ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイスポFX!

マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]の
米ドル/円スプレッド0.0銭原則固定が、ついに
恒常化! 3万通貨までなら取引コストはゼロ!

2022年02月01日(火)12:05公開 (2022年02月01日(火)12:05更新)
ザイFX!編集部

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

米ドル/円スプレッドがずっと0.0銭原則固定!

 2021年7月以降、取引量を限定して米ドル/円スプレッドを終日0.0銭原則固定にするキャンペーンを展開してきたマネーパートナーズ[パートナーズFX nano]

 これまではキャンペーン期間を何度も延長する形で継続してきましたが、2022年1月18日(火)からはついに、3万通貨までの米ドル/円スプレッドが終日0.0銭原則固定で恒常化されました。

マネーパートナーズで3万通貨までの米ドル/円スプレッドを終日0.0銭原則固定で恒常化

【参考記事】
マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]で米ドル/円スプレッドが終日0.0銭原則固定に!さらに4通貨ペアも業界最狭水準に縮小中!

 上の【参考記事】では、これまでキャンペーン期間延長を反映する形で何度か更新してきましたが、今後は恒常化ということで、3万通貨までならコストゼロで取引できるようになりました! こんな太っ腹なFX会社はもちろん他にはありません。本当にいいんでしょうか、マネパさん。

【参考記事】
米ドル/円スプレッドが0.1銭原則固定のFX口座はどこ? 売買同値、0.0銭の口座もあるって!?

【米ドル/円スプレッド0.0銭は[パートナーズFX nano]だけ!】
「米ドル/円のスプレッドが狭いFX会社」ランキング!全41口座を比較して手数料が安い「おすすめのFX会社」を紹介!

マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]では、取引量を「第1バンド」と「第2バンド」に区分している通貨ペアがあり、キャンペーンスプレッドにもこの区分が適用されてきました。

 米ドル/円も100通貨から3万通貨までが第1バンド、3万100通貨から20万通貨までが第2バンドとなっていて、今回、スプレッドが終日0.0銭原則固定となるのは第1バンドです。

 では、第2バンドがどうなっているかというと、こちらも以下のように午後6時から深夜0時までは0.0銭原則固定、午後4時から午後6時までが0.1銭原則固定、それ以外の時間帯は0.2銭原則固定となっています。

マネーパートナーズで3万100通貨から20万通貨までの米ドル/円スプレッドを業界最狭水準で恒常化

 仕事が終わった夜の時間で取引をする兼業トレーダーなら、午後6時から深夜0時までコストなしで取引できるのはありがたいですね。

4通貨ペアも終日最狭水準で恒常化

 キャンペーンだったスプレッド縮小が恒常化されたのは米ドル/円だけではありません。2022年1月20日(木)からは、豪ドル/円、英ポンド/円、ユーロ/円、トルコリラ/円も、第1バンドのスプレッドが恒常的に終日で業界最狭水準となりました。

マネーパートナーズで4通貨ペアのスプレッドを業界最狭水準で恒常化

 上のバナーにあるように、4通貨ペアの第1バンドは、豪ドル/円とトルコリラ/円が5万通貨まで、英ポンド/円とユーロ/円が3万通貨までです。

 やや紛らわしいので、米ドル/円も含めた5通貨ペアの第1バンドと第2バンドをここでまとめておきましょう。

マネーパートナーズの5通貨ペアの第1バンドと第2バンド

※マネーパートナーズ公式サイトの情報をもとにザイFX!編集部が作成

マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]は100通貨という少額で取引ができる口座なので、取引量の区切りも100通貨単位になっていますね。

 さて、改めて4通貨ペアのFX各社のスプレッドを比較してみると、豪ドル/円、英ポンド/円、トルコリラ/円は単独で業界最狭、残るユーロ/円も業界最狭タイでした。

【豪ドル/円スプレッド0.2銭は[パートナーズFX nano]だけ!】
「豪ドル/円のスプレッドが狭いFX会社」ランキング!全44口座を比較して手数料が安い「おすすめのFX会社」を紹介!

【英ポンド/円スプレッド0.4銭は[パートナーズFX nano]だけ!】
「英ポンド/円のスプレッドが狭いFX会社」ランキング!全44口座を比較して手数料が安い「おすすめのFX会社」を紹介!

【ユーロ/円スプレッド0.2銭は[パートナーズFX nano]が業界トップタイ】
「ユーロ/円のスプレッドが狭いFX会社」ランキング!全44口座を比較して手数料が安い「おすすめのFX会社」を紹介!

【トルコリラ/円スプレッド1.1銭は[パートナーズFX nano]だけ!】
「トルコリラ/円のスプレッドが狭いFX会社」ランキング!全44口座を比較して手数料が安い「おすすめのFX会社」を紹介!

 この4通貨ペアのいずれも第2バンドは20万通貨までとなっていますが、第2バンドのスプレッドをチェックしてみると、トルコリラ/円は配信レートが不安定なことから原則固定の対象外となっており、他の3通貨ペアについては以下のようになっています。

マネーパートナーズで3通貨ペアのスプレッドを業界最狭水準で恒常化

 豪ドル/円は、米ドル/円同様に午後6時から深夜0時までが最狭タイムですが、英ポンド/円とユーロ/円は2時間前倒しで午後4時からということで、さらに取引しやすくなっています。

 なお、トルコリラ/円のスプレッドは、もともと1.0銭原則固定だったものが1月10日(月)から1.1銭原則固定に広がっていましたが、今回の恒常化で再び1.0銭原則固定へと縮小しました。地味な変更ではありますが、これもトレーダーにとっては大歓迎ですね。

100通貨から取引可能でスプレッドも最狭水準となれば、初心者にはまさにうってつけです。ザイFX!を経由してマネーパートナーズ[パートナーズFX nano]の新規口座を開設すると、翌月末までに1万通貨の新規取引をするだけで1000円のキャッシュバックが受けられるザイFX!限定タイアップキャンペーンも実施しているので、新規口座開設をぜひ検討してみてくださいね。

マネーパートナーズの公式サイトマネーパートナーズの公式サイト

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、マネーパートナーズの公式サイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]のメリット・デメリットや特徴、最新のサービス内容はこちらをご覧ください

(山口学)

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る