ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円93円台後半からずるずる反落、
米歳出カットが意識されてくるか

2013年03月04日(月)16:18公開 (2013年03月04日(月)16:18更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 金曜日は月初であった。いよいよアメリカの歳出削減の問題も極まってきていて、それに関する政治の動きが気になった。木曜日のニューヨーククローズでは米上院で採決もされなかったというだけで急激な株価の値崩れを起こし、形の上ではリスク回避に激しく揺さぶれる状態が続いている。私としてもリスクに対するダウンサイドリスクのほうが気になって、株の下げ始める端緒をつかむのに尽力した。

 しかしアジア時間ではそれほどもドル円は下がることはなく、92円台のミドルアッパーでしっかりとしていた。ちょっとでも変な動きがあれば、ニュースなど調べなくてもドル円かユーロ円を売り込んでいこうと思っているのに、ぜんぜん下がらないのでは手の出しようがないという感じだ。グローベックスでの米国株はやや重い感じで動いている気もするが、決定的に下落に向かっているという風でもない。

 欧州市場ではユーロドルが下攻めを開始。しかし勢いというか、スピードはまったくない。激しく損切りベースのユーロ売りが出ているようには見えない。ついに1.30台を割り込んできたけれども、それだからといってユーロドルが下向きに大きく走るわけでもなかった。むしろドル高の様相を呈してきて、ドル円もドル高に振れた。ドル円はほんのちょっとだけ93円台をつけて、高い水準のままでニューヨーク勢の参入となった。

 アメリカのISMの景況指数が良かったので、それでドルの一段高に。ドル円もユーロドルも、ドルの高値を更新してきた。ドル円は93円台の中盤近くまで上がってきた。ただ93.50からはオファーが多いと聞いていたので、私としてはショートにしておきたい。そこで93.27でショートにしたのだが、これがほとんどファイバーにならなかった。

 夜中の2時過ぎになって、オバマ大統領と議会の間での歳出削減を回避するための協議が不調に終わったということが報じられた。それで一気にリスク回避になってドル円やユーロ円が下がってくれるのだろうと思った。しかし下げ幅は限定的で、むしろリスクテークが強まってきた。米国株がぜんぜん下がってもいないのだ。

 たしかに世の中は歳出の強制カットに関しては、かなりの楽観視をしている。どうせまた先延ばしするだろうと思われている。去年も2、3度、歳出削減や債務上限で激しくリスク回避になったが、結果を見ればもとに戻っているのだから、下手に動くのは無用とも取れるのだろう。ドル円はその後に93.65あたりまで高値を拡げて、高値圏で張り付き。

 私も週を越えて持っていたくはないので、早起きして93.56で買い戻した。ああ、まったくつまらない相場だった。ニューヨーククローズ間際では日経先物も11700円台まで上昇してきているし、週明けからもリスクテークに向かいたいところなのだろう。

 今週の週明け、早朝もドル円は高値をつっかけた。これは先週末にほとんど高値引けをしているのだから、テクニカル面からの値動きとしても当然のことだ。またここ数週間はいつも同じような展開をしている。93円台の後半までつっかけたが、東京オープンまでにはずるずると後退。ランチタイムにかけては一段安し、93.30あたりまで下がった。

 まあ、下がったといってもまだ93円台だ。ダイナミックに動いたといはいえない。ただグローベックスでの米国株が下げ幅を拡大してきて、ややリスク回避気味の状態となった。そして中国やインドといった新興国も大きく株価を下げている。強いのは日本株だけだ。

 今晩は材料が少ないが、その分だけ歳出の強制カットを強いられることとなったアメリカの経済、すなわち米国株の動向に注目だ。金曜日の時点では反応が薄かったが、やはりリスクにとっては悪材料であることには変わりがない。ドル円が再び92円台にまで軟化してきたら、そこから円ロングでも作ってみようかと思う。


日本時間 16時20分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月14日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

当サイトからの口座申込者限定!条件達成で特別に3000円プレゼント!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る