ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

アルゼンチンショックで不安の声、顕在化!
しかし、米ドル/円は100円割れても一瞬か

2014年02月06日(木)16:44公開 (2014年02月06日(木)16:44更新)
今井雅人

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■引き金は米国のテーパリング! 市場はまだ不安定に

 そして、こうした動きの引き金となった1つが米国のテーパリング(※)であったのは周知のところです。

 混乱が起きた後も、ダラス連銀のフィッシャー総裁は、「(こういう混乱が起きても)テーパリングは予定どおり粛々と進めていく」という趣旨の発言をしています。

 であるとすれば、まだまだ市場は不安定になると思っておいた方が賢明でしょう。

(※編集部注:「テーパリング」とは、米量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

■米ドル/円は一瞬100円割れも! ユーロはじわじわ下落

 さて、為替市場についてですが、こういう状況下では円高圧力はまだまだかかるでしょうが、私はそれほど大きな動きにはならないと思っています。

米ドル/円が、一瞬100円を割ることはあるかもしれませんが、方向性として円高傾向になるということはないと思っています。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 ユーロに関しては、弱い経済指標を受けて、対米ドルでもようやく下落をしてきました。私個人的には、ユーロが強いこと自体に違和感があったので、少し肌感覚にあった動きとなってきています。

ユーロは、緩やかですが、じわじわと下落する可能性が高いと考えています。

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

■豪ドルの反発上昇は限定的なものになるだろう

 最後は豪ドル。2月4日(火)、RBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])は、政策金利の据え置きを決定しました。その際、スティーブンスRBA総裁は、以下のような発言をしています。

「現状では、最も賢明な路線は一定期間の金利安定である公算が大きい」

 つまり、当面金利は下げませんよと言っているわけです。こうした発言になった背景には、オーストラリアの物価が上昇してきたことがあります。

 オーストラリアは、3カ月に1回CPI(消費者物価指数)を発表していますが、2013年の第4半期のCPIは年率で2.7%に上昇していました。これが、政策変更の大きな要因です。

 豪ドルに関しては、さらなる利下げを期待して、ポジションがかなりショートになっていました。そこに、こういう発言が出てきたことで、豪ドルは対米ドル中心に急上昇しています。

豪ドル/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 4時間足

 これも本格的な反転ではないと思いますが、市場がかなりショートであることを考えると、もう少し上昇の余地はあるのではないかと考えています。

 ただ、全体が不安的な中ですから、豪ドルだけがどんどん上昇していくのも考えづらいです。動きは、限定的になると思っています。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る