ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

トランプ相場で「米国買い」状態だがすべて
憶測による値動き。崩れる局面あるかも…

2016年11月17日(木)15:53公開 (2016年11月17日(木)15:53更新)
今井雅人

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■長期金利の上昇で米ドル高! 株価上昇で円安も進行!

 米ドルに関しては、もともと米国の金利動向に影響を受けやすいという中で、長期金利が上昇することに反応し、米ドル高になってきています。

米ドルVS世界の通貨 4時間足
米ドルVS世界の通貨 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 4時間足

 また、米国を中心として、各国の株式市場が上昇していることで円安が進行するという事態も起きています。

世界の通貨VS円 4時間足
世界の通貨VS円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足

■HIA法再び? 税制優遇で米国経済を底上げ?

 さらに市場ではトランプ氏が、世界各国から米国へ、企業やお金を戻す政策をとるのではないか?という観測もあり、これも米ドル買いを加速させています。

 1つ、例として考えられるのは、HIA法(※)と言われているもので、米国企業が世界中にプールしている巨額の資金を米国国内に還流させるために、税制優遇措置を講じるといった政策です。

(※編集部注:「HIA(Homeland Investment Act)法」は、米国ブッシュ政権下で2004年に成立した時限立法。本国投資法などと呼ばれる。この法律下で、米国内での投資や雇用の創出を目的に、米多国籍企業による米国送金時の税負担優遇などが行われた)

 選挙期間中、トランプ氏は「日本は、為替操作をして米国に対する輸出を伸ばしていて、けしからん」と発言しています。

 そうであれば、日本に対して円高圧力をかけてくる可能性が高いのですが、そのことは、現在まったく忘れ去られています。むしろ、「強い米国」というキャッチフレーズのもと、米ドル高政策をとるのではないか?という見方まで出てきています。

■トランプ氏の政策は、まだ憶測の段階。今は、押し目待ちか

 しかし、トランプ氏は具体的な政策については、まだ何も話していません。すべてが憶測です。憶測でこれほど相場を動かすか、と正直、戸惑っているところです。

 今の段階では、どうしてもこれが持続可能な、本格的な買い相場だと思えません。これだけ憶測で動いている相場ですので、崩れる局面もあるのではないかと、今は思っています。

 米ドル/円も110円手前まで上昇してきました。米ドル買いに安心感が出てきたと言ってはきたものの、ここから一層の米ドル高が、すぐに来るとは考えづらいです。

押し目をじっと待つ時期ではないでしょうか。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る