ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

長引く米中協議だがいつもの楽観論、
ドル円上値重そうだが予断を持たずに

2019年01月09日(水)15:55公開 (2019年01月09日(水)15:55更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日もアジア時間ではリスクテークが先行。ドル円は108円台の後半でのプレイが続き、109円台に乗せなんとする状況だった。市場の関心は米中協議の行方に集まっており、それにともなう米国株の上げ下げに注目が集まっている。

 昨日は2日目の会合が開かれたが決着はつかず、3日目に延長して話し合うことが決まった。長引いているという事実を、真剣に決着に向けての協議が進んでいると解釈すべきなのか、それとも双方の主張のポイントがかけ離れすぎていて合意に至るまで懸絶していることを意味するのか。

 ともかくもマーケットはいつものパターンで楽観する方を選んだようだ。夕方からはグローベックスでの米国株は騰勢を強めてきた。それにともなってドル円も109円台にタッチ。

 欧州序盤では欧州勢からのクロス円の売りが出たようで、ドル円もややひるんだ。しかしドル円の堅調な地合いは変わらず。世界的にリスクオンの流れが強まっていたからだ。そして米国株がオープンすると、確かに高値追いでスタートした。

 しかしすぐに利食い売りにさらされ、それまでのゲインを吐き出した。サムソン電気が30%近い減益を発表したのもテクノロジー関連の足を引っ張った。為替相場は膠着状態に入ってしまい、ニューヨーク時間では実に狭いレンジ内におさまる動きに徹した。ニューヨーク終盤では再び期待ベースでのリスクテークが入り、米国株は高値圏で終了している。

 私としては108円台の後半でウロウロしている限り、なかなかドル円には手を出しづらい。ちょっとどちらかに動き出して欲しいと願っているばかりだ。個人的にはドル金利の先高感の払拭に伴うドル安にポジションを傾けたいところ。

 しかし目の前でドルが値下がりを始めるのを目撃しないと、なかなかドルショートにはふりにくい現実もある。もう少し米中協議での期待感が薄まるのを待つ必要があるようだ。

 テクニカル的にもドル円の108円台後半から109円台ミドルまではオファーがたくさん存在しているものと想われる。それは昨年末のドル円の下げの形を振り返ってみれば想像できることである。年末になって下げ足を早めだしたドル円だったが、109円台で円を終えた。

 そして東京勢が正月休みの間に深押ししたのである。その後の戻しはどうしても重くならざるをえない。そこには逃げの売りで埋まっているだろうからである。つまり東京勢はまともに108円台や107円台を見ないで現在に至っているはずだからである。要するにギャップを形成しているのと同じだということ。

 今日は米中協議の途中経過でも、何かの発表があるのかどうかも注目だ。マーケットはリスクテークの方向でしか動いていないが、相手のあることなので結果はどうなるかわからない。今しばらく気が抜けないのである。


日本時間 15時30分

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る