ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
トルコリラ相場の明日は天国か? 地獄か?

シリア情勢緊迫化! 今、何が起きている?
休戦合意期待と原油下落がリラの下支えに

2020年03月04日(水)11:57公開 (2020年03月04日(水)11:57更新)
エミン・ユルマズ

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■内戦開始から9年…緊迫するシリアで何が起きている?

 今、シリアで何が起きているのでしょうか?

 実は、シリアの内戦の開始から9年たっていますが、情勢は反政府勢力とアサド政権の戦いから、トルコとアサド政権が直接、軍事衝突するという事態に発展しています。

【参考記事】
シリア内戦がトルコとロシアの代理戦争に発展!? トルコリラ/円は低ボラ相場が続くか(2月5日、エミン・ユルマズ)
トルコ人エミン氏がズバリ直言。シリアよ、落ち着け!その時トルコリラは逆に動き出す

 トルコ政府は、内戦当初から反政府勢力を支援し、アサド政権の打倒を目指してきましたが、ロシアとイランの軍事支援を取り付けているアサド政権は、徐々に反政府勢力からテリトリーを奪還し、勝利に近づいてきました。

 現在、反政府勢力の最後の拠点となっているのは、シリア北部にあるイドリブです。アサド政府軍は、昨年(2019年)12月からイドリブの奪還を目指して総攻撃をかけています。

 イドリブは100万人を超える民間人が住んでいて、戦闘が激化してからトルコに大量の難民が押し寄せています。

■シリア内戦は、「トルコVSシリア」の戦争に発展

 トルコ政府は、なるべく難民を受け入れるようにしているものの、トルコはすでに300万人以上のシリア難民を抱えていて、トルコ国内で反難民センチメントが高まっています。

 情勢の悪化を受け、トルコ政府はシリア北部におけるトルコ軍のプレゼンスを強めましたが、その結果、トルコ兵が直接、アサド政権のターゲットとなり、大量の死者が出ました。

 これを受け、トルコ軍は先週(2月24日~)、「春の盾」と命名した軍事作戦を開始し、シリア政府軍の攻撃を始めました。これは宣戦布告であり、シリアの内戦が、トルコ・シリア戦争に発展したことを意味します。

トルコ軍は「春の盾」と命名した軍事作戦を開始。これは宣戦布告であり、シリアの内戦が、トルコとシリアの戦争に発展したことを意味すると、エミンさんは解説している (C)Anadolu Agency/Getty Images

トルコ軍は「春の盾」と命名した軍事作戦を開始。これは宣戦布告であり、シリアの内戦が、トルコとシリアの戦争に発展したことを意味すると、エミンさんは解説している (C)Anadolu Agency/Getty Images

 ここでさらに懸念すべき点は、シリア政府のバックにいるロシアとトルコが直接、衝突することです。トルコは、NATO(北大西洋条約機構)加盟国であり、ロシアと戦争になったらNATOも関わらざるを得なくなります。

 週末に、米海軍の空母、アイゼンハワーは大西洋から地中海に入りましたが、おそらくシリア情勢の悪化を受けてのことだと思います。

 エルドアン大統領とロシアのプーチン大統領は、3月5日(木)にモスクワで首脳会談を行いますが、首脳会談から何らかの休戦合意が出るとの期待が高まっています

エルドアン大統領とプーチン大統領は3月5日(木)に首脳会談を行う予定。何らかの休戦合意が出るとの期待が高まっている。写真は2018年9月に開催された、トルコ、ロシア、イランによる3カ国会談のときのもの (C)Anadolu Agency/Getty Images

エルドアン大統領とプーチン大統領は3月5日(木)に首脳会談を行う予定。何らかの休戦合意が出るとの期待が高まっている。写真は2018年9月に開催された、トルコ、ロシア、イランによる3カ国会談のときのもの (C)Anadolu Agency/Getty Images

 トルコ兵が大量に亡くなったことに対するトルコ世論の怒りとトルコ国内で一気に高まったアンチ・ロシアセンチメントを和らげるため、プーチン大統領も、ある程度、トルコの立場に理解を示すと予想されます。

 しかし、依然としてロシアは、シリア上空を飛ぶトルコの戦闘機の安全は保障できないと発表していて、間接的にはトルコを脅しています。

 先週(2月24日~)…

トルコリラ/円が取引できるFX会社
FX会社徹底比較!:トルコリラ/円が取引できるFX会社はここだ!

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る