ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

【元ミス慶応 葉那子が本気で挑む「FX道!」】
ひろぴーの実践トレード塾 第2講(1) 負けトレード検証から見えた成功への道

2013年07月08日(月)14:37公開 (2022年06月20日(月)16:34更新)
ザイFX!編集部

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

「ひろぴーの実践トレード塾(5) フィボナッチ+4つのポイントで精度UP!」からつづく)

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 前回までご登場いただいたひろぴーさんに、本連載3回目の取材に行ってきました!

 ゲストというよりは、もはや準レギュラー的存在ですね。

 1回目の講義で教えていただいたことを、1カ月間トライしてみましたので、2回目の講義の最初は、私のトレードの復習から始まります。

 実践トレード塾、第1回目も併せてチェックしてみてください。

【参考記事】
ひろぴーの実践トレード塾(1) 出社前の30分で分析&注文を入れよう!
ひろぴーの実践トレード塾(2) ディナポリ分析でスラストを探せ!
ひろぴーの実践トレード塾(3) 移動平均線と水平線の使い方を知ろう!
ひろぴーの実践トレード塾(4) RCIを効果的に使う方法とは?
ひろぴーの実践トレード塾(5) フィボナッチ+4つのポイントで精度UP!

 実践編の前の、ひろぴーさん1回目の取材記事はこちらです。

【参考記事】
ひろぴーのスイングトレード講座(1) 27歳の兼業トレーダーが勝てる理由
ひろぴーのスイングトレード講座(2) トレードの土台となる3つの要素とは?
ひろぴーのスイングトレード講座(3) 世界中のトレーダー注目のポイントを狙え!
ひろぴーのスイングトレード講座(4) 主婦トレーダーとのタッグで勝率アップ!?
ひろぴーのスイングトレード講座(5) 堅実トレードでも30代中盤で資産1億円に!?

1カ月のトレード収支はマイナス1976円

 まずは、実践トレード塾第1回目で、ひろぴートレードの基礎を教えていただいた後の1カ月間のトレード結果は、5勝12敗1分で、合計収支はマイナス1976円でした。

トレード履歴がこちらです。

葉那子のトレード履歴(クリックで拡大)

 この中から、負けトレード、勝ちトレードをそれぞれ2個ずつピックアップし、その内容をひろぴーさんに見てもらいました。

 今回は、負けトレード2つを見ていきたいと思います。

1つ目の負けトレードは損切り設定の失敗!?

 1つ目は、2013年6月7日(金)の英ポンド/米ドルです。

4時間足で上昇スラストを発見したので、フィボナッチ38.2%戻しのところで押し目買いをしました

 結果は、-20pipsの損切りになったのですが、ひろぴーさんからは、損切りがややタイトすぎというダメ出しが。

英ポンド/米ドル 4時間足(1) (クリックで拡大)
英ポンド/米ドル 4時間足(2) (クリックで拡大)
英ポンド/米ドル 4時間足(3) (クリックで拡大)

  「まず、損切りを狭くするのは非常にいいことなんですが、せめて損切りを置くなら、1.55ドルの節目でサポートされる可能性がまだあったので、その下の1.5495ドルあたりが良かったかもしれません。

 結果的には、そこも下抜けたので、早く切っておいてよかったんですけど。

 あともう1つは、教科書どおり、フィボナッチ50%の下か、61.8%の下ですね。

 ただし、この時はボラティリティが高かったので、50%のちょっと下くらいが良かったのではないかと思います。

 結局、上昇して高値を越えてしまっていたので、この負けトレードはちょっともったいなかったですね

 結果論になってしまいますが、確かに損切り幅をもう少し広めにしていれば、プラス決済になっていました

 今後はリスクを取ることを怖がらずに、損切りもきちんと根拠のあるポイントに置くことを意識したいと思います。

2つ目の負けトレード検証の結果は?

 そして、2つ目の負けトレードは、6月20日(木)のユーロ/米ドルです。

日足で上昇スラストがあったので、フィボナッチの38.2%、さらに00の節目である1.3200ドルで押し目買いをしました

 ただ、こちらも-26pipsという残念な結果になってしまいました。

ユーロ/米ドル 日足(1) (クリックで拡大)
ユーロ/米ドル 日足(2) (クリックで拡大)

  「ポイントであるラインを引いて、さらにシングルペネトレーションの38.2%のダブルポイントでロングできたっていうのはもう文句なしです

 なるべくこういうダブルであったり、3つ以上の条件が重なる時っていうのをどんどん探していって、エントリーをしていけば、必ず結果はついてきます

 これも残念な結果ですが、OKです」

 最初はシングルペネトレーションを見つけるだけでいっぱいいっぱいだったのですが、徐々に他の条件が重なるポイントを探すようになってきて、エントリーは少しずつ慣れてきました。

 ただ、損切りと利確ポイントがまだあいまいなので、エントリーだけではなく、イグジットもしっかり根拠のあるところを探していきたいと思います。

  損切りに関しては、根拠のある位置に置くことはもちろんですが、もう1点、ひろぴーさんからアドバイスをいただきました。

 「反転してある程度30~40pips(利が)乗ったら、少しでも、5pipsでも10pipsでもいいんで、ストップ(ロスカット注文)を上げるように心がけてください

 これが絶対プラスになってきます。損切りを減らした分がプラスになるのです」

 次回は、成功したトレードをご紹介します。

「ひろぴーの実践トレード塾 第2講(2) 成功トレードにも反省の種がいっぱい」へつづく)


【葉那子のトレード報告 2013年7月1日(月)~7月5日(金)】

1勝1分

勝ちトレード:ユーロ/豪ドル +70.7pips(+645円)

引き分けトレード:豪ドル/米ドル -1.1pips(-10円)

合計収支:+635円

口座残高:8万9445円

 下の画像は私が実際に取引に使っているヒロセ通商[LION FX]の約定履歴です。

クリックで拡大

 先週の勝ちトレードとなったユーロ/豪ドルは、4時間のキレイな上昇スラストがあったので、フィボナッチ38.2%のところでロングの指値を入れておいたところ、びっくりするくらい見事に反転し、わずか40分でリミットに到達しました。

 幸運だったというのもありますが、改めてフィボナッチのスゴさを実感したトレードです。

 ただし、もう1つの豪ドル/米ドルは、リミットまであと10pipsというところでファンダメンタルズ要因で急上昇してしまい、結局建値付近で決済

 なかなか幸運は続かないものです。これが相場ですね。

(取材・文/葉那子 撮影/和田佳久)

【2022年9月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5~1.5銭 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。2022年9月30日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.4pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.0銭 0.4~1.6銭 0.3pips 51ペア 1000通貨
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.2銭 0.4~1.6銭 0.3pips 38ペア 1000通貨
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る