ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

核施設が次々ロシアにで原油価格130ドル台、
リスク回避は強まりFOMCへも圧力

2022年03月07日(月)15:03公開 (2022年03月07日(月)15:03更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 先週の金曜日はアジア時間で原発が攻撃されたと言うことで、マーケットは大きくリスク回避に向かった。株価は急落し、安全資産である長期債が買われた。何が起こっているのかわからないで時間が進行するだけなので、余計に不安や恐怖が増幅されたのだろう。為替相場ではそれほどもユーロ円がさがっていたわけでもないのである。

 しかし欧州時間になると、ユーロ売りがかさんだ。ウクライナ騒動もあるし、ユーロの短期金利が織り込んでいた年1回の利上げを吹き飛ばしたからだ。ユーロ円は雇用統計を前に126円台の前半まで下がってきた。雇用統計は予想よりも良かったが、マーケットの流れを変えることにはつながらず、株価は低迷。ユーロ円は125円台の前半まで安値を拡げた。

 私もユーロドルの売り参戦した。ECBが利上げに関して積極的な発言をしないので、今年は利上げ見送りの観測の通りなのかと思わせてしまう。1.09台に突入してくると、俄然、売りたくなってくる。もちろん1.06台とか、1.04台までを狙ってはいるのが、今日一日で行かなくても良い。

 何度も売り込んで、それを買い戻す。それを繰り返しながらの下げを取りに行くつもりである。1.08台に突入したときは驚喜したが、それ以降は夜に安値を更新することはなかった。

 アメリカがロシア産原油の輸入を停止したため、原油価格は再び139ドル台まで跳ね上がることとなった。ウクライナは小麦の大産地でもあるので、小麦価格が暴騰して、それにまつわる農産品も値上がりしている。インフレに拍車がかかっていると言うわけだ。いよいよ近づくFOMCでは果たして25ベーシスの利上げだけで我慢できるのかどうか。


日本時間 15時00分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る