ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

【元ミス慶応 葉那子が本気で挑む「FX道!」】
専業トレーダー・おばらっちさんに突撃(1) 最初の成功&失敗から学んだこと

2012年08月27日(月)12:58公開 (2022年06月20日(月)09:50更新)
ザイFX!編集部

「元ディーラー西原宏一さんに突撃!(4) 成功ルールを作るためにすべきこと」からつづく)

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 さて、今回は専業トレーダーのおばらっちさんにお話しをうかがってきました! 今回から数回にわたって、その内容を掲載していきます。

 前回までの記事をまだ読んでいない方は、こちらもご覧ください。

【参考記事】
元ディーラー西原宏一さんに突撃!(1)  FXトレーダーに向いてる人、向いてない人
西原宏一さんに突撃!(2)  銀行ディーラーと個人トレーダーの決定的な違いとは?
西原宏一さんに突撃!(3)  トレーダーになるため、第一にすべきこと!
西原宏一さんに突撃!(4)  成功ルールを作るためにすべきこと

コンスタントに勝ち続けるトレーダー

 おばらっちさんは、専業トレーダーとしてチャート分析やシステムトレードなども取り入れて、コンスタントに勝ち続けているスゴイ個人トレーダーさんです。

 6月に都内で開催された「FX友の会」というFXトレーダーの親睦会で、個人投資家の代表として講演もしていました。その時の模様を紹介している記事がありますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

【参考記事】
「FX友の会 in 東京 2012」レポート(1)  安定的に勝てる人は安定的に負けている!?
 
 おばらっちさんはFXに関する質問に何でもていねいに答えてくださるとても親切な方なんです。

 私も少しFXに関してお話をさせていただいたことがあるのですが、この連載を理由にガッツリ聞いてみたい、ということでインタビューのお願いをしました。

 すると快くOKをいただいたので、さらに図々しくも実際のトレード環境も見せていただきたい、とお願いしたところ、これまたOKということで、ご自宅でインタビューをさせて頂きました。

 というわけで、インタビューに持参したハンディカムでばっちりご自宅を撮影しましたので、そちらもぜひご覧ください。

 それでは早速おばらっちさんのインタビューをご紹介します。

 まずはやはり、この質問からです。

Q1 FXを始めたのはいつ頃で、また、そのきっかけを教えてください。

 「始めたのは2009年7月から」ということで、丸3年経ったようです。

 当時おばらっちさんは10年以上個人事業主として、システム開発、マネージメント、コンサルティングの仕事をしていました。

 そして、2009年2月にあるプロジェクトが終了し、その後はまた新たなプロジェクトに入る予定だったらしいのですが、不況の影響でそれがキャンセルとなり、急に仕事がなくなってしまったそうです。

 ただ、最初はまたほかに見つかるだろうという軽い気持ちだったらしいのですが、何カ月も仕事が見つからない状況に焦りを感じ始めたといいます。

 そんな時、FXをやっていた学生時代のご友人から「FXは儲かる」という話を聞き、「やり方を教えるからやってみたらどうだ」と言われたそうです。

 おばらっちさんは株やFXはギャンブルの一種だと思っていたため、それまでは特に関心を示さなかったのですが、さすがに仕事が5カ月もない切羽詰まった状況ということもあって、ご友人の誘いに乗ってFXを始めたようです。

 「仕事がない状態で始めたので、最初から専業トレーダーでした(笑)」と笑いながら話してくださいましたが、当時は藁にもすがる思いだったのではないでしょうか。

 そして、そのFXを教えてもらったというご友人について聞いてみると…

 そのご友人もそれまでFXを長くやっていたわけではなく、おばらっちさんに教えてから半年後くらいに大損をして、今はもうFXをやっていないのだそうです。

ビギナーズラックで痛い目に

 気になる当時の手法についてうかがうと、米ドル/円でストキャスティクスが±80までいったら逆張り、という非常に単純なものだったそうです。

 そして、当時はまだレバレッジ規制が入っていない頃なので、高いレバレッジをかけて、いきなり1回100万通貨でトレードをしていたというので驚きです。

 さらにはナンピンもありという非常にリスクの大きいトレードをしていたみたいです。

 このやり方を教わったおばらっちさんは、2週間ほどデモトレードで試してみたところ、たままたこの手法がうまくいくような相場状況だったこともあり、あっという間に何十万円もの利益が出たそうです。

 「FXってなんてぼろいんだ。世の中にはこんなぼろい金儲けがあるのか!」と思ったらしいのですが、このビギナーズラックが後になっておばらっちさんを苦しめることになるのです。

 デモトレードで好成績を残したおばらっちさんは、100万円を元手に実際のお金でトレードを始めました。

 すると、最初の3日間で40万円ほどの利益が出たようですが、その後4日目には資金の半分が飛んでしまったそうです。

 原因は経済指標の発表だったらしく、とにかくナンピンを繰り返していたところ、最終的には強制ロスカット。

 その時の経済指標が何であったかは覚えていないそうですが、変動幅は40pips程度で、スピードも急激というわけではなかったみたいです。

 ただ、当時は100万通貨でトレードをしていたため、1pip逆行するごとに1万円が減っていくわけです。

 なので、経済指標の発表をきっかけに、目の前で何万円、何十万円と減っていくのを見ていると、切らなくてはいけないとわかっていながらも、初めての経験で体が動かなかったと言います。

失敗から得た教訓とは?

