ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米ドル/円が底を付けたと考えるのは早い。
現在最強通貨の円はさらになぜ買われる?

2018年02月20日(火)12:51公開 (2018年02月20日(火)12:51更新)
バカラ村

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

■ドル安継続。米ドル/円105円台、ユーロ/米ドル年初来高値

米ドル/円は下降トレンドが続いていましたが、2月15日(木)に麻生財務相が「介入しなければいけないほどの円高ではない」と発言したこともあり、これが海外勢に円高容認と受け取られて、16日(金)には一時、105.55円まで下がりました。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 ユーロ/米ドルも、米ドル安の動きに連れ、年初来高値を更新して1.2555ドルまで上がりました。

ユーロ/米ドル 4時間足
ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

 ここまで、米ドル安の流れが続いています。

■米ドル/円が底を付けたと考えるのはまだ早い!?

 日銀の総裁・副総裁人事は、緩和策が継続となるような内容となってきていますが、市場の注目が米国の通商政策や財政赤字の方にいっており、円安方向への推移は短期でしか反応していません。

【参考記事】
黒田総裁再任でも米ドル/円上昇は期待薄!? トレンド変わった英ポンド/円は147円が目標(2月13日、バカラ村)

 トランプ大統領の通商政策や米国の財政赤字は、すぐに影響する内容ではないですが、長期的には米ドル安へ推移する内容となるため、まだ、米ドル/円が105.55円で底を付けたと考えるのは、早いのではないかと思います。

【参考記事】
米ドル/円は107円を割り込んで売りシグナル点灯!100円近辺までサポート見当たらない(2月14日、松田哲)

 また、VIX指数(恐怖指数)の急騰によるショックには落ち着きが出ていますが、楽観できるほどの状況でもなく、リスクオンによる円安も期待しにくい状況です。

VIX指数 日足
VIX指数 日足

(出所:Bloomberg)

■ユーロ/米ドルに「包み足」。目先は調整する動き!?

ユーロ/米ドルは、2月16日(金)に包み足を形成しました。これは、短期的に調整を示唆することになります。さらに、年初来高値を更新したにも関わらず、その位置を維持できなかったことも、上値の重さを示唆しています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:Bloomberg)

 ユーロ/米ドルは、米ドル安から長期的には上昇すると考えているものの、目先は調整する動きとなりそうです。

■ユーロが調整するなら米ドル/円も調整しそうだけど…

 米ドル/円とユーロ/米ドルは、半年間ほど逆相関の関係が高い状態となっていることもあり、ユーロ/米ドルに上昇トレンドの調整が出てくるのであれば、米ドル/円の下降トレンドにも調整が出てくる可能性が高まります。

ユーロ/米ドル(左軸)と米ドル/円(右軸) 日足
ユーロ/米ドル(左軸)と米ドル/円(右軸) 日足

(出所:Bloomberg)

 しかし、CFTC(米商品先物取引委員会)が公表するIMM(国際通貨先物市場)のポジションを見ると、投機筋の米ドルに対する円売り越しは偏ったままとなっています。

【参考記事】
過大評価されるユーロと過小評価される円、是正する道はユーロ/円の大逆転のみ!(2月16日、陳満咲杜)

IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(米ドル/円)2月13日時点
IMM(国際通貨先物市場)のポジション状況(米ドル/円)2月13日時点

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

 現在の相場状況からは、さらに円売りを積み上げていくような状況ではなく、反対に、偏りすぎたポジションが手仕舞いされる可能性の方が高いのではないかと思います。

 とすれば、ドル円の上値は重いままだと考えています。

■円はまだ強くなる!? 米ドルと同じくらい弱い通貨は?

 ユーロ/米ドルには調整の可能性があり、米ドル/円は上値が重いのであれば、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)の下降トレンドは継続するのではないでしょうか。

 メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」でも配信しましたが、先々週(2月5日~)から加ドル/円の売り、先週(2月12日~)はさらに、英ポンド/円の売りを追加して、トレードしていました。

 今週(2月19日~)も、上で述べたように、円売りの解消により、円が強くなる可能性がまだあります。

 反対に、弱い通貨を見ると、今年(2018年)に入ってからは、主要通貨の中では米ドルが弱いです。

【参考記事】
ドル/円と金利の逆相関は解消されない! 円高と米ドル安を加速させる要因とは?(2月15日、今井雅人)

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

 しかし、米ドル/加ドルを見ると、年初の水準からあまり動いていないため、米ドルだけではなく、加ドルも同じだけ弱い状態で推移しています。

米ドル/加ドル 日足
米ドル/加ドル 日足

(出所:Bloomberg)

 また、英ポンド/円も、先月(1月)までの上昇トレンドが崩れており、下がってきています。

【参考記事】
黒田総裁再任でも米ドル/円上昇は期待薄!? トレンド変わった英ポンド/円は147円が目標(2月13日、バカラ村)
金利急騰、株暴落でリスク回避の米ドル高!? ユーロや資源国通貨の下げが期待できそう(2月6日、バカラ村)

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 日足

■円最強を止める材料見当たらず。クロス円の売りを継続へ!

 他のクロス円も、ユーロ/円や豪ドル/円などが、2月14日(水)に下ヒゲを形成しましたが、反騰することなく、ジリジリと下がってきています。

ユーロ/円 日足
ユーロ/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 日足

豪ドル/円 日足
豪ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/円 日足

 最強通貨が円となっており、まだこの流れを止めるような材料が出ていないため、今週(2月19日~)も英ポンド/円や加ドル/円など、クロス円の売りでいいのではないかと考えています。

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事
CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る