ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル金利上昇でドル買い参戦、
まだ行けるぞモードの株価を要ウォッチ

2021年01月07日(木)15:33公開 (2021年01月07日(木)15:33更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日はアジア時間から米国債の下落が鮮明になってきた。10年ものの利回りで1.0%の大台を超えてきた。これはコロナ感染の拡大初期の水準である。米国債の相場が下がった最大の原因は、米上院の選挙結果がどうやら民主党に有利なものになりそうだという思惑が強まったためである。

 バイデン次期大統領の主張している大型の財政支出が期待されるので、その分だけ財政支出が増大することを考慮した動きである。これまで株高がすすんでいたにも関わらず長期金利が低迷していたのも、ひとえに米政権のあり方に不透明感が残っていたからだ。

 私もこの状況を見て、ドル買いに励もうと思った。そうそうドル買いで攻めるチャンスは訪れそうもないからだ。さっそくドル円を欧州序盤で102.77で買ってみた。クロス円は堅調なのに、ドル円の上げは相当に鈍かった。まずは102円台からの脱出がかなり遠そうに見えるのである。

 ドル円が103円台に乗せてきたのは、ニューヨーク序盤になってからであった。米国債の現物市場がスタートして、それで金利上昇に目が行ったのだろう。私は103.18で利食い売りしてやめてしまったが、103円台の中盤まで上げるには上げた。しかしドル相場の上値は重たかった。

 仮想通貨のビットコインなどが値を飛ばしているのが、ドルで持っていることを嫌がっているようにも見える。ポンドドルも1.36台に到達してからは、ほとんど下がらなくなってしまっている。ユーロドルももっと上に行きたそうだ。1.23台では物足りないのだろう。

 米国株は政権安定を好感して、史上最高値を更新してきた。それが今後も続くのかどうかが注目ポイントとなる。勢いでリスクテークはしてみたものの、上昇に転じ始めているドル金利などを勘案すると果たしてそれでペイするのかどうか。バリュー的に見合うのかどうかなどを試しにいく相場展開が待っていそうだ。

日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る