ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FX情報局

FX会社の取引高・口座数ランキング。
データからみる主要FX会社の状況は?

2020年06月08日(月)12:00公開 (2020年06月08日(月)12:00更新)
FX情報局

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

「取引高」「口座数」は、FX会社の人気や信頼度を知る目安です。

 取引高とは、一定期間に成立した顧客の売買数量で、口座数は、口座を保有している人がどれだけいるかを表したものになります。

 取引高や口座数はおもに、矢野経済研究所が公表していた有力FX業者の「月間データランキング」や、ファイナンス・マグネイト(旧フォレックス・マグネイト)による「調査報告書」などで、主要FX会社の状況をランキング形式で知ることができます。

矢野経済研究所「月間データランキング」の一部
矢野経済研究所「月間データランキング」の一部

(出所:矢野経済研究所『有力FX企業16社の月間データランキング -2015年11月-』)

 日本は「FX大国」と呼ばれるほど個人のFX取引が非常に活発で、特に主要FX会社の取引高は世界的に見ても非常に多く、ファイナンス・マグネイトの調査では、日本のFX会社が上位を独占することもしばしばあります。

【関連記事】
FX取引高世界第3位に楽天証券が浮上! 日の丸強し! 8社がトップ10入りの快挙!

 そんななか、取引高や口座数で長年、1位と2位を争っているのが、GMOクリック証券DMM.com証券です。

 両者は、お互いがお互いを明らかにライバルとして意識しながら、過去に何度もFX業界のスペック競争を牽引し続けてきた存在でもあります。

取引高ランキングでは、GMOクリック証券が年間取引高で何度も世界一に輝くなど、DMM.com証券を一歩リードしてきました。

【関連記事】
GMOクリック証券が7年連続でFX取引高世界第1位に! 選ばれ続ける理由とは?

 一方、口座数ランキングではDMM.com証券がここ数年、国内ナンバーワンの座を維持していて、GMOクリック証券がそれを追従する構図が続いています。

【関連記事】
FX口座数国内No.1のDMM.com証券が70万口座突破! 因縁のライバルとの競争の歴史!?

 取引高や口座数だけが、FX会社を選ぶ基準になるわけではありません。しかし、取引高や口座数の多いFX会社は、取引ツールの使い勝手の良さやスプレッドの狭さなどで総合的に魅力があり、たくさんのユーザーに支持されていると考えることができるでしょう。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:会社の信頼性で比べる[口座数の多い順]

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る