ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

米雇用統計が良かったのに、なぜ米ドルは
売られたのか? その隠れた理由とは?

2012年08月10日(金)東京時間 16:51

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

■ドルインデックスとユーロ/ドルに見られるダイバージェンス

 為替マーケットは一進一退の様子を深めているものの、先週、8月3日(金)からの基調を保っていると思う。8月3日(金)発表の米雇用統計を受け、ドルインデックスは大きく反落、7月24日(火)高値を起点とした調整ムードが続いているとみる。

 もっとも、常に指摘してきたように、イベントの材料と関係なく、テクニカルの視点では米ドル全体が買われすぎで、ユーロなど外貨は売られすぎであった。

 ドルインデックスとユーロ/米ドルの日足を例として取り上げよう。ごく単純な見方だが、以下のチャートのとおり、値動きとオシレーター系指標のダイバージェンスを考えると、足元の市況は当然の結果ではないかと思う。

ドルインデックス 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 したがって、先週の米雇用統計がどうあれ、基本的にはしばらくドルインデックスの反落、またはユーロ/米ドルのリバウンドが続くとみていた。そして実際、結果はそのとおりであった。

■米雇用統計が良かったのになぜ米ドルは売られたのか?

 一方、単純なファンダメンタルズの視点からすれば、8月3日(金)発表の米雇用統計で、米国の新規雇用が予想以上に好調だったことを受け、本来、「米ドル買い・ユーロなどの外貨売り」となるはずだ。

 なのに、なぜ米ドル全体は売られ、ユーロは逆に買われたのだろうか?

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

 この「ナゾ」を解くには、前記のテクニカル的な理由以外に、「リスクオン/オフ」が重要なキーワードとなってくる。

 米雇用統計の好調は株価の上昇と相まって、リスクオフのムードを改善させ、リスクオンの環境を作り出しつつある。だから、ここまで続いてきたリスク回避型の米ドル買いが一服したのである。

 このような解釈はどちらかというと従来どおりのロジックであるから、間違いはないだろう。

 しかし、それだけでは単純すぎる。

■何となくECBの本意を悟ったマーケットの反応

 マーケットの反応を見ると、市場関係者たちがドラギECB(欧州中央銀行)総裁の発言を吟味し、何となくECBの本意を悟り、一段とリスクオンのムードに傾いたことが隠れた背景ではないかと思う。

 この部分については前回のコラムでも説明したが、ECBが大胆な政策をとり、量的緩和策を押し進める方向ではないかと思われるだけに、やはり看過できない。

【参考記事】
ドラギ総裁にマーケットは失望したが、ECBは大胆な政策を準備しているとみる(8月3日、陳満咲杜)

 ECBはこれまでもスペインやイタリアなどの国債を購入してきたが、あまり効果が出ていないことが最近のスペイン国債危機でよくわかる。

 ECBの国債買い入れ自体がいわゆる不胎化した上でのものだったから、国債買い入れの不発も当然な成り行きだと思われる節がある。

 また、ECBはFRB(米連邦準備制度理事会)やBOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])のようなQE、すなわち、量的緩和はやらないと常に言ってきた。

 しかし、危機が深まるなか…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2402人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 96439人 ザイFX!のtwitterをフォローする

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(トライオートFXで3万通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[トライオートFX](11月20日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+レポート冊子『フルオートの始め方と運用のコツ公式ガイドブック』(シストレ24の口座開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[シストレ24](12月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)+ヒロセ通商オリジナル2020年版FX専用カレンダー(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](12月1日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで5万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(入金で)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](11月29日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.36108.78

USDJPY

豪ドル/円+0.5874.15

AUDJPY

トルコリラ/円+0.0618.91

TRYJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 11月14日更新

米連続利下げ終了で株高も息切れ? ドル/円はレンジ。108円台前半で買いか



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

11月11日更新






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果