ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

引き続き懸念される中東情勢、
ドル円96円台に再突っ込みで売り参戦か

2013年08月28日(水)15:00公開 (2013年08月28日(水)15:00更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 ずっと混乱が長引いていた中東情勢だが、いよいよ悪化してきた。ケリー長官が武力行使を口にしてから、マーケットにはダイナミズムには欠けるものの、着実にリスク回避が進んでいる。昨日のアジア間では98円台の中盤だったドル円も、欧州時間に入るころには97円台に突入。

 特に投げ売りの為のロスカットが連発した感じもなく、ゆるゆると下がっていった。なかなか入りどころのつかめない下げ相場だったが、こんなときは目をつぶって売っていくしかない。私は97.81で売っていった。こんど98円台に戻ったら買い戻して損切ろう。

 ドル円は97円台に入った後は、なかなか戻らず。中東情勢で神経質になっているところへ、イギリスやフランスなども深入りしないことを条件に武力行使に参加するというような報道が流れてきた。それでもドル円は97円台の前半へ。グローベックスでは米国株はますます下げ幅を拡大している。

 紛争が原因となったリスク回避なのだから、安全資産である米国債は買われているし、実物資産に近いとされるゴールドも高い。また中東の問題なので、原油価格も上昇圧力がかかっている。欧州序盤には安かったユーロドルも反発してきている。純粋なドル安相場の展開になってきた。

 5分足や10分足といった、短いインタバルのチャートを見ると、ドル円はきれいに落ちている。直線的だ。こうなったら97.00割れでも売り増そう。そう考えて96.99で売りのストップ注文を置いた。そこまでいけばオリジナルのショートもだいぶ利が乗ってくる。多少、失敗しても逃げることはできるはずだ。

 ニューヨーク勢が参入してくる頃合いには、為替相場が固まってしまった。シリア絡みの材料が出てきはしないかと戦々恐々のようでもある。96円台入りは見られなかったので売り増しはやめて、買い戻しのストップ注文を97.50まで落として就寝。

 朝起きてみると、ドル円は97.05だった。96円台にかすかに入ったようだ。反発というよりも、安値張り付きだ。米国株はニューヨーククローズは安値引けに近い形で終わっており、長い陰線なのでリスクオフに参加すべきことを示唆している。私は97.06で売ってみたが、どうもしっくりいかない。9時前に96.85くらいまで突っ込んだが、すぐに戻ってきた。とりあえず売り増し分だけ同値でやめて、ちょっと様子見。

 今晩も中東情勢に注目。欧州からもコメントが出てくるだろうから、夕方以降は気が抜けない。29日までに空爆も、といった感じで日限も切られているようなので、緊迫感が漂う。シリア攻撃に反対しているロシアの動きも微妙だ。すでにアジア時間で原油価格は3ドル弱も上がっており、111ドル台の後半へ。これが危機の増大を表している。原油相場さらに3ドルも上がろうものなら、いやおうなくリスク回避で一色に染まりそうだ。


日本時間 14時50分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る