ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米ドルが堅調でも米ドル/円は買いたくない!?
調整しているユーロ/米ドルを戻り売り!

2017年12月12日(火)12:57公開 (2017年12月12日(火)12:57更新)
バカラ村

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■マーケットに新たなリスクが加わる…

 12月6日(水)に、「トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定」と報じられ、リスク回避の動きから日経平均が下がり、ドル円も111.99円まで下がりました。

日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:Bloomberg)

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 エルサレムの首都認定はトランプ大統領の公約ではありましたが、中東情勢の緊迫化懸念から、リスク回避の動きとなりました。

 北朝鮮リスクやロシア疑惑なども、まだ残ったままですが、さらに中東リスクも加わり、いつリスク回避の動きが出てきても不思議ではない状態となっています。

【参考記事】
トランプ大統領が米大使館のエルサレム移転を決断! 中東リスク危惧で相場は…!?(12月7日、西原宏一)

■英ポンドは今後もヘッドラインで乱高下へ

 先週(12月4日~)は、英ポンドも乱高下しており、14日(木)~15日(金)のEU(欧州連合)サミットに向けてBrexit(英国のEU離脱)の交渉が進展しているということから、英ポンドが上昇する局面があるものの、まだBrexitの交渉は第1段階であって、このあとは、第2段階が待っています

【参考記事】
英ポンド/円は高値更新準備完了!? いろいろあってもリスクオン継続、トランプラリー2へ(12月8日、陳満咲杜)
Brexitの清算金大筋合意で進展に期待! 英ポンド上昇で重要な節目突破なるか?(11月30日、西原宏一)

 英ポンド/米ドルは1.35ドル台まで上昇し、目先はBrexit交渉の進展から楽観的になりがちですが、これからもまだBrexitの交渉が続くことを考えると、上昇が続くように思えず、英ポンドはヘッドラインで乱高下する局面が続くように思います。

【参考記事】
米ドル/円は上がると売り材料出やすい!? ポンドが全面高にならないと考える理由は?(12月5日、バカラ村)

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 日足

■FOMCが相場に与える影響はほとんどなさそう

 今週(12月11日~)は、12日(火)~13日(水)にFOMC(米連邦公開市場委員会)があります。

0.25%の利上げはほぼ確実で、声明文、イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の会見、ドットチャートに注目が集まります。

【参考記事】
過去2年の12月FOMCはセル・ザ・ファクトで相場の転換点に! 今回はどうなる…!?(12月11日、西原宏一&大橋ひろこ)

利上げは織り込まれていることから材料とならず、イエレンFRB議長の会見も、来年(2018年)2月に任期が終わることから、材料視されないと思います。

12月13日(水)のFOMC終了後に予定されている、イエレンFRB議長にとって最後の記者会見が材料視されることはなさそう… (C) Bloomberg/Getty Images

ドットチャートの方は、来年(2018年)は中央値で3回の利上げが示唆されると予想されていますが、米大手金融機関は4回の予想をしており、米税制改革やインフラ投資から、今回は4回になる可能性を指摘する向きもあります。

 ただ、低インフレの状態でもあるので、今回はまだ、中央値は3回のままではないかと考えています。

 とすれば、今回のFOMCは、相場への影響はほとんどないと思います。

■英国は利上げの効果を見極める段階

 12月14日(木)には、英MPC(金融政策委員会)とECB(欧州中央銀行)があります。

英国は、先月(11月)に0.25%の利上げをしたところなので、今回は据え置きだと考えています。

英政策金利の推移

※BOEのデータを基にザイFX!が作成

 英国の消費者物価指数は+3.0%と高い状態ですが、Brexitの交渉中でもあり、前回の利上げの効果を見る段階だと思え、今回は据え置かれると思うので、こちらも材料にならないと考えています。

■注目は米税制改革。米ドルは堅調になりやすい

 相場を動かす材料として、地政学リスクや各国の金融政策などがありますが、市場が注目しているのは、米税制改革ではないかと考えています。

 米議会で、12月22日(金)の合意に向けて税制改革案の取りまとめが進んでおり、その期待もあって、米ドルが底堅い展開となっています。

米ドルVS世界の通貨 4時間足
米ドルVS世界の通貨 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨4時間足

 また、トランプ大統領は、来年(2018年)1月にインフラ投資の発表を予定しており、こちらも米ドル買いを促しています。

 この米税制改革の期待から、来週(12月18日~)後半まで、米ドルは堅調になりやすいのではないかと考えています。

■調整中のユーロ/米ドルを戻り売り

ユーロ/米ドルは、1.20ドル台を超えることができずに調整しており、IMM(国際通貨先物市場)における投機筋の米ドルに対するユーロ買い越しもまだ多いことから、戻り売りで考えています

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(ユーロ/米ドル)12月5日時点
IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(ユーロ/米ドル)12月5日時点

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

米ドル/円に関しては、中東情勢や北朝鮮やロシア疑惑など、地政学リスクがあり、IMMにおける投機筋の米ドルに対するポジションが円売りに偏っていることもあって、買いたいと思えないですが、来週(12月18日~)後半までは下がりにくい展開が続きそうです。

【参考記事】
ドル/円は上昇より下落と考える理由は? 過熱感のない加ドル/円は売りを継続(11月28日、バカラ村)
IMMの円売り越し13.6万枚! この数字が10万枚を越えると米ドル/円は調整しやすい(11月21日、バカラ村)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 クリスマスも近く、トレンドは期待できないため、ユーロ/米ドルは、1.1680~1.1860ドルのレンジでの戻り売りを考えています。

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る