ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

Facebookに続きAmazonも…! 米ハイテク株
反落とトランプ政権の通商政策で円高継続

2018年03月29日(木)16:41公開 (2018年03月29日(木)16:41更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■米韓FTA交渉は円高圧力になる?

 このほか、日経新聞などで報道されているわりに、あまりマーケット関係者の間で話題になっていないのですが、トレーダーの注目を集めているのが、米韓のFTA(自由貿易協定)の報道

米、対韓FTA押し切る 再交渉妥結で「成果」 米軍撤収もカード

トランプ米政権は27日、韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権との自由貿易協定(FTA)再交渉が妥結したと正式発表した。交渉開始から3カ月のスピード合意は、韓国のウォン安誘導を禁じる為替条項を盛る異例の決着となった。

米政権は在韓米軍の撤収すらちらつかせ、2国間取引の成果を威圧外交でもぎ取る姿勢を鮮明にした。

出所:日経新聞

 注目は、この合意の中で、「為替条項」が導入されていること(具体的には、両国が競争的な通貨切り下げを禁止していること)。

 この為替条項は、付帯協定(強制力はもたない)になっているようですが、日本も同じような約束を要求され、円高圧力になるのではないかと懸念されています。

 これに対して、野村証券の池田雄之輔・チーフ為替ストラテジストは、下記のように否定しています。

日常的に為替介入を行っている韓国と日本ではまったく事情が異なるとリポートで指摘。

米政権からドル買い・円売り介入の許可を取り付けるのは不可能という状況はすでに生じている。

日米首脳間でお互い金融政策には口出ししないとの原則が崩れない限り、為替条項が円高リスクとの理屈成立しないだろう。

出所:Bloomberg

 ただ、日銀の金融緩和が為替誘導であると指摘される可能性は残るため、少なくとも円高圧力はかかるのではないでしょうか?

 前述のように、今週(3月26日~)は、年度末、月末、週末が重なり、ファンダメンタルズやテクニカルとは別に、月末の特殊フローでマーケットが乱高下しやすい環境。

 来月(4月)も、新年度入りでニューマネーがマーケットに投入される期待があるため、月末月初は、米ドル/円も反発局面があると想定しています。

【参考記事】
パウエル議長が話すと株下落の法則発動!? 株のチャート形状悪化! 米ドル/円は…?(3月26日、西原宏一&大橋ひろこ)

 ただ、米ハイテク株の反落やトランプ政権の通商政策といったように、米ドル/円の上値を抑える要因が消えたわけではありません。

 特に、中間選挙に向けてトランプ政権が通商政策を推し進める限り、円高圧力は継続するとみています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

 引き続き、トランプ政権の政策と米ドル/円の行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 田向宏行 jfx記事
トレーディングビュー記事 田向宏行 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る