 実際はその時もおばらっちさんはロスカットの必要性はわかっていて、ルールも決めてデモトレードの時はそのとおりにできていたらしいのですが、実際のお金になるとデモの時のような冷静な判断ができなかったようです。

 「いつか戻るんじゃないか」という淡い期待が邪魔をし、結果的に強制ロスカットになってしまったのです。

 さらに、当時使用していたFX口座がロスカットラインできちんと約定されず、20pipsほど滑ったみたいです

 この時の経験から、口座選びに関しても、実際に自分で情報収集をして慎重に選ぶようになったとおっしゃっていました。

 リアルトレードをはじめて数日の間に天国と地獄を見たおばらっちさん。

 次にこんな気になる質問をしてみました。

Q2 最初失敗をしてから、儲かるようになるにはどういった勉強をしたのですか?

 すると「最初はテクニカルの勉強を山のようにやりました」という答えが。

 もともとシステム開発のお仕事をされていたということもあって、テクニカルを極めれば勝てるはずだ、という思いがあったそうです。

 そして、まずはいろいろと調べていくうちに、MT4(メタトレーダー4)という取引ツールの存在を知り、それを使ってテクニカルの勉強を始めたとのこと。

【参考記事】
ザイFX!が作ったメタトレーダー入門「メタトレーダー(MT4)が人気のワケは?」

 MT4(メタトレーダー4)のプログラミング言語はお仕事のものとほとんど同じだったようで、最初の1カ月はいろんなインディケーターを組み合わせたりしながら、40~50個のインディケーターを自作したようです。

 最初の1カ月でこんな高度なことをされていたとは…。

 そして、FX自体の勉強法については、本やFX会社が無料で実施しているセミナーに参加するなどしたらしく、最初のうちはとにかく本をたくさん読んだといいます。

 数千円するような専門的な本や、ネットで評判になっているような情報商材も買ったことがあるとのこと。

 ただし、商材と言っても、「この通りやったらすぐ勝てますよ!」といった安易なものではなくて、「すごく説明が難しくて、複雑で、上級者向けだけどきちんと理解できたら役に立ちますよ」といった商材をあえて選んだそうです。

「すぐに儲かる手法」でなく、「勝てるしくみ」を知りたかった

 おばらっちさんとしては、今すぐ短絡的に勝てる手法が欲しいのではなくて、どういうやり方をすればよいか、たとえばインディケーターをどう使えばよいか、どういう相場の見方をすれば勝てるようになるか、といったことを知りたかったとおっしゃっていました。

 なので、どういうタイミングで売買シグナルが出るというのではく、テクニカル指標の根本的なしくみがわかるような本を何冊も読んだみたいです。

 さて、今回はおばらっちさんの初回ということで、おばらっちさんのFX歴のお話がメインとなりましたが、次回以降からは具体的なトレードスタイルや、FXに対する向き合い方といったお話をご紹介したいと思います。

 次回もお楽しみに!

「専業トレーダー・おばらっちさんに突撃(2) 「負け」を前提にして、勝ち続ける技術」へつづく)


【葉那子のトレード報告2012年8月20日(月)~8月24日(金)】

 0勝0敗

 合計収支:0円

 口座残高:9万8519円

 今週はトレードができませんでした。

 結果論になってしまいますが、21日(火)はユーロ/米ドルのロングを狙っていたのですが、気づいたらもうブレイク済み、ということで勢いよく伸びていくのをただ見ていることしかできませんでした。

 できあがったチャートを見て「ここで入っていれば」と言うのは簡単ですが、実際に動いているところで入るのは勇気がいるんですよね。

 特にこの連載をきっかけに資金を増やしたことで、ややチキンハートになっている気がします。

 と言っても10万円なんですが…。

 数百万通貨で取引する人はやっぱり尊敬します。

 8月もいよいよあと1週間。なんとか1回でも勝ちトレードが欲しいところです。

(取材・文/葉那子 撮影/和田佳久)

【2022年6月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年5月2日(月)7時00分~2022年6月1日(水)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年7月1日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年5月2日(月)7時00分~2022年6月1日(水)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.3銭原則固定 0.3pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年7月2日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~0.9銭 0.4~1.6銭 0.3pips原則固定 51ペア 1000通貨
※ユーロ/米ドルは、2022年7月2日までのキャンペーンスプレッド
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~0.9銭 0.4~1.6銭 0.3pips原則固定 38ペア 1000通貨
※ユーロ/米ドルは日本時間9時~翌27時の時間帯に適用される、2022年7月2日までのキャンペーンスプレッド
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年7月2日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で3000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex]
キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る