭付近まで再び買われ、ポンド円が133円10銭付近まで上値を拡大したほか、豪ドル円は77円46銭付近まで持ち直すなど対主要通貨での円売りが優勢。また、ユーロドルは1.1160付近まで上昇し本日高値を更新した。20時48分現在、ドル円101.067-077、ユーロ円112.761-781、ユーロドル1.11572-580で推移している。

  • 2016年08月05日(金)20時47分
    ドル・円は101円挟みで小動き

    [欧米市場の為替相場動向]

     5日のロンドン外為市場では、ドル・円は100円87銭から101円15銭で推移した。米国の7月雇用統計の発表を控えて、持ち高調整程度とみられる売り買いが中心となり、101円挟みで小動きになった。

     ユーロ・ドルは1.1138ドルから1.1161ドルで推移し、ユーロ・円は112円45銭から112円78銭で推移した。ポンドの買い戻しに連れてユーロも買い優勢気味になったとみられる。

     ポンド・ドルは1.3133ドルから1.3171ドルまで上昇。前日売り込まれた後で、いったん買い戻しが優勢になったもよう。ドル・スイスフランは0.9733フランから0.9749フランで推移した。

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月05日(金)20時47分
    LDN序盤まとめ=イベント控えドル円は101円割れも持ち直す

    ・米雇用統計を前に為替は調整中心の振幅

    ・日銀ETF買いの鈍さなどにらみ、ドル円は一時101円割れとリスク回避意識した円高・ドル安方向もほどなく大台回復

    ・ユーロドルが1.1161ドルまでじり高と、他通貨に対してもドル弱含み

  • 2016年08月05日(金)20時12分
    米雇用統計前の調整を落ち着かせ、ドル円は101円付近で様子見

    現在の推移(レンジ)   

    ドル円    101.04円  (101.37 /  100.87) 
    ユーロドル 1.1151ドル (1.1157 /  1.1126) 
    ユーロ円  112.68円   (112.85 /  112.45) 

    ※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

  • 2016年08月05日(金)19時54分
    ドル・円は100円87銭から101円15銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     5日のロンドン外為市場では、ドル・円は100円87銭から101円15銭で推移している。この後予定される米国の7月雇用統計の発表を控えて、持ち高調整程度の売り買いしか出ていないようであり、小動きになっている。

     ユーロ・ドルは1.1138ドルから1.1152ドルで推移し、ユーロ・円は112円45銭から112円69銭で推移している。そうしたなか、ポンド・ドルは1.3133ドルから1.3164ドルまで反発しており、買い戻しが先行しているもよう。

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月05日(金)19時24分
    ポンドは下げ渋り、利下げに伴う売りは一服

    [欧米市場の為替相場動向]

     英中銀のカーニー総裁がラジオ番組に出演し、欧州連合(EU)離脱に伴う問題は金融危機とは異なり、「信用供与について心配すべきではない」などと述べた。前日の英中銀による利下げ決定、一段の追加緩和示唆でポンドは売られやすい地合いが続いているが、総裁の発言は足元のポンド売りを弱めている可能性がある。

     ここまでドル・円は100円87銭から101円15銭、ユーロ・円は112円45銭から112円69銭、ユーロ・ドルは1.1138ドルから1.1152ドルで推移した。

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月05日(金)19時08分
    5日の豪ドル・円概況:対円レートはやや強含み、豪ドル買い・米ドル売り増加の影響も

     5日のアジア市場で豪ドル・円はやや強含み。日経平均株価は小幅安となったが、リスク選好的な豪ドル買い・米ドル売りが増えたことによって豪ドルの対円レートはやや強い動きを見せる展開となった。ユーロ、ポンドに対する豪ドル買いが観測されており、対円レートを下支えしたとの見方も出ている。

    ・豪ドル・円の取引レンジ:77円14銭−77円54銭。

    ■今後のポイント
    ・76円台前半で豪ドル買い興味残る
    ・米早期利上げ観測後退で豪ドル買い・米ドル売りの興味

    Powered by フィスコ
  • 2016年08月05日(金)18時28分
    【ディーラー発】ドル円続落(欧州午前)

    序盤は日経先物の堅調地合いを背景にリスク回避の流れが後退。ドル円は101円14銭付近まで小幅に値を戻し、クロス円ではユーロ円が112円70銭付近まで、豪ドル円は原油先物の上昇を受け77円41銭付近まで反発した。しかしその後、日経先物が下落し上げ幅を削ると再び円買いに傾斜。ドル円は100円87銭付近まで続落し本日安値を更新、ユーロ円が112円44銭付近まで下値を拡大、豪ドル円は77円23銭付近まで値を下げた。18時28分現在、ドル円100.955-965、ユーロ円112.527-547、ユーロドル1.11464-472で推移している。

  • 2016年08月05日(金)18時19分
    来週のスイスフラン「もみあう展開か、引き続きユーロ・円の動向が手掛かり材料に」

    [スイスフラン]
     来週のスイスフランはもみあう展開となりそうだ。基本的にはユーロ・円の相場動向を意識した取引が続くことになる。ユーロ圏の金利先安観は消えていないことから、リスク選好的なユーロ買いは抑制されるとの見方が多い。ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロ安に連動するスイスフランの対円レートはやや上げ渋る可能性がある。○発表予定のスイス主要経済指標・注目イベント
    ・8日:7月消費者物価指数(前年比予想:-0.3%、6月:-0.4%)
    ・9日:7月失業率(予想:3.3%、6月:3.3%)
    ・予想レンジ:102円00銭-105円00銭

    Powered by フィスコ
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2398人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 95729人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年10月22日(火)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

世界の為替チャート

米ドル/円-0.01108.56

USDJPY

豪ドル/円-0.0274.50

AUDJPY

トルコリラ/円+0.1318.60

TRYJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

10月21日更新


どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 10月18日更新

米ドル/円は110円近くへ上昇する可能性があるが、リスクオンは続かない!?






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果