ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル高に文句ツイートのトランプ、
ADPでは悪いほうに敏感に反応か

2019年10月02日(水)15:22公開 (2019年10月02日(水)15:22更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 中国との閣僚級の交渉が10日から開かれることに決まったことに加えて、北朝鮮との実務者会合も4日、5日に行われることになった。これが市場のリスク許容度を高めることになって、欧州序盤では大いにリスクテークの流れとなった。

 グローベックスでは米国株が持ち上がり、S&P先物は3000ポイントを目指す勢いとなった。株高による間接的な影響もあって、日本の10年債の入札は不調に終わった。円債相場は久方ぶりに大幅な値下がりを演じ、それにともなって欧州債や米国債も値下がりした。

  またイギリスのジョンソン首相が予告通りにEUに帯する離脱案を発表しなかったことで多少の失望が感じられたが、どうせEU離脱は延期されるだろうとの楽観的な見方の方が大勢を占めている。メーケットには影響が出なかった。

 リスクオンに乗って、ドル円は強い。108円台に乗せてきて、108円台のミドルを目指す。ただドル円音日足のチャートを見ても明らかなように、108円台の中盤は何度も止められている。とくに9月高値である108.47は当面の上値の抵抗線を成していると考えられる。

 テクニカルが万能とは言いがたいが、私も108円台の中盤ではぜひともドル円を売ってみたいと考えていたところだ。米国株が始まるなどしてマーケットの流れに変化でも見られたならば、その時点でショートポジションを作ってみようと目論んでいた。

 そこでアメリカ製造業のセンチメント指数が悪かった。10年ぶりの悪さというから、リーマンショック以来の景況感の悪さである。それをうけて米国株は急落。これは良い機会だということで、私もドル円をショートに振った。108.28だったが、米国株が下げに転じてきたので、安心感は強かった。

 トランプ大統領は相変わらず、ドル高と金利高に文句を言っている。ドル円は107円台まで下がってきたので、私はいったんは107.89で買い戻すことにした。その後もドル円はほとんど戻らずで、ニューヨーク時間ではほぼ安値引けの形となった。ドル金利は大きく上がっていたのに、リスク回避による質への逃避で再び上昇。今月末のFOMCによる連続利下げが現実味を増してきた。

 今晩はADPの雇用指数が出る。最近の傾向として経済指標には反応しにくい展開が続いているが、昨日は指標で大きく動いたこともあって、ちょっと敏感にならざるをえない。とくに景気後退の方向には注意を払わないといけない。


日本時間 15時20分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る