ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

【元ミス慶応 葉那子が本気で挑む「FX道!」】
ひろぴーの実践トレード塾(5) フィボナッチ+4つのポイントで精度UP!

2013年07月01日(月)12:55公開 (2022年06月20日(月)16:10更新)
ザイFX!編集部

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

「ひろぴーの実践トレード塾(4) RCIを効果的に使う方法とは?」からつづく)

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 前回に引き続き、ひろぴートレード実践編をお送りします。

【参考記事】
ひろぴーの実践トレード塾(1) 出社前の30分で分析&注文を入れよう!
ひろぴーの実践トレード塾(2) ディナポリ分析でスラストを探せ!
ひろぴーの実践トレード塾(3) 移動平均線と水平線の使い方を知ろう!
ひろぴーの実践トレード塾(4) RCIを効果的に使う方法とは?

 実践編の前の、ひろぴーさんの取材記事もご覧ください。

【参考記事】
ひろぴーのスイングトレード講座(1) 27歳の兼業トレーダーが勝てる理由
ひろぴーのスイングトレード講座(2) トレードの土台となる3つの要素とは?
ひろぴーのスイングトレード講座(3) 世界中のトレーダー注目のポイントを狙え!
ひろぴーのスイングトレード講座(4) 主婦トレーダーとのタッグで勝率アップ!?
ひろぴーのスイングトレード講座(5) 堅実トレードでも30代中盤で資産1億円に!?

 さて、前回までは、ひろぴートレードで使用するテクニカルを1つずつ説明してきましたが、今回はそれらを複合的に使い、より精度の高いエントリーポイントを見つける方法をご紹介します。

 ということは、いろんな他のトレーダーが分析しても、そこにみんな注目してくるので、いっしょに乗っていきましょう」

00、50などの節目の価格がポイント

テクニカルの条件が複数、重なるポイントを見つけることが大切になるのですが、その前に、前回の取材でも強調していた、00、50の節目となる価格も見逃してはいけないそうです。

 「落ちるべきところ、上がるべきポイントというのは、やはり50、00の大口の玉(ポジション)が溜まっているところ

フィボナッチを引くと、そういった価格と自然と重なるんです

 確かに、不思議とフィボナッチのラインでキレイに反発することが結構あります。

 そこに4つのテクニカルも重ね合わせていくわけですが、そのテクニカルをもう一度おさらいしましょう。

(1)ディナポリチャートでスラストを見つけ、フィボナッチを引く
(2)フィボナッチの38.2%、50%の近くにEMA62、SMA200、
SMA800があるかを確認
(3)RCIの形を確認
(4)フィボナッチと直近安値・高値の意識されている水平線が重なるかを確認

 移動平均線や水平線はピッタリ重なることはまずないので、前後数pipsの誤差は許容範囲です。

 条件が重なれば重なるほど、「鉄板ポイント」になると、ひろぴーさんは言います。

 「そこだけ狙って、指値、指値、指値、指値を置いとく。それだけです!」

 ただし、上記すべての条件が揃うのを待っていたら、なかなかエントリーができなくなってしまうので、もちろんディナポリのシングルペネトレーション1つでもOK。

 その場合、ポジション量は通常よりもを少なめにして、打診買い・売りにします

メインとなるのは4時間足チャート

 では、実際のチャートを使って、具体的に見ていきましょう。

 基本的にテクニカル分析はどの時間足にも通用するということで、取材時は便宜上30分足のチャートを例にして説明していましたが、実際はメインとなる4時間足チャートを使用します。

 というわけで、下のチャートはユーロ/円30分足です。

 取材日を行ったのが5月25日(土)だったので、取材時はグレーの部分はまだ形成されていませんでした。

(クリックで拡大)

 この状態で、以下の手順でエントリーポイントを探していきます。

4つのポイントをクリアしているか?

(1)DMA3に沿って下降スラスト。ローソク足が8本以上なのでシングルペネトレーションの条件クリア
(2)フィボナッチを引き、38.2%と50%を確認
(3)レジスタンスになりそうなSMA800、DMA25が近くにあるのを確認
(4)RCI35が-80を割り込みそう⇒売り目線

(クリックで拡大)

 「ある程度、条件が重なっているから、2ポジション置いてもいいですね。

 ディナポリ1個だけの条件だったら、ポジションを軽めに打診買いくらい。

毎朝チャートを見て、こういうシナリオを立てて指値を入れておきます。これを出勤前の20~30分やるだけです

 ということで、この講義を受けた次の週から、早速4つのテクニカル分析を使い、週足、日足、4時間をメインにトレードをやっています。

 結果は、すでに毎週の記事の最後で公開しているのですでにご存知かと思いますが、勝ち負けを繰り返して、まだまだ思うような成績にはなっていません。

 まだまだ反復練習が必要ですが、途中経過の報告を含め、またひろぴーさんに追加講義をしてもらうことになりましたので、次回はその模様をお伝えしたいと思います。

「ひろぴーの実践トレード塾 第2講(1) 負けトレード検証から見えた成功への道」へつづく)


【葉那子のトレード報告 2013年6月24日(月)~6月28日(金)】

2勝2敗

勝ちトレード:米ドル/スイスフラン +38pips(396+円)、+40.3pips(+423円)

負けトレード:ユーロ/豪ドル -18.1.3pips(-164円)、-25.2pips(-229円)

合計収支:+425円

口座残高:8万8810円

 下の画像は私が実際に取引に使っているヒロセ通商「LION FX」の約定履歴です。

クリックで拡大

 先週は米ドル/スイスフランで2勝したので、なんとか2週連続のプラスになりました。

 最近は、ひろぴーさんの言う、テクニカルの条件が重なるポイントを意識してエントリーすることを心がけています。

 エントリーポイントを探すのはだいぶ慣れてきたのですが、まだまだ損切り利益確定の設定が難しいところです。

(取材・文/葉那子 撮影/和田佳久)


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 jfx記事
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る