ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

FOMC発表後の米国株の動向に要注意!
米ドル/円は75日線の壁を破れるかに注目

2016年09月15日(木)17:26公開 (2016年09月15日(木)17:26更新)
西原宏一

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■米利上げ見送りなら予想どおり、利上げ決行なら…!?

 そして、FOMCの結果が発表される、9月21日(水)当日のマーケットの展開ですが、利上げ見送りでは、大方の予想どおりなので、米国株は高値安定でしょう。

 一方、米利上げが決行された場合は、米国株が崩れ、リスクオフのマーケットとなり、豪ドルなどのリスクアセットが大きく値を崩す可能性が高いため、要注意です。

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 日足

■米ドル/円は75日移動平均線の壁がどうしても破れない

 米ドル/円に視点を移すと、日米の金融政策決定会合を控えて神経質な動きを続けているものの、101.50円~103.50円をコアとした狭いレンジでの乱高下を演じています。

 ここで注目すべきはまず、75日移動平均線。

 今年(2016年)は英ポンド/円を中心に、円高トレンド。米ドル/円も円高トレンドとなっています。

【参考記事】
Brexitの影響により1年で約67円暴落したポンド/円が反発! 米ドル/円への影響は?(9月8日、西原宏一)

世界の通貨VS円 週足
世界の通貨VS円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 週足

 下落トレンドの中、米ドル/円は何度か反発する局面はあるのですが、必ず75日移動平均の壁が破れず、反落しています。

 今週(9月12日~)の米ドル/円も、75日移動平均線が位置している103.30円を超えられず反落。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:CQG)

■日足・一目均衡表の雲がどうしても超えられない

 そして、もう1つのポイントは、日足・一目均衡表の雲の位置。今年(2016年)の米ドル/円はこの雲がどうしても超えられず、反落を繰り返しています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:CQG)

 一方、米ドル/円の100円割れも一時的なものに止まり、サポートされています。

【参考記事】
微妙な米雇用統計でも9月利上げは濃厚? 織り込み度低く米ドル/円に上昇余地アリ!?(9月5日、西原宏一&大橋ひろこ)

 今年(2016年)最大のリスクと言われたBrexit(英国のEU離脱)決定時も、99.02円まで急落するも、時間をあけずに反発。

 それ以降の米ドル/円は、安値圏でのレンジ取引を繰り広げています。

 来週(9月19日~)、21日(水)に発表される日米の金融政策決定会合の結果により、センチメントは大きく変わるのでしょうが、決定を受けて、米ドル/円が75日移動平均線を超えてクローズするようであれば、2016年年初から続く円高トレンドに大きな修正が入る可能性があります。

 年末の米ドル/円の動向を占う上で、重要なカギを握る日米の金融政策決定会合。

 加えて、米ドル/円の75日移動平均線での攻防に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る