ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ユーロ/NZドルは4日間で700pips急騰!
新興国通貨からの資金流出先はユーロに

2013年08月22日(木)17:53公開 (2013年08月22日(木)17:53更新)
西原宏一

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

■資金は新興国通貨から欧州へ

 この資金の流れは、まず米ドルに向かうのですが、徐々に欧州に流入している模様。

 テーパリングへの反応としては、当初「株安・債券安・米ドル高」と想定されていましたが、先週(8月12日~)の米国では、一時「株安・債券安・米ドル安」のトリプル安となる相場展開になることもあり、ステレオタイプではトレードしにくい状況です。

 メディアによると、8月に入ってから、欧州株ファンドへの資金流入額が2年来の高水準になったとの報道もあり、資金は徐々に景気回復基調にある欧州へ向かっています。

 この欧州へ資金流入という状況から、ユーロクロス(米ドル以外の通貨とユーロとの通貨ペア)に注目が集まっています。

 新興国通貨が下落していることもあり、欧州通貨買い・新興国通貨売りで、ユーロ/豪ドルが再び上昇基調。

 1.5000ドル台に到達して以降、調整局面に入っていたユーロ/豪ドルは、再び堅調に推移しています。

 8月22日(木)の東京市場では、一時1.5000ドルに迫る、1.49ドル台前半まで高騰しました。

ユーロ/豪ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/豪ドル 日足

■ユーロ/NZドル、4日間で700pips急騰!

 加えて、今回はユーロ/豪ドルだけではなく、ユーロ/NZドルも急騰。

ユーロ/NZドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/NZドル 日足

 RBNZ(ニュージーランド準備銀行[ニュージーランドの中央銀行])のウィーラー総裁が、住宅市場の過熱抑制のため、10月から住宅融資規制を導入することを発表したのです。

 さらに、NZドルが高水準であるとの発言もあり、NZドルは急落しました。

 NZドル/米ドルは、0.8000ドルの節目を割り込み、一時0.7812ドルまで急落しています。

NZドル/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:NZドル/米ドル 4時間足

 ただ、新興国からの資金流入は、米国に加え、景気回復基調にある欧州への流れも鮮明になってきており、対米ドルのみならず、対ユーロでもNZドル安が急激に進行。

 今週(8月19日~)のユーロ/NZドルは、1.7084ドルまで到達し、4日間で700pips急騰。

ユーロ/NZドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/NZドル 4時間足

 ユーロ/豪ドル自体は、節目の1.5000ドルの手前で上値を抑えられていますが、ユーロ/NZドルの急騰に連れ、ユーロ/豪ドルも1.5000ドルの節目を越え、1.5300ドルに向けて上昇する可能性が濃厚です。

 新興国通貨の急落に呼応した、ユーロ/豪ドルとユーロ/NZドルの動向に注目。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較
トレーディングビュー記事 メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る