ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

一本調子のリスクテークはやや疲れ感、
ドル円111円台目指すが短期戦で

2017年12月06日(水)15:51公開 (2017年12月06日(水)15:51更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 為替相場が膠着している。1日の値幅が50ポイントくらいで続いている。米上院の減税法案が可決されて、いよいよこれから下院の法案との一本化作業が残っているだけなのだが、その動向を見守りたいというところなのだろう。

 欧州時間のドル円は112円台の中盤で始まった。どうも上にも下にも動きそうもない。上下それぞれ20ポイントずつがせいぜいではなかろうか。よっぽど米議会からの進展の話とか停滞の話が出てこないと、目の前の値段に反応する気が起こらないのだ。

 そしてニューヨーク時間が終わるまで、やはりドル円は狭いレンジ内での動きにとどまった。ただ米国株は前日の下げ基調をそのまま引き継いでおり、ニューヨーク時間の午後からは下げる一方となって安値引け。

 いよいよ高値警戒感の出てきた株価だといいたいところだが、ドル円もユーロ円も下げ幅がとても小さい。とても恐怖を感じているようには見えないのである。値幅もそうだが、プライスアクションを見ても、なんら緊迫感は感じられない。

 今日になってリスク回避の流れが強まった。海外メディアで2019年には世界経済がリセッションに入るかも、と報道されたことが原因となっている。

 しかしそもそもオーバーバリューな株価形成だったのだから、下がる理由を欲していただけという見方もできよう。ドル円もリスクオフで下がったが、112円台をキープ。 

 今晩はADPの雇用指数などが出るが、これは週末の雇用統計と同様にあまり市場の注目を集めていない。なぜならば12月利上げはいまさら揺るがないからだ。

 FOMCの判断に影響を与えない以上は、それほども出てくる結果にマーケットは反応しないだろう。市場の関心ははや来年の利上げのペースに移ってしまっているのだ。

 そういうわけで今晩も危ない株価の動きをにらみながらの相場展開となろう。ここから下がって111円台に突入しても、あんまり大きなストップロスも出てこなさそうだ。本当にタイトストップでもって短期戦を仕掛けるのがよいだろう。

日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る