ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ふたたびクローズアップされる欧州不安、
ムードはさらに悪化するか?

2010年11月17日(水)19:36公開 (2010年11月17日(水)19:36更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日の欧州市場では、ギリシャやスペインの短期債の入札がおこなわれた。アイルランドをめぐるEU財相会談もおこなわれていたため、久しぶりに注目度が高かった。結果として、調達コストは前回よりも悪化することとなった。ユーロ売りといきたいところだが、ユーロドルは先週末に1.36台を割れた後、いくども1.35台ミドルで下落を止められていたので、1.36ちょうどをはさんでウロウロしていても、なかなかその気になれなかった。

 そもそも先週後半にテクニカル的に8月末の安値1.2588付近と、11月初旬につけた高値の1.4282近辺の半値付近となる1.3435近辺を目指して動くと読んで、私はユーロドルのショートをつくってみたのだ。しかし下向きに走ることはなく、私にとってはその時の歩みのノロさに、じれったくなってしまった記憶だけが新しい。ただ、着実に戻り高値は下がってきていることは確かだ。

 だったら1.35台ミドルでユーロドルを買って、その戻りを取りにいくよりも、1.35台ミドル割れを売り込んでいったほうがよいはずだ。今週の安値近辺の少し外側となる1.3555にストップメークの売り注文を置いて、米国オープンを待った。しかしアメリカのPPI(卸売物価)は予想を大きく下回るマイナス。一気にドル売りとなり、ユーロドルは1.36台ミドルに戻ることとなった。

 もうあとはマーケットに任せることにして、イフダンでロスカットを当日の高値外側@1.3660、利食い@1.3440を置いて就寝した。朝みると、ユーロドルショートはできていて、なんと利食いのほうは寸でのところで来ずという状態だ。目の前では1.34台後半をやっていた。東京市場がオープンする前にポジションをクローズした。

 なにしろ半値付近まで一度は下がってそれなりに達成感はある。さらにガラパゴス化している東京市場では、海外の株価が大幅に下げても、円安が進んでいる!とかなんとか言って株高になり、クロス円も上昇してユーロドルショートは苦しくなるかもしれないからだ(^^;)。
 今晩は米国のCPI(消費者物価)、住宅着工が注目である。昨日のPPI(卸売物価)が弱かっただけに、CPI(消費者物価)まで引き続き弱い数字が出れば、デフレ懸念によって市場のベアムードが強まる可能性も高い。さらにアイルランドを支援をめぐる問題がこじれるかどうかなど、欧州不安が強まって行くかどうかも注目である。ちょっと本日はドル円の上を買っていく気にもなれない感じだし、EU要人の発言などにも注意しつつ、またユーロ売りでいくかどうか様子を見てみたい。


日本時間 19時00分
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る